今年のセンターはどこが変わったのか?

 センター試験(筆記)、私は今年は大きな変更はないと見ていましたが(根拠となったのは、いつも言っているように、前年度の「追試問題」と、大学入試センターが公表している「評価委員会報告書」)、基本的に大きな変更はありませんでした。しかしよ~くよ~く見てみると、細かな点でいろいろと変わった点がみられますので、まとめておきたいと思います。

(1)センター試験始まって以来、ずっと出題されてきた第3問Aの「対話文完成問題」が姿を消しました。その影響で、第2問Cの「応答文完成問題」の発話数が、昨年度までの2から4または5に増えました。従来の第3問Aの要素が第2問Cに組み込まれた模様です。配点が4点から5点に増えたのもそういう事情と思われます。これが今年一番の変更点でした。

(2)第4問Bの「広告問題」の設問数が、昨年度までの3から4へ増えました。計算問題が復活しています。

(3)第5問の「物語文読解問題」の素材が「日誌」形式で出題されました。今までにない出題形式で面食らった受験生も多かったと思います。ただし、主観的な視点から書かれた文章を読み取るという点では何も変わりません。最後まで読み進めないと宇宙人が地球を探査しているという設定が分からないので、これは読みづらかったと思います。《難》

(4)第1問A 問3で、下線部の綴り字が4つとも全部異なる単語で出題されました。近くは2015追、2012本、2011本、2010追、2009追、2008追、2007本などで一部異なる綴り字で出題されていますが、全部違うというのは《新傾向》です。

(5)近年減少傾向だった「カタカナ語」ですが、純粋にはjourney, engine, supermarketの3語と思いますが、ちょっと緩めて見てみると、hard, work, advance, limit, foundation, championship, deliveryも含めることができそうです(計10語)。そうすると、この二年「カタカナ語」復活という視点もあり得るかと考えます。

(6)読解量が昨年よりも増えました。ここ近年ずっと総語数が増えている傾向を引き継いだものと思われます。⇒コチラをご覧ください(中川右也資料)

 各予備校が試験の難易度を予想しています。ただしこれは毎年、時間が経つにつれて(自己採点の状況が判明するにつれて)、黙って巧妙に書き換えられて(!)いきますから見ていて下さい(笑)。

                  【筆記】        【リスニング】
◎河合塾           昨年並み         やや難化
◎代々木ゼミナール   難化           昨年並み 
◎ベネッセ・駿台    やや難化         昨年並み
◎東進ハイスクール   昨年並み         やや難化
◎城南予備校      昨年並み         やや難化 

 

広告
カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

宮地ハムの手造りロースハム

◎週末はグルメ情報です! 

 毎年この時期になると、書道の別所先生にお願いして、佐賀県・武雄市(株)「宮地ハム」の手造りロースハムを届けていただくんです。私が食べた中で、どこのハムよりも美味しい!気に入っています。原料に厳選した佐賀県産豚肉の下ロ-スを添加物を最小限に抑え、12日間ほどじっくり漬け込み熟成させ、香り豊かな風味としっとりとした舌ざわり、脂身のとろける美味しさは絶品です。ドイツ製チップで燻煙し、仕上げる本格派のハムです。旨味のある脂、しっとりした肉質は芳醇な香りと濃厚な旨みをかもし出し、「宮地ハム」流のこだわりがつまった逸品です。新鮮な豚肉の旨みを上品に残した、なめらかで、きめ細やかな食感と味わい。味覚の満足、スモークの香りによる嗅覚の満足、フレッシュなロースの色の視覚の満足という絶妙のハーモニーを楽しむことのできるハムなんです。うすーく切っても、分厚く切っていただいても、どちらも堪らない美味しさです。私の大のお気に入りのハムです。今年も年末に別所先生から届けていただき、あっという間に、なくなってしまいました。それぐらいに美味しい一品です。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

やはり「お色直し」が!

 センター試験【筆記】が終わりました。私も一通り目を通しました。私は今年は大きな変更はない、と見ていましたが、第3問Aの会話文がなくなった(その分第2問Cの語数が増えた)こと、第5問が日誌の抜粋の形で出題された(これは実に読みづらい英文《難》)こと、若干の配点の変更があったことくらいでしたね。読む量は昨年よりも増えています。他はそんなに難しい問題はありませんでした。

 昨日の最後の授業でも、第1問の発音・アクセントは過去の出題語から出るので(私は「お色直し」と呼んで注目しています。⇒詳しくはコチラです)、もう一度「出題語リスト」を読み込んでおくように指示しましたが、やはり案の定、全28語中8語が出題されました。予想通りです。

●2018年度の「お色直し」

【発音問題に出題された語】
commit 1996追
convince 2010本
insist 1990本 2000本
journey 1998本 2000追

【アクセント問題に出題された語】
danger 1993追
opinion 1990本
frequently 2000本
supermarket 1992追

 そして私の『センター対策本』の頻出語リストの的中率を調べてみましょう。発音問題の12語中7語的中(58%うち★印4語)、アクセント問題16語中12語的中(75%うち★印4語)でした。やはり「狙われる単語は決まっている!」のです。そして問2に「-edの発音」(helped, laughed, poured, searched)が問われましたが、これは対策本に書いてある「フプクシュスチの法則」を知っていれば簡単に解ける問題でした。「カタカナ語」(近年減少中)は、journey, engine, supermarketの3語が出題されました。第1問に関して、やるべきことをやっていた受験生は満点を取ることができたと思います。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

北高絵馬神社

    「これは何だ??!」年が明けて、いつものように松江北高図書館へ行くと、図書館の前に大きなご神木があり、よ~く見ると、たくさんの「絵馬」が掛けられていました。いろいろな願いが印されていましたが、特にセンター試験を控えた受験生の願い事もたくさん飾ってありました。司書さんのグッドアイデアで飾られている「北高絵馬神社」です。私も一枚書いてぶら下げておきましたよ(笑)。年末には「クリスマスツリー」がきれいに飾られていました。図書館もこうした工夫で、生徒たちがたくさん足を運ぶようになります。

 今から13年前、私が北高に赴任した頃は、朝6時半に、学校の生徒昇降口を警備員さんが開けられるのと同時に登校して、図書館へ直行、始業時までの約2時間を勉強に充てている生徒が結構いたものですが、今はその時間、図書館も真っ暗です。私も6時半に学校に行き、生徒と一緒になって勉強していたものです。時代が変わりました。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

まず変更がないか確認を!~「練習は本番のように、本番は練習のように」

★センター試験で大切なこと!

 センター試験の会場で、筆記】試験問題が配られ、試験開始の合図があったら、まず最初にしなければいけないことは、問題用紙を1ページからパラパラとめくり、問題の出題傾向に大きな変更がないかどうか確認することです。これをやらずに、第1問からサッサと解き始めてしまうと、大きな変更のあった問題にぶつかったときに、動揺が走ります。人間初めて見る問題はなかなか冷静にとらえることができないのです。まず最初の1分でサーっと目を走らせ、例年と大きな変更がないかどうか確認をします。なければいつも模試を受験するときにやっているように平常心で解き始めます。「本番は練習のように、練習は本番のように」というのが私の指導哲学です。予め変更点が分かったときには、心の準備だけしておくといいのです。「あー、あの問題が例年とは違うぞ!」という気持ちで、そこへ向かっていきます。全国の受験生全員がこの問題にあたるわけですから条件は同じです。そして新しい傾向の問題が出題された1年目は、易しい問題が多いことも頭に入れておきましょう。このことを毎年口が酸っぱくなるほど言っていて、大きな変更があった年度には、「言われたとおり、予め見ておいて良かった」と、卒業生たちにずいぶん感謝されました。今年は大きな変更はないだろうというのが私の予想です。

 受験番号氏名科目コードを忘れないことは常識ですね。以前の勤務校で、三年生最後の定期試験をマーク試験として、マークリーダーで採点をすることにしました。試験前に何度も受験番号をマークしないと0点にするよ、と予告して、当日の試験においても教室を周り、そのことを確認したにもかかわらず、マークし忘れた生徒が数人出ました。約束通り、0点で処理して成績会議に臨みましたが、担任を始め先生方から苦情が出て「ひどい!かわいそう!」ということで、もう一度再試験をするということになりました。何らオカシナことをしていないのに、悪者にされたことに納得がいかない私は、それ以上一切関わり合いませんでしたが、その年のセンター試験の本番で、その該当生徒がやらかしてしまいました。日頃いい加減な生徒は、本番でも同じことをしがちなんです。あのとききちんと反省していれば、いくらでも防げた誤りです。あそこで甘やかしてしまった担任を始め、先生方はメンツまるつぶれでした。「練習は本番のように、本番は練習のように」を疎かにしていると、思わぬ落とし穴にはまります。本番で「受験番号」を忘れたらどのようなことが起こるか、松江北高でも知らない生徒、教員(!)がたくさんいます。0点になる」と本気で思っている人もたくさんいます。私は2回実体験をしているので、生徒たちには実力で点が取れないのはまだしも、こんな基本的なことで足下をすくわれるのは絶対に避けよ、と言っています。―「経験は最高の教師である。ただし月謝が高い」(トーマス・カーライル)

 自己採点では、162点を取ったことになっており、楽勝気分で二次出願したら前期・後期ともに不合格でした。ほとんど合否の読みは狂うことがないように、私は長年自己研鑽していたつもりでしたが、この結果だけは理解が出来ませんでした。後日、成績開示の得点が返ってきたのをみると「0点」となっていました。原因はアレでした。⇒コチラです  自己採点もきちんと出来ない人が、全国の受験生で8割以上もいるという予備校のデータがあります。いかに正確な自己採点が重要かは、受験指導を長年やった先生なら、よーくよく分かっておられることでしょう。最近、2017年度の英語センター本試験の分布で、平均点付近で2点違うとどのくらいの順位が違ってくるのかを、同僚の正村先生に計算してもらいました。それによれば9,504人です。長文問題1問6点違うと、28,621人です。たった1問でこれだけ順位が異なってくるのです。⇒詳しくはコチラ  模試の判定でも、自己採点がデタラメ状態では、デタラメな志望校判定結果しか返って来ませんね。ましてやこれが本番となると…?この恐ろしさを生徒にきちんとデータで伝えて、毎回追跡をかけて、限りなく自己採点ミスを0点に近づけていく努力を怠ってはなりません(現場でこのことがどれだけできているか、はなはだ疑問!)。これもやはり「練習は本番のように、本番は練習のように」です。自己採点が結構違っていたのに合格できた、と安堵する生徒たちがたくさんいますが、それは全国のほぼみんなが間違っているからで、「自己採点、みんなで間違えれば怖くない」の世界です(笑)。

 今日述べたことの要点を、もう一度最終確認しておきましょう。

①試験問題が配られ「解答始め!」の合図があったら、問題用紙を最初から最後までサラーと眺めて、例年と大きな傾向の変化がないかどうか確認してから、解答を始める。
②受験番号・氏名・科目コードのマークを絶対に忘れない!再確認も!
③自己採点は慎重の上にも慎重に行い、誤差0で二次出願に臨む!そのためにも本番では、問題用紙に自分の解答の転記をきちんと行うこと。

★今年のセンター試験受験者582,669人。さあ、これで本番、頑張ってきて下さい!!

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

センター第2問A対策

 センター試験の第2問Aは「文法・語法問題」です。私が教えている松江北高・補習科の生徒たちは、現役時代に『ヴィンテージ』(いいづな書店)を3回あげているので、昨年の7月に、私の『センター試験英語過去問題集 文法・語法頻出17項目の演習 TREND 17』(桐原書店、760円+税)を配布して、最後まで解答して、自己採点をしてくるように指示しました。1冊を終えて持ってきた生徒には、次の三つをさらに課題として課しました。これだけのことを、昨年の夏休みを使って仕上げています。

(1)この問題集で間違えた問題を、もう一度あたって完璧にしておくこと(「やりっ放し」にしない)。放置しておくと同じ所をまた間違える。

(2)「きりはらの森」のアプリで、「すきま時間」のあるときに、過去問をゲーム感覚で10題・20題・30題を繰り返しチェック練習すること。⇒このアプリの詳細はコチラです  ★これオススメのアプリ(無料)です

(3)1990年から2017年までのセンター本試験に出題された問題をプリント「第2問題A最終チェック問題」を使って全部仕上げること。このプリントは、全国の高校生の正答率に基づいて難易度が色分けされている13枚のプリントです。⇒「ダウンロードサイト」に登録しておきました。コチラです

 このジャンルの問題は、「知らなければできない」知識を問う問題ですから、サクサクとスピーディーにこなさなければなりません。そのためにも「量」の裏付けが必要な箇所なのです(文脈や対話の場面に応じた使い方ができるかどうかと絡めて出題されています)。それともう一つ。出題される分野に、狙われるジャンルが存在しますので、特にそこは重点的に演習します。過去のセンター出題歴から見るベストテンは次の通りです。圧倒的に「動詞」関連が多いようですね。

【センター試験文法・語法出題項目頻度】
①熟語・語法     220題
②動詞        108題
③時制         71題
④名詞・代名詞      61題
④冠詞・形容詞      61題
⑥前置詞        39題
⑦関係詞        33題
⑧仮定法        26題
⑨態          22題
⑩不定詞        21題
次点 接続詞      20題

 一時、第2問Aは、「語彙」の問題が大半で、文法問題は影を潜めていた時期がありました。しかしこの数年、再び文法問題へ原点回帰する、という変化が起こっています。きりはらの森」では、この第2問の「傾向と対策」を、私たち『センター試験英語過去問題集 文法・語法頻出17項目の演習 TREND 17』(ピアソン桐原、760円+税)』の編著者である中川右也先生(三重県鈴鹿高校)が、動画解説しておられますので(2本)、1・2年生はこれを見るとどのような心構えで、第2問の勉強に臨めば良いかがよく分かると思います。ぜひご覧ください。⇒コチラです(ダウンロード後、『TREND17』を選択⇒「解説ムービー」に入る⇒「傾向と対策1・2

 今、私は、『2018進研[センター試験]直前演習 英語(筆記)』(ラーンズ)を使って、「知識」系の問題を総ざらえしているところです。センター試験を直前に控えたこの時期は、「知識」系の問題を最後の最後まで追い込むことが大切です。単語、発音・アクセント、文法・語法といった問題を1つでも多く頭に詰め込むことで、最後の仕上げを行っていきます。

【書籍紹介】 あのスタディサプリで「神授業」を展開して、受験生に圧倒的人気を誇る英語講師・関正生(せきまさお)先生が、全国の入試問題から徹底的に選び抜いた「大学入試の最前線」を走る文法・語法問題を厳選した『関正生の英文法ポラリス1~3』(KADOKAWA、各1200円(税別))を昨年発売されました。特長としては、①自分の志望校レベルの問題だけにフォーカスできる。 ②頻出パターンを徹底分析して、頻出する用法を扱ったパターンを、演習を通じて体得できる。 ③問題集なのに手厚い解説で、全ユニットの冒頭には、ポイントとなる文法の知識をわかりやすく解説。知識をしっかりサポートしています。特にこの解説部分が関先生らしく、非常に分かりやすく核心をついた作りになっています。関英文法の決定版と言える良書だと感じました。今は中身だけでなく、参考書・問題集の表紙も、このように若者向けに受けるデザインでないと売れない時代になっているんでしょう。古い世代の私にはちょっと考えられない表紙です。センター試験対策だけなら、この本の1を徹底的にやれば十分でしょう。❤❤❤

 

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

センターリスニング

 親しくさせていただいている島根県立松江東高等学校緒方 孝先生より、「センターListening心構え11」という資料を提供していただきました。「ダウンロードサイト」に登録しておきましたので、ご参照ください。緒方先生、どうもありがとうございました。

・「センターListening心構え11」 島根県立松江東高等学校 緒方 孝先生 コチラです

 私の経験から、2つほど補足しておきますね。緒方先生の資料にもありますが、センター当日は英語音源を必ず持って行って(内容は何でも構いませんが、できることならセンター本番の音源がいいでしょう)、休憩時間に聞くことです。英語の筆記試験が終わると、だいたい会場内は筆記試験の出来の話とか、ひどいのになると答え合わせまで始める受験生がいます。決してこういうのに付き合ってはなりません。このリスニングまでの休憩時間には、英語音源をiPodなどで聞いて、「英語耳」を作ることです。これでずいぶん結果が違ってきます。これをやった北高の生徒たちには、ずいぶん感謝されました。

 本番では、「ICプレーヤー」が配布されます。きちんと監督者に言われた通りにやれば全く問題はないのですが、時々自分勝手な操作をしてしまい、音声が出てこないということがかなりあるみたいです。2017年度は82試験場の100人が、中断した設問から試験を再開する「再開テスト」を受けました。このほか、スピーカーから雑音が流れるトラブルなどで、3試験場の160人が再試験対象となっています。「大学入試センター」のホームページには、本番で使われる「ICプレーヤーの操作ガイド」があり、機器を疑似体験できるようになっています。これを一度体験しておくと、ずいぶん違いますよ。⇒コチラです 北高の生徒たちには、年内に一度は体験しておくように指示してあります。

 私が、生徒たちに日頃から話しているポイントを、もう一度整理しておきましょう。リスニングが弱い生徒たちに共通しているのは、(1)「語彙力」不足、(2)「聴く量の絶対量」不足、(3)「集中力」不足、の三点です。

①勝負は聴く前から始まっています。「設問」「選択肢」を先読みして、「待ち受け」「先取り」の姿勢を整えましょう。

②聴き取るべき内容を明確にするためにも、メモを取りながら聴くことが大切です。特に第4問B《新傾向》では、どんな議題に対して、誰がどんな意見を持っているか、対立点はどこか?3人の意見はどこが違うのか?共通しているのか?は聴き取った要点を、表の形でメモを取ることが有効です。ただ漫然と聞いていても解くことはできません。

「知らない単語は聞こえない!」が鉄則です。語彙力を最後まで磨きましょう。

 私が松江北高で、年内最後の授業で配布した、リスニング・筆記の設問別最終確認プリント「これだけは伝えておきたいセンター筆記・リスニングの極意」という2枚の資料を、「ダウンロードサイト」に登録しておきました。ぜひご覧ください。

・「これだけは伝えておきたいセンター筆記・リスニングの極意」 島根県立松江北高等学校 八幡成人 ⇒コチラです

 私は現在、『2018進研[センター試験]直前演習 英語(リスニング)』(ラーンズ)<30分×全7回>を使って最後の演習をやっているんですが、生徒の解答用紙を回収して、全員の解答を設問ごと(問1~問25)に○×を打ち込んで、「誤答分析」をやっています。手間のかかる作業ですが、生徒たちがどこで間違えるのか、その要因がはっきりと見えてきます。いつでも「やりっ放し」にしないことが大切ですね。この資料が、また来年からの指導に生かされることになります。❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ