パトリシア

patorishia カードマジック、中でもほんの数枚を使って行う「パケット・トリック」には目のない私ですが、その昔、「パトリシア」(2005年発表)という作品が大好きで、何組も買ってよく演じていました。正真正銘たった4枚のカードだけで、とんでもなく不思議な変化現象が次々と楽しめるのでずいぶんと気に入っていたんです。ここしばらくは品切れで手に入らなくなっていましたが、再びフォーサイトから戻ってきました。今日も再び「赤裏」で一組購入しましたところ、前回とは違い、素敵なパケットケースがついてきました。4枚のエースのカードが次々と変化するビジュアルで変化、変化の不思議な現象!さらにクライマックスにはビジュアルなチェンジに観客は驚きビックリです。

 観客に4枚のエース♠♣♥♦をはっきりと示します。ちょっとシャッフルして混ぜておきましょう。まず手始めにスペードのエースを裏返すと、このカードがハートのエースに変化します。続けて、4枚のエースが全て赤のエースに変わってしまいます!ここで4枚を数えてみると今度は突然、4枚とも裏向きになってしまうのです。そしてまた再び表向きに戻ります。今度はダイヤのエースをパケットの中ほどに裏向きで入れますが、数えてみるといつのまにか表向きになっているではありませんか!そして最後は、手元の黒い2枚のエースと、テーブルに置いたはずの2枚の赤いエースが、鮮やかに入れ替わってしまうのです!主な変化をまとめると、

● 色が変わり
● 裏返り
● また元に戻り
● 1枚だけ表向きに変化
● さらに、ラストは見事な赤と黒の入れ替わり

 これだけの変化現象をぎゅっと詰め込んだパケット「パトリシア」は、マジック研究家、佐藤喜義(さとうきよし)さんの作品です。正真正銘4枚のA(エース)だけが繰り広げる、テンポある変化現象が堪りませんね。本当にたった4枚しか使っていないんです。パケット・マジックとして販売していますが、カードはバイスクル・ライダーバックデザインですので、デックの中に密かに忍び込ませておくことも可能ですね。演技の途中でやられた時のインパクトは絶大だと思います。現に、今マジックバーで活躍中のマジシャンたちには必須アイテムになっているようですよ。うまく構成されていますので、変化現象の多さの割には手順もシンプルですし、一回やり方を身につけると忘れ難い優れた作品だと思います。ただ、この作品の「解説書」には1カ所明らかな誤りがあります。前回も気づいた点ですが、修正されていませんでした(英語版でも)。まずは映像でそのビジュアルな変化をご覧ください。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

鞁嶋弘明校長先生の教え

%e9%9e%81%e5%b6%8b%e5%bc%98%e6%98%8e はやいもので、当時東出雲町長であった鞁嶋弘明(かわしまひろあき)先生がお亡くなりになってもう6年が経つんですね。年末の12月26日が命日でした。先生のことが偲ばれます。

 私は島根県の高校英語教員に採用された昭和52年、初めて赴任した学校が島根県立平田高校でした。職員室も同じ教務部で、席は鞁嶋先生の隣、鞁嶋先生の2年6組の副担任として、教員人生をスタートしたんです。当時は、時間割を1人で1学期間担当することになっており、自分がやるところをよーく見ておいて今度はお前が担当するのだと、時間割変更のやり方を一から教えていただきました。朝も東出雲町の自宅を早くに出発して早朝から学校に来られ、夜は一番遅く帰って行かれる先生でした。生徒たちに学習習慣をつけるために、ご自分も一緒に残って一生懸命勉強するクラスでした。このクラスが3年生卒業時には、学校始まって以来の見事な進学実績を残したのは、このような日頃の積み重ねが実を結んだものと、そばで見ていて実感したものです。教員としてのイロハを鞁嶋先生に教えていただいたように思います。先生は将棋もめっぽう強く、よく教えていただきました。根っからの「勝負師」という感じでしたね。

 私が島根県の西の端津和野高校に勤めているときも、何度も教員研修、生徒講演にお呼びして、助けていただきました。私を松江北高に戻って来いと呼んでくださったのも鞁嶋先生です。鞁嶋先生が校長時代、松江北高は全国の公立高等学校で国公立大学の合格者数が、373人→355人→362人と、3年連続日本一を記録しておられます(3年目御勇退の年に21世紀枠で甲子園出場)。今からするととうてい考えられないようなすごい数字ですが、偶然実現できた数字ではありません。ちゃんとやるべきことを積み上げて、精緻な計算と指導の基に可能となった記録です。そのことは先生ご自身が北高の「進路だより」に総括しておられますので、最近「あむーる」第24号に取り上げさせていただきました(「松江北高は日本一の学校だった!」)。「ダウンロードサイト」からご覧ください。

・「あむ-る」第24号 島根県立松江北高等学校英語通信 八幡成人

 今から11年前、私が心臓の手術をした当時、フラッと職員室にお見えになり、「大丈夫か?体だけは気を付けるように」と、私の体を心配していただきました。学校に顔を出される度に、いつも気遣って声をかけていただきました。その先生が先に急死してしまわれるなんて、まったく信じられませんでした。葬儀も先生のお人柄を偲び、お世話になったたくさんの人々によっておごそかにお見送りをされて旅立っていかれました。松江北高をこよなく愛しておられた先生のご遺志を汲んだ奥様が、火葬場に行かれる前に松江北高に寄ってくださり、玄関でみなでお車をお見送りしたものです。

 この日本一の立役者鞁嶋校長先生と、当時の進路指導部長柴田 博(しばたひろし)先生(対談当時は島根県立益田高等学校長。この学校も柴田先生が赴任なさって飛躍的に成績が%e6%9f%b4%e7%94%b0%e5%8d%9a伸びた学校でした。私が一番尊敬している英語の先生です。)のお二人のビッグ対談が、ベネッセの『VIEW21』(高校版)2008年6月号に掲載されて、現場ではずいぶん話題となりました。ここには進路指導の原点と、教師のあるべき姿、あるべき指導体制がすべて語られています。今でも読むことができますので、ぜひみなさん、ご一読ください。コチラです

 鞁嶋先生をお見送りした同じ葬儀場で、教え子の葬儀に参列して、「あー、この場所で先生をお送りしたなあ…」と同先生を懐かしく思い出し、在りし日のお姿を思い起こしておりました。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

無念!

喪服を着た人のイラスト(男性)

 1月9日(月)午後2時から松江平安祭典で行われた川合健二(かわいけんじ)くん(享年43歳)の葬儀に参列してきました。昨年末の28日、釣りに出かけたまま行方不明になっていて、必死の捜索が行われていました。1月4日、松江市鹿島町の恵曇漁港で、防波堤の沖にある波消しブロックの間で男性の遺体が浮いているのが発見されました。遺体のDNA鑑定の結果、川合くんだと判明しました。釣りをしていて誤って海に転落したものとみられ、溺死でした。クラスメートが電話で知らせてくれました。

 川合くんは、松江市立生馬小学校教務主任として務めていました。まだ43歳の若さ、これからの人生というのに、不慮の事故で逝ってしまいました。母校に帰って恩返しがしたいという夢も叶いませんでした。残された奥様と5人の子どもさんのことを思うと、言葉になりません。葬儀での奥様のご挨拶を聞いていると、松江南高校時代に3年生2Rで担任したときの彼の姿が思い起こされました。いつも陽気で笑顔を絶やさなかった「ケンちゃん」でした。家族思いの在りし日のケンちゃんの思い出を、奥様が切々と言葉を振り絞って話される姿はたまりませんでした。こういう形で再会するのはごめんです。辛すぎる。遺影にそっと手を合わせました。教え子のみんな、私より先に逝かないでくれ!

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

PPAP英語論

Practice, practice and practice(PPAP)

 「PPAP」といってもピコ太郎の話ではありませんよ。私は英語に強くなるための秘訣は「PPAP」しかあり得ない、と生徒たちにはいつも授業で強調しています。すなわちPractice, practice and practice」(PPAP)です(笑)。いつもこの言葉を出すと、教室ではめちゃ受けるのですが、真実を突いていると思いませんか?「練習あるのみ!」です。

ペンタブレットを使うデザイナー・イラストレーターのイラスト

 つい最近、「PPAP」に敬意を払ったマジックを手に入れました。「ダーマスのPPAP」という、KOYAMAGICから出ている折り紙作品です。こういうのも馬鹿馬鹿しくて好きです。結構マニアの間では人気みたいですよ。♠♣♥♦

 元日に公開された、さだまさしさんの和風バージョン「PPAP」もずいぶん話題になっていますね。再生回数は170万回をこえました。本家と違って、こちらはずいぶんお金がかかっています。動画は和太鼓の力強い演奏からスタート。金色の着物姿で登場したさださんが和太鼓と三味線、そして横笛の軽快なリズムに乗せて「あいはぶあぺーん」と歌い始めます。これこそが究極の“和洋折衷”でしょうか。その後もペンにアッポーやパイナッポーを次々とぶっ刺していくさださん。歌とリズムは若干音楽とズレてしまっていましたが、最後は両腕を組み、本家にも劣らないドヤ顔を披露、画面には「新春」の文字が大きく現れ、動画は幕を下ろします。バックでキレキレのダンスを踊っている人たちは、マドンナのバックダンサーも務めたプロ集団です。まじめに遊ぶさださんです。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「22分50秒」

 年末の「クリスマスの約束2016」を見終わって、感動も新たな中に、年が変わってどうしても見直したい小田さんの映像があって、お正月にみかんを食べながら、久しぶりに見直してみました。2009年の「幕張メッセ」3000人の観客を前に、クリスマスの約束」で披露された「22分50秒」22thと小田さんによって命名された大メドレーです。小田さんが「前からずっとやってみたかった企画」です。小田さんを始め、ゲストAI、Aqua Timez、いきものがかり、キマグレン、Crystal Kay、財津和夫、佐藤竹善、清水翔太、JUJU、スキマスイッチ、鈴木雅之、STARDUST REVUE、中村 中、夏川りみ、一青 窈、平原綾香、広瀬香美、藤井フミヤ、松たか子、山本潤子、が全員で、それぞれの代表的なオリジナル曲をワンコーラスずつメドレー形式で歌い継いだものです。タイトルはそのままズバリ、「22分50秒」、メドレーの曲の長さがそのままタイトルになっています。全体のアレンジは小田さんが行いました。

 番組は、その小田さんの企画の立ち上げから、参加ゲストたちとの話し合い、テレビ局スタッフとの話しあい、リハーサルの模様等をドキュメント形式で追っていきます。誰もが、始めは懐疑的でした。まず番組スタッフが、不安をあらわにしていました。小田さんがリスペクトする様々な個性を持つアーティストたちに、手紙を書いて、オファーしました。しかし、彼らは歌い方が違い、フィーリングが違う。年齢も違い、音楽への取り組み方も違うだろう。同じく舞台に立つとは言え、監督がいて、脚本があり、共演者とのアンサンブルでドラマという芸術形態を作り上げていく役者とは違い、自分たちの言葉・音楽とパフォーマンスで、自ら独自の世界をステージ上で築くことに命をかけるシンガーたちは、基本的に常に自分が主役だ。これだけたくさんの同業者たちと「共演」する、自分が脇役になる、というような体験に慣れているわけではない。「できっこない」というのが最初の反応でした。おそらくは、自らの楽曲についてそれぞれ一国一城の主である各シンガーにとって、そんな試みが成功する、というイメージが成り立ちにくかったとして、不思議はありません。「それで何になるのだ」という疑問ももっともでした。「そんな試みに何の意味があるのだ?」と。実は、小田さん自身、確信はなかったようです。ただ、彼はやってみたかった。はっきりとしない、小田さんの情熱のようなものだけが、このプロジェクトをひっぱっていました。小委員会の会議の中で、小田さんの構想についての率直な疑問が、参加する年下のアーティストたちからぶつけられました。「やっぱり、そんなに簡単なことじゃなかったんだな……」会議の後で、思わずそうつぶやく小田さんの姿をカメラはとらえていました。しかし、小田さんは強行突破します。リハーサルは始まっていました。小田さんと参加アーティストたちは、走りながら、形をつくりながら、そのプロジェクトの可能性を自ら確かめていこうとしていました。小田さんがアーティストに送った手紙です。 

アーティスト諸君へ

前略、突然のことで、お許しください、お願いの手紙です。

ずっと考えていました。
たくさんのアーティストが一堂に会して、
一気に「歌いたいうた」を全員で歌ったらどうなんだろう。
たくさんというのは具体的にいえば30人(組)を超えるくらい。
そのアーティストたちが、できるだけみんなで選んだ30曲ほどを
1コーラスづつ、休まず、通して歌い倒す。
イベントのフィナーレのように
歌わないけどそこに立っている人もいる、ではなくみんなが精いっぱい歌っている。
そしてその歌のすべてが、誰もが知っている「あの曲」である必要はない。
それをTBSの「クリスマスの約束」という番組でやってみたいのです。
それがどうしたんだといわれても、甚だ無責任ですが、
返せるような確かな答えはありません。
何かが伝わるかもなどとも言いません。
でももし「それ、面白そうじゃん。付き合ってもいいよ」と
膝を軽くポンと叩いて同意してくれるようなら
「どんなヤツが来るの?アイツがいるならイヤだ」と言う、
まるでちょっと前のボクのような了見の狭い気持ちはこの際、
思い切り捨てていただいてぜひ参加してください。
運動会の参加費くらいのものと、たいへんだったなぁという思い出しか用意できないと思いますが、
基本的にすべての曲は、全員でユニゾン、つまり斉唱でと考えています。
そしていちばん肝心なこと、収録日は11月30日を予定しつつ、
ご返事、さらに忌憚のないご意見をお待ちしています。

2009年8月 小田和正

 全体としては、各自のオリジナル曲のメドレーであり、かつ、曲と曲とのつなぎだけでなく、全体を小田さんがアレンジして、コーラスやハーモニーが付けられています。つまり、一人当たり平均して一分程度、自らのオリジナル曲を歌い継ぐが、そのオリジナル部分にも小田さんの素晴らしいアレンジが施され、コーラスや、ユニゾンが付加される場面が多く、それ以外のパートでは、ほかのシンガーたちがバック・コーラスに回るのです。結局、「22分50秒」の大半を、他人の曲のバックに回ることになります。しかも小田さんは、他人の曲の間、為す術もなく立ちん坊になるのではなく、各シンガーがきちんとコーラスに参加することを望んでいました。つまり、全体のほとんどを、きちんとお互いの脇役としての役割を果たすように求めたのです。みんなで作り上げるというのが小田さんの狙いです。

 ドキュメントは、そこで終わり、当日を迎えます。そして始まりました。藤井フミヤから始まり、歌い継がれる各シンガーの曲。交代するときにはハイタッチ。誰の顔にも笑みが浮かび、その顔が輝き始め楽しそうです。順に自分の歌を歌い、ハイタッチして、サポートにまわる。その繰り返しが、徐々に不思議なバイブレーションを生んで、各アーティストを、観客一同を巻き込んでいく。ああ、そうか、まるで箱根駅伝のようです。タスキの代わりに自らの歌を手渡して、走り継いでいる。マラソンを、駅伝にしてしまった、日本人アーティストによるイベントでもあったのです。観客がみんな、沿道で懸命に旗を振り応援する人々に重なります。歌いながら、同じ場所と時間を共有しながら、誰もが心から感動しているように見えました。その、魔法のような「22分50秒」が終わったとき、拍手が長い間鳴り止みませんでした。小田さんは言葉を失います。きっと、彼の思惑をはるかに超えて、感動が彼を圧倒していたのでしょう。

22’50”

この日のこと
トゥルーラブ 藤井フミヤ
今夜だけきっと スターダストレビュー
ロマンスの神様 広瀬香美
明日がくるなら JUJU
明日、春が来たら 松たか子
友達の詩 中村中
LaLaLa 佐藤竹善
恋におちたら Crystal Kay
Story AI
夢で逢えたら 鈴木雅之
ハナミズキ 一青窈
翼をください 山本潤子
HOME 清水翔太
YES-YES-YES 小田和正
LIFE キマグレン
虹 Aqua Timez
全力少年 スキマスイッチ
Jupeter 平原綾香
涙そうそう 夏川りみ
青春の影 財津和夫
帰りたくなったよ いきものがかり

 

 

 音楽史上初となる「22分50秒」の壮大なメドレーという前代未聞の挑戦でしたが、メドレー終了後の鳴り響く拍手とその長さは圧巻でした。最後に山本潤子さんが語っていましたが、「小田くん、アレンジ大変だったね」。拍手が鳴り止みません。小田さんが「今までにもらった拍手の中で最も長い」ものだった、と語るぐらい感動的な場面でした。後に、第36回放送文化基金賞番組部門・テレビエンターテインメント番組優秀賞を受賞しました。最後にアーティストが一人ずつ感想を語っていましたが、小田さんに振られると「語りたくない。言葉にしたくない。このまま持って帰りたい」と拒絶したのも、感動を言葉にしてしまうと嘘になるという思いからだったのでしょう。さまざまな権利の問題で難しいかもしれませんが、ぜひDVD化をお願いしたい番組でした。コチラで映像を見ることができます。❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

センター「発音・アクセント問題」を追い込む!

★最後に集中して追い込め!★

 センター試験が近づいて、もうあと1週間です。センター試験の問題の中で何が出題されるかが分かる唯一の大問が第1問です。しかしその準備を十分にしていないために、成績の上位の生徒もかなり落としている分野でもあります。模擬試験や本番のセンター試験で、私は長年データ検証していますが、私の「頻出語リスト」はいつも8割~9割の的中率です。そこで問われるのは、特に基本的な語「変なヤツが狙われる」ということです。ならばその「変なヤツ」を、先回りして徹底的に音読して体に染みこませておけばよいのです。私は精緻なリストを作るだけでなく、音読用にアメリカ人ALTに一語一語ポーズをつけて読んでもらってCDまで作りました。以前に前ALTのジェーン先生に吹き込んで貰ったものを、生徒にコピーして反復させていたのが好評だったので、今回新しくチェルシー先生に読んで貰いました。講演会でこのことをお話したところ、全国の先生方から「自分も欲しい!」という声が寄せられ、希望する先生方がたくさんおられたので、今年は専門の業者にお願いして大量に作成したのが、チェルシー先生、お願いします!」という2枚組のCDでした(下の写真)。私の「センター対策本」以上に人気で、あっという間に予定した枚数が出てしまったくらいです。

dsc07957

 『蛍雪時代』12月号(旺文社)には、尊敬する水野 卓(みずのたかし)先生の選んだ「頻出語リスト」が特集されていました。この分野は短期間で集中して仕上げることのできるジャンルなので、センター直前に時間を取ってやるといいと思います。CDの残部はまだありますので、全国の先生・生徒のみなさんご希望の向きは、私までメールで(右上の「メールはコチラ」)お申し込み下さい。4種類の「頻出語リスト」は、私の40年間の教員生活の集大成「2017年英語センター対策本」に掲載されています。全国の2年生の高校生のみなさんにぜひ使っていただきたい教材です。クラス・学年に持たせたいというご希望をたくさんいただいていますが、ご希望の方は私までご連絡ください。松江・米子・出雲にお住まいの方は、今井書店グループに置いてあります。❤❤❤

dsc03883

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

サザエのおはぎ

◎週末はグルメ情報です!

IMG_0314 最近、大きなデパートでサザエのおはぎ」(創業昭和48年)を買うことが多いんです。北海道十勝の小豆を使い、あまりしつこい甘さではなく、控えめで食べやすい甘さで美味しいんです。また、大きすぎず適当な量で、なおかつ食べ甲斐もあって嬉しいですね。普通タイプのあんこのおはぎと、きな粉タイプの2種類がセットで入っているので、味の変化がある点もいいですね。あんこもさすがの美味しさで、甘すぎないのも嬉しいです。きなこおはぎは、中にあんこが入っており、きなこのおかげで香ばしさ&コクが生まれ、こちらもとっても美味しかったです。なんといっても、もう、小豆が違う。小豆本来の香りもすごく、感動すら覚えます。基本的にこし餡が私は好きなのですが、これは絶対つぶ餡で食べるのがベストです。小豆本来の美味しさが直に口の中に伝わります。じっくりと炊きあげた餅米もいい味です。以前に、「仙太郎」のおはぎをレポートしたことがありましたが(⇒コチラ)、サザエ」のおはぎも結構いけますよ。今日も岡山のイオンモール1Fの売り場で買って帰りました。

IMG_0313dsc03774

 歌手の山川 豊(やまかわゆたか)さんが美味しいと薦めたと聞きました。❤❤❤

dsc03810

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ