蜃気楼ダイヤ

 私が初めてこの「蜃気楼(しんきろう)ダイヤ」を知ったのは、西村京太郎先生の推理小説『五能線の女』(2006年)を読んだときでした。この小説は後に、テレビ朝日系でドラマ化されて「五能線の女・秋田~能代~五所川原~弘前連続美女殺人ルート!突然列車が消えた・・・謎の蜃気楼ダイヤトリック」というタイトルで、2006年に放送されました。五能線の「リゾートしらかみ」という列車は、深浦駅で1時間半ほど停車して、周辺スポットをゆっくり観光してもらおうというダイヤになっているこの列車、実はその空白の1時間半の間にも、時刻表にはない運行をしていて、周辺を走り回っているのです!それを「蜃気楼ダイヤ」と呼んでいて、それを知っていた犯人がこのダイヤを利用して殺人を犯していた、というトリックでした。

%e4%ba%94%e8%83%bd%e7%b7%9a%e3%81%ae%e5%a5%b3

 一度走り去った列車が、折り返して元に戻ってくるならごく当たり前のことですね。しかし、同じ方向から2度も同じ列車が現れるなんて不思議な話だと思いませんか?そんな列車が1999年から2005年まで実在しました。五能線経由の臨時快速「リゾートしらかみ3号」です。現在は、秋田~弘前・青森間を走っています。「リゾートしらかみ3号」はおもに観光シーズンに運転されている全席指定の快速列車で、窓が大きく、運転席の後ろに展望ロビーを備えた%e3%83%aa%e3%82%be%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%8b%e3%81%bfリゾートトレインです。途中の景勝スポットで徐行運転してくれたり、車内で津軽三味線の演奏が行われたりと、観光客向けのおもてなしサービスが行われています。1999年から2005年までの「リゾートしらかみ3号」は、秋田駅を出発して奥羽本線を走り、東能代駅から五能線に入って海沿いを進みます。あきた白神駅、十二湖駅、ウェスパ椿山駅、深浦駅に停車するところまでは現在も同じ。ところが当時、深浦駅に到着した「リゾートしらかみ3号」は、こっそり逆方向に走って岩館駅まで戻り、その後は再び十二湖駅、ウェスパ椿山駅、深浦駅に停車していたのです。ただし、当時の時刻表では、深浦駅に長時間停車するように表示されていて、逆方向へ往復する部分は一切省略されていました。但し書きには、「あきた白神駅、十二湖駅、ウェスパ椿山駅に下車観光後、同じ列車に乗車できます」と書いてあるのみでした。時刻表には表示されない列車が走る不思議さから、「蜃気楼ダイヤ」と呼ばれたのです。

▲リゾートしらかみの運行図。時刻表には太い線の部分しか表記されていなかった

 なぜこのような奇妙な運行をしていたかというと、お客さんたちに「途中下車して観光してもらうため」でした。リゾートトレインに乗った人々が、その快適な乗り心地を好み、車窓から景色を眺めるだけでは、沿線の観光地にはなんらメリットがありません。利用者の側でも、せっかく訪れたからには、地元のもっと景色の良い場所を観光したいのが人情ですね。そこで十二湖駅、ウェスパ椿山駅、深浦駅などで下車した利用者が観光して戻ってきた頃に、「列車の方がお迎えに行く」というスタイルになったわけです。それぞれの駅では、蜃気楼ダイヤ」に合わせた時間の観光ツアーが用意されていたといいます。今はもうなくなったのですが、その「蜃気楼ダイヤ」が終了した理由は、「リゾートしらかみ5号」が新設されたからです。「リゾートしらかみ」は好評で、専用車両を増やして1往復増発されました。リゾートしらかみ3号」で迎えに行かなくても、後続の「リゾートしらかみ5号」に乗り継げるようになったのです。この列車にもぜひ乗ってみたいと思っています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

一畑電車新型車両

dsc00153dsc00169 一畑電車としては、なんと86年ぶりとなる新造車両「デハ7000系」です。現在運行している一畑電車は、全て関東や関西の私鉄から譲り受けた中古車両です。更新にあたり、1両編成で運行できる形式を全国で探しましたが適当な車両がなく、新造することにしました。JRグループで、鉄道車両の修理・改造を手掛ける後藤工業が設計、製作を担当しました。事業費は1両当たり、2億1千万円とのことです。車両は長さ20.8メートル、幅2.8メートル、高さ3.9メートル-で、定員は従来よりも7人多い129人です。私は今日、しんじ湖温泉駅出雲大社駅の両方の駅で、この新型車両を初めて目撃しました。ラッキー!

dsc00159

    JR四国の7000系をベースに、電気機器はJR西日本225系を流用することでコスト削減が図られています。一畑電車の保有車両としては最大長の車体は、ステンレス鋼体を採用し、一般公募により、白を基調とした車体に「出雲の風景」をデザインテーマとしたフルラッピングが施されました。座席配置は2人掛けボックス席とロングシートをセミクロス配置とすることで、地元客・観光客どちらでも対応でき、扉への点字シール、中間部への車椅子スペースの設置、さらに英語dsc00163表記対応などを取り入れ利便性を高めています。その他VVVFインバーター制御、回生ブレーキ、LED照明などが採用になり、使用電力の削減を図ることで環境負荷の軽減を図っています。ブレーキ時のエネルギーを電気に替えるなど、電気の使用量を従来の半分に抑えた省電力設計となっています。

 親しまれる車両とするため、外装は公募によるフルラッピングを施すこととし、9月から10月にかけて「出雲の風景」をテーマにしたデザインを募集しました。期間中に寄せられた応募作品は195点にものぼり、松江・出雲両市の市長や一畑電車の会長・社長らによる審査で、最優秀作品1点と優秀賞5点を選びました。実際の電車に採用された最優秀作品は、大きく弧を描いたストライプを車両全面と側面に大胆に配したデザインです。今年度中に導入される4両に対応するよう、各車両ごとに異なるカラーを用いています(下のイラスト参照)。❤❤❤

%e6%9c%80%e5%84%aa%e7%a7%80%e4%bd%9c%e5%93%81%ef%bc%88%e6%8e%a1%e7%94%a8%e4%bd%9c%e5%93%81%ef%bc%89-thumb-640x433-825
dsc00174

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

岸田牧場「牛乳便り」

◎週末はグルメ情報です!!

 昨年末のある夜、日頃お世話になっている米子西高校の福田理尋先生(ご自身も一流の料理人です)が、八幡の自宅にふぐ鍋の材料を届けてくださったんですが、それと一緒に、岸田牧場「牛乳便り」というミルクが入っていました。「自分は料理にもこの牛乳を使う。絶対に美味しいから飲んでみて。普通のスーパーには置いていませんが…。」とのことでした。お帰りになってから一口飲んでみました。濃い~!ちょうど先日、北海道で飲んだ「四つ葉牛乳」とおんなじくらい濃くて美味しい牛乳でした。めちゃくちゃ濃くて、それでいてすっきりとした後味、独特の乳臭さがほとんど無いとても上品でおいしい牛乳でした。飲んだ時は、口の中に幸せな味が広がり・・・ゴク、ゴク、ゴク・・・はぁー、おいしいなぁ・・・実感でした。以来、私の大好物となっています。
 中国地方の名峰「大山」山麓のふもとに岸田牧場はあります(琴浦町)。牛を飼い、乳を搾ることの意味と意義を自らに問い続けながら、今日まで酪農に従事してきた証がこの牛乳です。こだわりは、ごくごく自然なことです。

・健康な牛から搾られる生乳であること。
・人と牛にとって心地よい環境であること。
・先進技術と衛生管理を追求し続けること。

 当たり前のことを貫き通すことが本当に難しい今日、気持ちの伝わる牛乳を届けようという想いの結実がこの牛乳となりました。牛をつなぎとめることなく、放し飼いで、自由に動き、えさを食べることのできる牛舎で、選び抜いた飼料で育てられた牛から搾られる生乳だからこそ味わえる風味ですね。

dsc00231
 味をしめた私は、早速翌日、松江中のスーパーをくまなく「捜索」して、この牛乳を探しましたが、どこにも置いてありません。探し疲れて、田和山の「今井書店」に本を探しに立ち寄ったところ、なんと、入口のカフェの冷蔵庫に1本だけこの牛乳が置いてあるのを発見しました!おい、おい、牛乳を「今井書店」で発見だぞ!お店の人に尋ねてみると、人気なので定期的に入荷するとのこと。以来、年が明けても、田和山に出るたびに、今井書店からこの牛乳を買って帰っていた八幡でした。「この牛乳ほんとに美味しい。市内のどこにも置いてありませんよね~」と、店員さんと話していたところ、「ラパンにはありますよ」との情報。帰りに、私の自宅のすぐ近くの「ラパン」に寄ったところ、大量にあるではありませんか!!あれだけ市内中のスーパーを探し回ったのに…。「灯台下暗し」とはまさにこのことでした。自宅のすぐそばに売れていたなんて!これで、学校帰りに買って帰れるようになりました。ただ人気のようで、棚に置いてないことも幾度となくあります。美味しい!!!普通の牛乳よりもややお値段は高いんですが、投資する価値は十分にありますよ。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

研究会のチラシ

 今日2月9日は、平松一郎さん(ラーンズ営業開発課エリアマネージャー)が学校にお見えになり、こんなチラシをいただきました。昨年開催された「「生徒の英語運用力を磨く」研究会―センター試験で高得点を取るために」の要点をまとめたチラシです。記事全文の詳細は、Webサイトでお読みいただけます。⇒コチラです

dsc09838

 私はいつも「英語は絶対に裏切らない!」と題して、そこらじゅうでお話させていただいているんですが、今年のセンター試験結果は、そんな私の期待に生徒は見事に応えてくれるものでした(過去最高平均点)。平松さんにも申し上げたんですが、やったことと言えば、私の「センター対策本」(第13版、自費出版)を随時参照しながら、ラーンズ『重要問題演習(筆記)』&『重要問題演習(リスニング)』を用いて、大問ごとに「解き方」の基本方針を示し、問題演習をしました。今年特徴的だったことは、重要』計画的に一回仕上げた後に、もう一回間違えた箇所を徹底的に潰していったことでしょうか。最後は毎週、過去問の本試・追試を新しい年度から古い年度に向けてさかのぼって解いて行きました。たったコレだけです。ぜひ、先生方もやってみてください。❤❤❤

dsc01363

▲年末のセンター追い込みの光景です

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

お風呂の枕

 疲れて家に帰った時の風呂の時間は、誰にとっても至福の時だと思うのですが、その幸せな時間をさらに快適にする、お風呂の枕「バスピロー ミニハートピロウ」を買ってみました!半身浴用のマスト・アイテムで、ハート型のキュートなバスピローです。ウレタン素材を使用しており、ふわふわクッションが入浴中もやさしく頭を支えて包み込んでくれます。ポップでカラフルな色、ハートの形が可愛く毎日のお風呂の時間が楽しみになりますね。このピローにもたれかかりながら、アロマを楽しんだり、音楽など聴きながら、バスタブでゆっくりとくつろげる癒し系アイテムでなので、半身浴が大好きな方にオススメです。私は大阪駅の「フランフラン」で購入しました。

箱から取り出すとこんな外観です。可愛いでしょ?

 このピローの裏面には角度がついていて、そこにバスタブの角を引っ掛けて固定する感じになっています。身をゆだねてみると、クッションはとっても柔らかくて、お風呂で首を預けても、いい感じで気持ち良く包み込んでくれました!この感触が堪りませんね。お風呂に入ってゆったりと湯船に浸かりたい時、とてもリラックスして入っていられます。私はお風呂の暖房に、ヒーリング・ライトをつけて、ジャグジーのスイッチを入れて泡ぶろにつかりながら、小田和正ZARDの音楽を流して癒されています。寒い冬場はもう最高の楽しみですね。お値段も千円以下とお手頃で、快適なバスタイムを演出してくれる素敵なアイテム。コレから湯船に浸かる時は、コレでゆったりとくつろげそうです!良い買い物ができました!ランフラン」には、ピンクしか置いてありませんでしたが、カラーバリエーションは豊富に揃っているみたいですよ。❤❤❤

mini-heart-pillow

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「足立美術館」14年連続日本一に!

◎日本庭園 14年連続V!

 島根県安来市にある「足立美術館」(あだちびじゅつかん)が、アメリカの日本庭園専門誌『数奇屋リビング ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』11・12月号の日本庭園ランキング2016年版において、第1位に選出されました。この日本庭園専門誌は、アメリカ在住のダグラス・ロス氏が日本庭園を世界中に紹介するために1998年に創刊した隔月刊誌で、英語圏を中心とする世界37ヵ国の人々に定期購読されています。京都の桂離宮などを押さえて、本ランキング第1回以来、14年連続で第1位に選出されています。14年間ずっと1位です!2015年にはフランスの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」と「ブルーガイド・ジャポン」で共に最高評価の三つ星を獲得するなど、海外からも高い評価を受けています。

 私は小さい頃、この近くに住んでいたこともあって(安来市広瀬町)、よく出かけていましたね。その当時はこれほどの注目を浴びることもなく、ひっそりと地元の小さな美術館といった感じだったんですが、今では桁はずれに大きなものになりましたね。昔から横山大観の絵の所蔵では定評のある所ではあったんですが。今は疲れた時や、アイデアに行き詰まったときに、出かけては、椅子に座ってボーッと庭園を眺めて癒やされています。心が空っぽになっていくのを実感できて、元気が出てくるんです。下の写真をご覧ください。確かに美しいですね。この景色をボーっと見ていたら心が安らぎますよね。JR安来駅からは、無料の送迎バスが出ています。

cimg0013cimg0011cimg0007

 選定基準は、歴史的価値、規模、知名度ではなくて、庭園の質、庭園と建物の調和、利用者へのおもてなしなどで、「今現在鑑賞できる日本の庭園としていかに優れているか」を重視しています。全国900カ所以上を対象に、世界の造園専門家ら30人でつくる委員会が選んでいます。選ばれた理由の一つに、オープン以来46年間にわたって1日も休まずに開館し続けてきた管理水準の高さがあるとのことです。足立美術館の庭園は、借景にしている近くの山も含めて約16万5千平方メートルもあります。毎朝、開館前に職員が清掃したり、樹木の手入れをしたりします。日頃のたゆみない努力の結実が今回を含め14年間の受賞というわけです。全国そこらじゅうからの観光客でにぎわっています。

 ランキングを受けて、足立隆則館長がコメントを発表しています。「庭の木々や草花、コケは放置していては周囲の景観にそぐわなくなる。大きくなりすぎた木の植え替えの手間ひまを惜しんでいては、庭の魅力は失われてしまう。15年、20年と引き続いて1位に選ばれるよう、館員一丸となって定演の維持管理に努めていきたい」。 島根県からは、次の7つが50位以内にノミネートされました。島根県にお越しの際は、ぜひ足を運んでみて下さいね。❤❤❤

2016年日本庭園ランキング(島根県)

 1位 足立美術館(美術館)
  8位 佳翠苑皆美(旅館ホテル)
11位 皆美館(料亭旅館)
19位 湯の助の宿 長楽園(旅館)
32位 平田本陣記念館(歴史記念館)
42位 康国寺(寺院)
44位 由志園(観光庭園)

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「結び目固め」

 滋賀県警長浜署の市内懇親会で、男性署員が余興の一環に、スカートをはいた20代の女性署員にプロレス技「吊り天井固め」(ロメロスペシャル)を掛けて、参加者の一部がその場面を携帯電話で撮影して、複数の署員と共有した、というニュースが大きく報じられました。女性署員はスカートの下に短パンをはいていて、下着は見えていなかったとのことです。

 %e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%abこの技は1956年にマスクマンとして初来日したメキシコのラウル・ロメロが考案した拷問技で、うつぶせにした相手の両膝の裏に両足を乗せ、相手の足を自分のふくらはぎでロック、両手を後ろに絞り上げた状態から後転するように倒れ込み、相手をえびぞりのような状態で高く吊り上げる大技です。相手の両足は大きく開いた状態になります。新日本プロレスの獣神サンダーライガー選手などがよく痛め技として多用しています。ライガー選手当人は今回の事件に関して、次のように語っています。

「素人が力の加減を分からずに掛けるのは、非常に危険です。掛けられる側が肩を脱臼したり、足首をケガしたりする恐れがあります。相手は女性であれば、なおさらです。スカートであれば、”モロ見え”になってしまいますし、手も固められて隠すことができず、完全にセクハラでしょう。くれぐれも、面白半分で掛けないでください」

 話題が横道にそれてしまいました。今日はメキシコの「結び目固め」のことを書こうと思っていたところに、ちょうどこんな破廉恥なニュースが飛び込んできたものですから。

 プロレスには様々な決め技・必殺技がありますね。メキシコのルチャリブレにおいても種々の関節技が見られます。私がその中でも一番印象深いのが、「エル・ヌド」(結び目固め)と呼ばれる関節拷問技です。仰向けに倒れた相手の両足をそれぞれ逆の手でつかみ、相手の両足を交差させ、その上に自分の片足を乗せて、下にある相手の足を自分のももにフックさせる。さらに両足の隙間から腕を差し込んで相手の腕をつかみ、その腕を引っ張りあげてからもう片方の腕をつかんで相手を抱え上げ、足、背中など複合的にダメージを与える。見ただけでも実に複雑な関節技です。見た目がまるで「結び目」のように見えることからこの名前がついています。メキシコのルチャで開発された複雑なジャベ(関節技)で、これを日本人で使う選手はほぼいません。

 この技の代表的使い手として有名なのがエル・サタニコです。次の映像の22分頃をご覧いただくと(ピラタ・モルガン相手のフィニッシュ・シーンです)、この技がよくお分かりいただけようかと思います。私はプロレスの熱狂的ファンとして、以前メキシコのルチャリブレを放映していたテレビ番組で、時々目にしては感心していた複雑な必殺技で、相手のピラタ・モルガンがしばらくは我慢していたものの、悲鳴を上げてギブアップをしていることからもこの技の説得力が伺えます。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ