「基本のキ」をおろそかにしない!

 
旅人は一生懸命に木を伐っているきこりを見かけました。でも、あんまり作業は進んでいないようでした。旅人は足を止めてよくよく見ると、きこりが使っている斧の刃はボロボロだったんです。そこで、きこりに声をかけました。

  旅人:「きこりさん、精がでますなぁ。でもあんまり作業は進んでないみたいですね。斧の刃を研いだらどうですか?」
きこり:「旅人さんよ、なに言ってるんだよ。刃を研ぐ時間なんておいらには無いんだよ。木を伐るのが忙しくてさ・・・。」

 イソップの話です。最近教室の生徒を見ていると、この「きこり」と同じような過ちを犯している人がいます。黒板に英作文を書かせると、2、3行にわたる際の英語の書き方も知らない生徒がいます。高校3年生ですよ。ヴィンテージの演習でも、答えは分かっても「なぜ?」と問うと答えられません。黒板に書かれた英作文はテキストの注釈をそのまま丸写して英文を書き、「もっと簡単に書くと?」と聞いても答えることができません。「基礎・基本」をおろそかにしている顕著な例ですね。こういう生徒は伸びません。

 私が尊敬して止まない広岡達朗さん(西武全盛時代の監督)は野球の基礎・基本を最も大事にする方で、基本とは「安定して長続きする」技術である」「基本とは最もやさしい練習からスタートすることによって身につく」と断言しておられます。やはり西武の黄金時代を築いた森 祇晶さんも、今年の巨人が弱いのは「基本のキ」ができていないせいだと指摘します。特にキャッチャーの小林を槍玉に挙げて、「一人の打者を攻め落とす」という基本ができていないと言います。収集されたデータに自分の目で見た情報を加味して、相手の弱点を探り配球を組み立てるのが捕手の基本であるはずなのに、彼は毎打席、毎試合同じパターンの繰り返しで打たれ続けていると苦言を呈します。確かにあの13連敗を喫したときのワンパターンのリードはひどかった。英語の勉強も全く同じです。基礎・基本」をおろそかにしている生徒は伸びません。必ず最後に痛い目に遭っています。

 ちなみに私の13年間の松江北高での経験から、「伸びる生徒」の条件は次の6つです①「勉強の仕方」を確立している生徒、②「基礎・基本」を大切にしている生徒、③「単語力」のある生徒、④「時間の使い方」のうまい生徒、それに、⑤「素直な」生徒、⑥「読書好き」な生徒 ⇒詳しくはコチラです

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「小泉八雲記念館」

 松江市で、最も城下町らしいたたずまいを残す「塩見縄手」(しおみなわて)の西端にあり、小泉八雲旧居」に隣接している「小泉八雲記念館」(松江市奥谷町)は、小泉八雲先生(ラフカディオ・ハーン、1850~1904)の功績を称え顕彰して建設されました。初代の小泉八雲記念館開館から82年、日本人小泉八雲が誕生して120年になる2016年の夏7月16日 、展示構成を拡充・一新して、ライブラリーやホール、ミュージアムショップなどを備えた2階建ての新館に生まれ変わりました(入館料400円)。名作「知られざる日本の面影」など松江を世界に紹介した小泉八雲の自筆原稿や遺品、妻セツの使った英単語覚え書きなど、収蔵品は1500点にもおよびます。八雲が愛用していたキセルや文机は、文豪八雲の執筆当時の様子を思い起こさせます。八雲は1年と3ヶ月松江で生活しています。その後、熊本、神戸と移り住み、東京大学で教えたのですが、その後任はあの夏目漱石でした。

 この記念館は、松江ゆかりの明治の文豪、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の遺品や資料を収蔵し、1933年に平屋で開館しました。老朽化が進み、2014年の八雲没後110年を記念して市が2013年から整備事業に着手し、リニューアルで鉄筋コンクリート造りの2階建て部分が増築され、延べ床面積は約180平方メートルから約660平方メートルと、約3.5倍に広がりました。多目的ホールやミュージアムショップを併設し、八雲に関する資料は約500点増え、計1500点を収蔵します。このうち、愛用の机やキセルなどの遺品約100点や、コレクターから新たに譲り受けた初版本約20冊などが展示されています。展示には4月に館長に就任した八雲のひ孫で県立大短期大学部教授、小泉 凡さん(55歳)が解説を付け、英訳を併記しました。小泉 凡さんは「わかりやすく、物語性がある展示になった。西洋中心主義でも人間中心主義でもないオープンマインドを持っていたことを知ってほしい」と、開館時に話しています。

 私は古い記念館には何度も足を運んでいましたが、リニューアルされてから一度も入ったことがなかったので、今日初めて訪れてみました。すいぶんきれいに広くなりましたね。館内は撮影禁止です。日曜日だったこともあり、観光客でごった返していました。学術研究用に訪問している学生の姿も見ました。受付で入館料を払って、まず「展示室1」に入ります。ここには「その目が見たもの」「その耳が聞いたもの」「その心に響いたもの」というコンセプトの下に、八雲の生涯を編年で紹介しています。奥に進み、展示室2」では、八雲の思考の特色を八つの切り口から描き出しています。「再話コーナー」の朗読は松江南高校出身の俳優の佐野史郎さん、音楽は同じくギタリストの山本恭司さんです。お隣の「展示室3」は、八雲に関するさまざまな企画展示を行っています。現在は八雲が幼少期を過ごしたアイルランドの作家たちを紹介する「文学の宝庫アイルランド―ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」が行われています。ノーベル文学賞詩人イエーツなど14人を取り上げて、八雲をアイルランド文学の視点から位置づけようとする企画展です。突き当たりの階段を上がって2階へ進みますが、階段の壁には、八雲の家族写真やアート作品が展示されていました。八雲の著書や関連書が多数揃っている2階の「ライブラリー」は、研究者には重宝するでしょう。ゆっくりと本を読むことができるスペースです。作品やゆかりの地を調べる、パソコンの「検索システム」も2台用意されていました。多目的スペース」は、八雲を学ぶレクチャーやワークショップの会場となります。ラフカディオ・ハーンに興味を持っている人には、まさに聖地ですね。一通り見終わって受付に戻ったら、その真ん前が「ミュージアムショップ」となっていました。八雲の本をはじめ、一筆箋やメモ帳などが販売されていました。私は八雲のシール(200円)を買って外へ出ました。記念館を出たところには、「遺髪塔」「島根県尋常中学校の礎石」がありました。同記念館のホームページはコチラです。❤❤❤

▲遺髪塔

▲島根県尋常中学校の礎石

 この小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の業績を称え、毎年彼の命日近辺に、松江市で開催されるのが、ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト」で、昨年で記念すべき50回を迎えました。「ジュニアの部」と「シニアの部」に分かれて開催され、全国から多数の参加があり盛り上がりを見せます(年々参加者が増えています)。松江北高は、昨年も「シニアの部」で優勝し、ご褒美にアイルランド旅行に招待されました。⇒コチラです 今年も頑張って欲しいものです。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「センター対策本」の裏話

 今日の昼休みに、松江北高では、私のセンター対策本」発音・アクセントCD(2枚組)を二度目の販売をしました。1年生~3年生まで、たくさんの生徒たちが買いに来てくれました。嬉しかったですね。これをしっかり勉強して、実力をつけてもらいたいものです。

 今年の『2017年英語センター対策本』(自費出版、800円)を手に取った方が、みな気が付かれるのが、中の紙が上等ですね」という点です。そうなんです。今年度版はちょっといいツルツルの紙を使っているんです!その理由は??松江北高に復帰して、これが教員生活40年の集大成・最後のセンター本になると思ったこともあり、ちょっと奮発した次第です。でも一番の理由は、卒業生たちがやってきては「大学のバイトで塾講師や家庭教師をやっているのですが、高校時代のセンター本を大学に持っていて、まだ使っています」と言ってくれる生徒たちがたくさんいるんです。でも長い間使ってボロボロになっています」と、クタクタになった現物を見せてくれるんです。そんなに長く利用してくれるんだったら(感謝)、ちょっとやそっとで破れないように丈夫な紙で印刷してやろうと思ったのです。見ていただくと分かると思いますが、表紙も(私の一番好きな色のブルーで作りました)印刷所と相談しかなり奮発してかなり「いい紙」を使っています。これなら少々のことでは破れたりしないぞ!でも上質の紙を使い印刷をしたために、印刷所からの請求がいつもの倍に!いつも以上に大赤字です。おまけに今年は、欲張ってCDまで専門業者に作ってもらったので、私の退職金が……(笑)。北高の3年生たちには「お金はいいから、点で返してね!」と脅迫して(笑)、生徒たちはちゃんと約束を果たしてくれました。この対策本と『重要問題演習』(ラーンズ)と過去問演習だけで、過去最高の平均点を記録しました。少しでも貢献できているのであれば、教師冥利に尽きますね。最近も、他県の先生で、学生時代にこの本を使って勉強して、現在教師になりました、と言って最新版を求めに来られた先生がいらっしゃいました。ありがたいことです。

 私が尊敬する、河合塾山下りょうとく先生からは「八幡先生、センターの最新研究本、届きました。更なる進化を遂げて、本当に素晴らしい出来栄えに仕上げられておられますね。私も、大きな刺激を受けました。」という嬉しいお言葉をいただきました。全国の先生方の反響はコチラに詳しく取り上げましたのでご覧ください。今回ご紹介するのは、その後にいただいた反響です。

******************************************************

◎この度の八幡先生の著書を拝読させていただきましたが、さらに進化されており、驚いております。生徒視点をいつも持ちながら教材作成をされていることが伝わってきます。また、紙の質もアップされており、喜んでおります。と言いますのも、八幡先生のセンター対策本は、絶えず職員室に置き、生徒が来れば見せながら説明などをしますので、いつもページがヨレヨレになることもあったのですが、これなら数年は持ち堪えられそうだからです。冬期講習には、高2生を担当しておりますので、1月の進研模試対策を実施しました。発音・アクセントをまとめて教えられる時間が学期中にはなかなか確保できませんでしたので、八幡先生のセンター本を使って指導させていただきました。高2進研模試でも的中率は抜群でした。これが次回の進研模試の彼らの結果に結びつくことを祈っています。

◎対策本は生徒たちに好評で、ここへきて私のところに八幡先生の対策本を求めに来る生徒が増えています。いよいよ1ヶ月前になってようやく、といった感もありますが、「英語は裏切らない」を合い言葉に最後まで生徒と一緒に勉強を続けていきます。

◎中を読むと、先生のいろいろなアイデア、そうだと思わず言ってしまう内容に、先生がこれまで、明るく楽しく、そして力のつく授業をされておられている様子が、ありありと伝わってきました。このような素晴らしい資料(集大成)を、後輩に見せていただけた事を本当に感謝いたすと共に、先生のお志(生徒に力をつけさせるという)を共に達成したいと思ったところです。

◎この度は大変素晴らしい教材をお分け下さってありがとうございました。先生の仕事の分厚さには只、圧倒されるのみです。

◎貴重な資料と情報に本当に感謝しております。

◎例年すごくこの対策本の成果を実感しております。本当に作成・販売して下さり感謝申し上げます。

◎長年のご研究・ご指導の集大成本という誠に貴重な資料を、まだまだ勉強の足りない私のような者が使わせていただくことに対し、申し訳ない気持ちでいっぱいです。様々なことにご興味をお持ちになり、いつも努力を惜しまない先生の生き様をお手本に、先生の教師としての姿勢に少しでも近づくことができるよう精進してまいりたいと思います。

◎十数年ぶりに先生の本を拝見させていただき、とても懐かしく感じるとともに、当時の苦しかった思い出などを思い出しました。今年は受験を控える生徒を指導する立場になりましたが、生徒の結果につながるように生徒とともに頑張ってまいります。

 来たる7月22日(土)の博多での講演会終了後、この本とCDの即売会を予定しております。ご参加の先生はぜひお求めください。ご自分用、英語科同僚の先生用、生徒さん用にどうぞ!ご購入いただいた先生方には、当日㊙シークレットなプレゼントを用意しています。ご期待ください。

 次の週、7月30日(日)には、昨年に引き続き、岡山県立笠岡高等学校で、早朝から3コマの授業をさせていただきます。テーマは「センター試験」と「二次試験」です。勉強の仕方」を中心にお話することになると思います。今その資料を作っているところです。そして、その次の週も岡山で仕事です。結構元気に忙しく飛び歩いているでしょ?♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Here we come!

    7月17日の巨人―中日戦(5―1で巨人が4連勝)のヒーローインタビューで、ナイスピッチングのマイコラス投手が、最後に「ファンのみなさんに一言」とふられて発した言葉が、Here we come!。これを球団通訳は(Here we comeと繰り返した後で(明らかにとまどっていましたね))これから行きましょう」と訳しました。オイオイ、いかにも間の抜けたトンチンカンな通訳でした。マイコラス投手は、どん底だったチームの状況が、ようやく良くなってきたことを喜んで、「さあ来たぞ!」と鼓舞した発言でした。「とうとうここまでやってきたぞ!」という気持ちで、実際に努力・苦労してここまでようやくたどり着いた、チームが上向きになってきた、というような感じです。これからも頑張るぞ!という気持ちが込められている言葉でした。これに対して、Here we go.は「これから行きましょう、さあ行こう」という意味です。これと混同してはなりません。頑張れ、巨人!❤❤❤

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

無冠詞名詞+as+S+V

 受験英語の参考書・問題集などによく出てくる「形容詞+譲歩の as +S+V」(~だけれども)に関連して、下の例のような無冠詞の名詞の来る用法があります。これらがいまだに堂々と残っている参考書や問題集も見られます。松江北高で使っている文法参考書『デュアルスコープ』(数研出版)は、このasの用法を取り上げて「補語が名詞の場合は冠詞が省略される。ただし、この用法は現在では<まれ>」と、正しく指摘していてさすがです。「ただし、無冠詞の名詞 + as + S +V は、文語調で古風に感じられるため、現在ではほとんど用いられず、名詞も限られている。」という『ロイヤル英文法』もいいですね。しかし、今でもこのような用法を堂々と教えておられる先生方もおられます。自分が学生時代に習ったことをそのまま教えているだけで、自分で検証してみようとする姿勢に欠けます。

? Woman as she was, she was brave.(女性だけれど彼女は勇敢だった)
?Girl as she is, she is brave.(女の子だけれど彼女は勇敢だ)
? Teacher as she is, she does not like small children very much.(教師だけれども、彼女は小さな子どもがあまり好きではない)

 このような名詞の来るasの用法を、私たちの『ライトハウス英和辞典』が収録していないことを、故・福村虎二郎教授(北海道大学)はかつて『英語教育』のQB欄において、「不注意な脱落によるもの」と決めつけられましたが、これは現実の語法を無視した全く的外れな批判でした。このような用例に疑義があることは八木(1981,1987)のみならず、私たちの詳細な調査結果からも明らかでした。故江川泰一郎氏が、名著『英文法解説』(改訂三版)の中で、「文頭に無冠詞の名詞を出す次のような構文は、現在ではほとんど使われない:Child as he is, he can think clearly and act wisely.」と記述しておられるのは、さすがと言わなければなりません。

 さて話は元に戻って、このような無冠詞の名詞と譲歩のasも、Hero as he was だとか、Fool as I amといった「程度を表す(gradable)名詞」だと容認度が増す、という興味深い事実を指摘されたのは、故・ボリンジャー博士でした。いつもながらに鋭い指摘です。さらに、asの「~だけれども」「~ので」の二つの読みに関しては、イントネーションがカギを握っているというご教示もいただきました(詳しくは「ボリンジャー博士の語法診断」第7回 『現代英語教育』10 1990年を参照)。

Coward as he was, he nevertheless stood his ground.
Dunce as he is, he still understands.
Milksop as he was, he still got up the nerve to protest.

 数多くの著書・論文から、また『ライトハウス英和辞典』の編集作業でご一緒する中で、特定の理論一辺倒になるのではなく、言語事実にしっかりと向き合う姿勢を、ボリンジャー博士からは教えていただきました。博士の言語哲学は「形が異なれば意味も異なる」でした。学生時代に、博士のThat’s That(Mouton, 1972)を読んだ時の衝撃は忘れることができません(この書名の意味深さが分かりますか?)。そんな博士と仕事をご一緒できるなんて、夢にも思わないことでした。

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

KURO

 岡山市を走る岡山電気軌道(通称・岡電)の路面電車は、路線の総延長4.7kmという日本で一番短い路面電車です。JR岡山駅東口前を出て、真正面の道路向こうに、岡山電気軌道の岡山駅前電停があります。路面電車は、岡山駅前から東にまっすぐ延びる「桃太郎大通り」の中央部を走っています。5分おきに走っており、待たずに乗れる市民の足として、地元で親しまれている存在です。この岡山で昭和44年から運行している最古の電車を、新しくリニューアルしたレトロ感たっぷりの電車が走っています。ボディは岡山城(烏城)にあわせて「烏の濡れ羽色」の黒を使用してあります。車内も半世紀前のレトロ感を生かし木が多く使われています。デザインは、JR九州「特急つばめ」をデザインした水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生(先生は岡山出身)です。名前はくろ」(KURO)です。

 岡山電気軌道の3007が、竹久夢二生誕130年記念号「KURO×夢二電車」になり、2014年4月10日に営業運転を開始しました。岡山生まれの芸術家、竹久夢二生誕130年を記念したもので、水戸岡鋭治先生がデザインし、塗り直した烏の濡れ羽色に、夢二の絵画をモチーフにしたデザインとなっています。

 車内は外観同様、大正ロマンを彷彿させるレトロな雰囲気。座席は水戸岡先生のデザインらしく木のぬくもりを感じさせる昔ながらのものです。使い込まれた感のある渋~い吊り革や、ぬくもりのある白熱灯、などレトロ感を生かした懐かしさの漂うデザインです。中吊りにはもちろん夢二のポスターが。

 「KURO」は東山線を一日5往復していますが(私は予め時刻表を調べて乗車しました)、冷房設備がないため、残念ながら夏場(6月~9月)は運休となりますのでご注意を!私は水戸岡鋭治先生の大ファンなので、先生がデザインした車両は全部乗ってみたい、と壮大な目標を立てているんです(笑)。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

松江テルサ&タニタカフェ

◎週末はグルメ情報です!!

 4月1日(土)、松江テルサ1階に、松江テルサ×タニタカフェ』がオープンしました。なんと 全国初の一般企業と㈱タニタ食堂のコラボ店だそうです。タニタといえば、体重計など計測器の大手メーカーですね。そのノウハウを活かしたヘルスケアアプリや、栄養バランス抜群のタニタ食堂=健康的で美味しい食事を提供するお店』として有名ですが、今回のタニタカフェは、食堂よりもライトでカジュアルな業態となっています。山陰から全国へ広がっていくようになるといいですね。提供するメニューの中心は(株)タニタ食堂が開発した「タニタプレミアムブレンドコーヒー」です。さらには、タニタ食堂監修の色々な商品の物販や、こだわりのスイーツの販売も行っています。

 特に「タニタコーヒープレミアムブレンド」は、強い抗酸化作用・脂肪燃焼効果があるといわれているクロロゲン酸が一般のコーヒーの2倍、健康志向の高い方におすすめです。更にタニタ食堂監修の色々な商品の物販や、こだわりの低カロリースイーツやロールケーキ、プリンの販売も行っていました。美味しいコーヒーをこの素敵なスペース(写真下)でいただくことができました。私はコーヒーには目がないんです。

 この建物「テルサ」の入り口を入ったところに、松江城や茶道具を再現した工芸菓子が展示されていました(~7月4日)。タイトルは「吟松(ぎんしょう)」で、幅1・9メートル、奥行き1・1メートル、高さ0・9メートル。和菓子の材料の砂糖やもち粉、上新粉などを用いて、和菓子職人らでつくる技術研究団体「松江松和会」の45人が約4カ月かけて、松江城の天守のほか、松の木や茶器の棗(なつめ)、茶筅(ちゃせん)などを本物そっくりに仕上げたものです。4~5月に三重県・伊勢市で開かれた全国菓子大博覧会に出品されました。没後200年を来年迎え、茶人でも知られる松平不昧公をしのんで企画したとのことです。不昧公への思いがこもっている作品ですね。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ