アブドラ・ザ・ブッチャー

 アブドーラ・ザ・ブッチャー(Abdullah the Butcher)のリングネームで活躍したラリー・シュリーブ(Larry Shreve、本名:Lawrence Paul Shreve)は、父親はインド人、母親はアフリカ系アメリカ人で、9人兄弟の3番目、カナダ・オンタリオ州ウィンザー出身の黒人プロレスラーです。一応、アフリカのスーダン出身というプロレス流儀の経歴になっていますが。貧しい家庭に育ち、人種差別を受ける中、そんな境遇をはね返すべくたくましく育ちました。9歳から新聞配達でお金を稼ぎ、中学卒業後は靴磨きや清掃業で生計を立てながら、12歳から始めた柔道と空手を続けました。頑丈な体と格闘技の実力を活かして、お金を稼ぐために17歳でプロレスラーになりました。当然ハングリー精神は人一倍で、前座で試合をしながら、ザ・シークなどのトップ選手の試合を見ながら、彼は一つの答えに行き着きます。「ファンの求めるのはバイオレンス。世間の常識など存在しないリングで、本物のバイオレンスを見せつける」と心に決め、空手を生かしたラフ殺法でたちまち人気ヒールとなり、デビュー3年目でリングネームを「ザ・ブッチャー」に改名するのです。日本でのニックネームは「黒い呪術師。入場テーマ曲はピンク・フロイドの「吹けよ風、呼べよ嵐」です。プロレス界を代表する悪役レスラーの一人で、来日回数は140回を超えており(1970年初来日)、歴代外国人レスラー最多です。日本のリングに登場した悪役レスラーは数えきれませんが、その中でも突出した人気を誇っていたのが、ブッチャーでした。現在では、膝が悪くて歩くのもままならず、車いす生活を余儀なくされているそうですよ。

 一目で「悪役(ヒール)」と分かる、額に深く刻まれた無数の傷跡。まん丸い体とギョロリとした大きな目。つま先は鋭く尖った凶器シューズと、ダボダボの空手着パンツを身につけ、パンツやシューズの中には五寸クギやフォークを忍ばせて、巧みにレフリーの死角をついて相手に突き刺します。黒人特有の頭の固さを生かした「頭突き」、白いバンデージでガチガチに固めた指先で相手の喉を突く「地獄突き」、助走をつけて寝転んだ相手ののど元に落とす「毒針エルボー」が必殺技です。一時、相手を担ぎ上げてそのまま後ろにそって落とす「山嵐」を使っていた時期がありましたが、これは長続きしませんでした。馬場さんが、初めてブッチャーのエルボードロップを食らった時の衝撃を「あのとき、ノドにくったエルボードロップのすごさは今でもはっきり覚えているよ」と語っていました。ブッチャーは凶器攻撃や場外乱闘だけの選手ではなく、正統派の戦いもできる実力者なんです。

 初来日の1970年に、日本との橋渡しをしたのが、グレート小鹿ですが、彼は当時のことを「まだ無名でしょっぱかったよ。目だけキョロキョロしてね。可愛い顔してたよ。日本に行きたい、といわれてもウケるかどうか心配だった。確か黒人選手のファイト・マネーで一番下のCランクだったと思うな。それがあんなビッグネームになるんだから、世の中わかんないもんだね」門馬忠雄『全日本プロレス超人伝説』(文春新書、2014年) 黒いつむじ風を思わせるスピード感あふれるファイトぶり。黒光りする肌に、空手着の白い胴衣をつけ、育ての親ザ・シークのツマ先の尖ったアラビア風のシューズをはいた出で立ちは、日本で非常に受けたんです。

 その後、ブッチャーは馬場さんの全日本プロレスを裏切り、1981年新日本プロレスに移籍します。約4年間これといった活躍を見せることもなく、1988年、7年ぶりに全日本プロレスのリングに戻ってきます。裏切られた選手を二度と使うことはなかったジャイアント馬場さんが、あのブッチャーだけは許しています。これは特筆すべきことでした。裏切り者は絶対に許さないというのが馬場さんのスタンスでしたから。全日本プロレス設立時のブッチャーの貢献を忘れていなかったためと思われます。

 ブッチャーといえば、試合中によく両手を膝に当てて前かがみになり、相手を睨みつける姿勢を取ることがありました。実にさまになっていましたね。何か獲物を狙うライオンのような鋭い眼光で、視線を送っていました。実はこれ、体力回復のための一時休憩で、それを客に悟らせないための一流テクニックでした。何せ身長180センチ、体重160キロの巨体ですから、スタミナ面では相当のハンディをしょっていたのでした。よく見せ場では流血もしていましたが、隠し持ったカミソリで自分や相手の額を切っていました。試合中の流血で、ブッチャーからC型肝炎を感染させられて、プロレスラーとしての将来を絶たれた相手レスラーから、損害賠償請求訴訟を起こされて、230万ドルの支払いを命じられたとの法廷闘争のニュースが流れたことがありましたが、いったい結末はどうなったんでしょうね。

 私がブッチャーの試合で忘れられないのは、1977年12月5日、東京蔵前国技館における「世界オープン・タッグ選手権大会」最終戦、互いに優勝のかかったザ・ファンクス対ザ・シーク&アブドラ・ザ・ブッチャー組の公式リーグ戦でした。正攻法では分の悪いブッチャーは、隠し持ったフォークでテリー・ファンクの腕をグサリと刺して激しい出血となります。シークまで凶器攻撃に加わって、テリーの腕をメッタ刺しにします。その都度苦痛にのたうち回るテリー。会場全体には悲鳴がこだまします。ドリーが何度かテリーを救出すべくリングに入るのですが、ジョー樋口レフェリーに制止されてしまい、ドリーはコーナーでタッチロープを掴みながら、必死にテリーを呼んで我慢して待ちます。テリーがブッチャーに左のパンチを放ってようやくドリーに繋ぎ、ドリーの猛攻撃が始まるのでした。その後テリーがリング下で応急手当を受けている間に、ドリーが最凶悪コンビにつかまりますが、応急処置を終えたテリーがリングに戻り、ドリーを救出するあのクライマックスに突入していくのです。いったんリング下に逃れて応急手当を受けたテリーは、右腕に包帯をしてリングにカムバックしますが、ブッチャーとシークが襲いかかります。怒ったテリーはシークの凶器を奪って必死に反撃しますが、手の自由がきかないため、思うように攻撃できず空振りが目立ちます。会場全体がファンクスに声援を送ります。最後は最凶悪コンビの反則負けで、ファンク兄弟が優勝の名誉と賞金1000万円を手にします。ドリーとテリーが抱き合い喜びを分かち合う瞬間がマックスの見せ場でした。右腕を三角巾でつるした弟をかばう兄という美しい「兄弟愛」をまざまざと見せてくれた感動的な試合でした。歴史に残る凄惨な試合でもありました。私はテレビで興奮しながら見たこの試合を、今でも鮮明に覚えています。♣♣♣

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

やまもと整形外科クリニック~山本真人くん

 今年の年賀状で、松江南高校31期で担任だった教え子の山本真人(やまもとただひと)くんから、今春、開業することになりました」とメッセージが添えてありました。まだ若いのに、めでたい!彼は2010年から、松江市立病院の整形外科医を務めていました。同僚の国語科・松田龍志先生にその話をすると、「(100万ボルトの隣の)ウェルネスを通ったら、新しい山本という病院ができていたが、それだったのか!」と言われました。今日ちょうど、田和山方面へ行く便があったので、ちょっと見に行ってみました。きれいで立派な病院が出来上がっていましたよ。「4月17日(月)開院」と掲示があります。これは「患者第一号」として行かねば!と思いました。

 山本くんは、私が退職するときにも、お祝いに集まってくれました。このクラスは絆が非常に強くて、何度も集まっています。下の写真の左から二人目が山本君です。バレー部で活躍し、成績も優秀、委員長もやってくれていましたね。数年前には、松江北高のロードレースの担当医として、お世話いただきました。懐かしさのあまり、当時南高にいた先生方で集まってパチリ、記念写真を撮りました。

▲前列左から二人目が山本先生

▲一番右が山本先生、坂上先生、渡部先生、八幡、大屋先生

 山本真人くんは、高校二年生の時も担任しました。忘れられない思い出があります。記憶(大丈夫?)をたどって再現してみましょう。二年生の学園祭の展示を準備するときに、私のクラスは「エイズ」を取り上げようということになったんです。今でこそエイズに関する知識はみなさんお持ちですが、25年も前の当時はまだあまり知られていない病気だったんですね。さまざまな角度からこの病気を取り上げて、展示を準備しました。そのときの責任者が山本くんでした。女子生徒たちの中から、当時「エイズ感染を告白していたプロバスケットボール選手のスーパースターであったマジック・ジョンソンに手紙を書いて、メッセージをお願いしてみよう」ということになり、夏休みに生徒たちが英語で苦労して手紙を書き送っていたんです。なんと、ご本人から直筆のお返事が前日に届き、学校中大騒ぎになりました。学園祭展示の目玉になったのです。実は前日、ドラマがもう一つありました。この病気の実態を伝えるためにかなり過激な展示内容(ここではちょっと書けません!でも生徒たちは真摯に取り組んでいました)になっていたのを、当時の校長が「過激すぎる」とストップがかかりました。生徒たちの思いを校長には伝えましたが、理解を得られず「やめろ!」との強いお達し。生徒たちにそのことを伝えると、生徒たちは自分たちの純粋な思いを理解していない!と言って抵抗の構えを見せました。私も当時はまだ若かったんですね。夜遅くまで、何度も生徒たちと校長室との往復です。もう夜もふけています。ベテランの副担任のI先生が、仲介の労を取ってくださって、一部の展示を控えるという折衷案で落ち着きました。クラス全員でシュプレヒ・コールをあげて、教室を後にしたのを覚えています。当日は、生徒たちはせめてもの抵抗を示すために、模造紙に大きく赤いマジックで「展示不可」と書いて、展示内容を隠しました。マジック・ジョンソン効果もあって、たくさんのマスコミ(新聞社・テレビ局)が学校に押し寄せてきましたが、インタビューは責任者の山本くんがすべて対応しました。当然「展示不可」について聞いてきます。山本くんは一切そのことには答えずに、「これがすべてです」と毅然として対応しました。このことに関しては何を聞かれても一切何も答えるなという指示が、クラス全員に伝わっていたようです。当時としては画期的な「エイズ」の展示内容に、多くのマスコミが大きく報道してくれました。そのときのクラス写真が次のものです。山本くんをはじめ、このクラスからは7人の生徒が医学部に進み、立派な医者になっていますが(「八幡先生の命は僕たちが守る」と嬉しいことを言ってくれています)、高校二年生の時のこの展示への取り組みが、少なからず影響したのではと思ったりもしました。地元の山陰合同銀行は、この展示内容が優れているとして、行内の今で言うネットに展示をしてくれました。八幡の懐かしい思い出です。その山本くんが、4月から独立して整形外科医院を開業するんです。おめでとう!!おめでとう!!同窓生のみんな、病気の人も、そうでない人もみんなで行きましょうね!❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

秋庭大輝くん

夢は叶う!コレ本当なんだね!

 今日から(三年生の授業が全部なくなり暇になったので!)、私は二年生の全クラスを回って、「センター試験の勉強法」について特別授業をしています。今年の松江北高3年生は、私が12年間在籍している中で、最も高い英語のセンター試験平均点を記録しました。どうやったら、こんな点が取れるのか?、という「勉強の仕方」を各クラスを回ってしていきたいと思っています。今日は2時間目に、トップバッターのクラスで話をして、英語研究室に帰ってきたところ、入り口の所に、卒業生の秋庭大輝(あきばだいき)くんが立っていました。卒業してから会うのは初めてです。秋庭くんは、現役生のときに生徒会長を務め、卒業式の感動的な「答辞」で、八幡をはじめ多くの先生方を号泣させた生徒です。そのことを私は当時のブログに綴っています⇒コチラです

 彼が広島大学から京都大学の大学院に合格したことは噂に聞いて知っていました(誰から聞いたかが思い出せません。認知症?が始まっています(笑))。彼は現役のときから京都大学志望一筋で頑張っていた生徒です。残念ながら、合格できずに広島大学・法学部へ進学していました。与えられた環境の中で、精一杯頑張った甲斐があって、飛び級制度を利用して(広島大学に「飛び級制度」があったことを初めて知りました。私の担任した生徒が一橋大学でやはり飛び級制度で1年早く卒業しています)、彼は京都大学の大学院に合格しました(広島大学の4年生をやらずに飛び越して京都大学・大学院に合格。広島大学は中退!)。「夢は叶うんだ!」目標であった弁護士への道に着々と近づいています。新しい生活と夢を語る彼の目は、生き生きと輝いていました。いつものように、後輩たちに、自分の体験をレポートしてくれるようにお願いしておきました。私からは彼に新しい目標(??)を授けて、別れました。期待しています。頑張って欲しいですね。この話を彼が帰ってから、同僚にしたところ、自分も会いたかったのに、という先生が何人もいました。今度来校するときには、絶対に築道先生を訪ねるように!教え子たちがこうして立派になった姿で訪ねてくれるのが、一番の喜びです。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ももたろうとまとぽんず」

◎週末はグルメ情報です!!

dsc00022 ラーンズの営業開発部エリアマネージャーの平松一郎さんが、松江北高を訪問された際に、「ももたろうとまとぽんず」をお土産に二度もくださいました。なんでも岡山県立岡山東商業高等学校の生徒さんが、岡山県産の桃太郎トマトを使って、JAびほくとコラボ、地元企業の「大黒屋」さんと共同開発されたポン酢だそうです。「美味しいので一度試してみて」と、いただきました。早速家に帰って、サラダにかけていただきましたが、これが美味しいんです。私はそこまでトマトは好きではないのですが、これは食が進みます。岡山県産桃太郎トマトを25%配合し、その甘み、旨みを活かして、大変まろやかに仕上げています。ほのかなトマトの風味と酸味を残し、サラダや冷奴などどの季節の料理にも合う一品となっています。もちろん、トマトにかけて食べてもOK!本来のぽん酢に配合する柑橘果汁のようにはトマトの風味を出すことが難しく、岡山東商業高校の生徒さんたちと試行錯誤しながら何度も試作を行い、桃太郎トマトの良い風味が最大限出るように作り上げているそうです。酸味を抑えてありますので、子供から大人まで食べやすく、トマトが苦手な方でも抵抗無く食べることができ、いろいろなメニューに使える万能調味料ですね。ホームページによれば、鍋物、冷しゃぶ、たまご焼き、冷奴、サラダ、うどん、唐揚げ、焼き魚、てんぷら、えびフライ、かきフライなどの料理に幅広く使うことができる、とあります。私はもっぱらドレッシングとして愛用しています。これ、いけますよ。「ぼっけぇ、うめぇ」 ❤❤❤

%e6%a1%83%e5%a4%aa%e9%83%8e%e3%81%bd%e3%82%93%e3%81%9a

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

日本銀行旧小樽支店

 北海道・小樽はかつて、にしんや石炭の積出港として栄え、海運・倉庫・金融業などあらゆる商品とお金、情報が飛び交った商都でした。鉄道や港湾の発達によって、北海道随一の商都となった小樽は、ニューヨークの金融街になぞらえ「北のウォール街」と呼ばれ、小樽の町中には今も当時の銀行建築が多数残っています。「北のウォール街」でも、ひと際目を引く館の「日本銀行旧小樽支店」の建物は、東京駅でも有名な辰野金吾さんの設計だそうです。当時の時の寵児。明治45年(1912)に完成したものです。積み上げたレンガの上にモルタルを塗った造りの2階建てで、ルネサンス様式が取り入れられています。総工費は当時の金額で40万円に上り、これは日本銀行本店と日本銀行大阪支店に次いで、3番目に高額な建設費用だったといいます。この付近には日銀はじめ、三井、三菱など財閥系の大手都銀が軒を並べていたそうですよ。小樽の繁栄、それは札幌、函館をしのいだ時期もあったそうです。その後、「北のウォール街」とも呼ばれた繁栄期も過ぎて、日銀は2002年(平成14)9月を最後に小樽支店の機能を札幌に統合。銀行として使われなくなった歴史的建造物を活かして、改築工事が行われ、金融資料館として翌年5月に開館しました。小樽はこのように、歴史を感じさせてくれる建造物がたくさんある素敵な街ですね。

dsc07543

 今は、日本銀行の歴史や金融の仕組みを分かりやすく紹介する「金融資料館」となっていますね。この資料館の入場は無料です。内部は荘厳なという言葉が似つかわしい重厚な造りです。小樽最盛期の金融事情がわかります。さらには日銀券=お札の説明が詳細にあります。日本のお金は世界で一番偽造不可能だそうですが、それはホログラム、すかし、特殊発光インキにマイクロ文字その他の多くの暗号があるからだそうです。また、金庫の実物を含め、多くの興味深い展示があり無料というのはうれしい限りです。駐車場はありませんから、駅から歩くことになります。私の宿泊先の「オーセントホテル小樽」から歩いてすぐのところにあるので、私も歩いてのぞいてみようと思いました。17時まで開いているということだったので、到着したのは16時半をちょっとだけ回っていたでしょうか。係りの人が、入館は16時半までで今日はもう入れません、ということでした。残念!中に入ることは出来ませんでしたが、表側から写真だけ撮って、ホテルに戻りました。夜、食事を終えて、小樽運河を見学に行く途中、再び夜景の建物を写真に撮ってきました。美しい!❤❤❤ 

dsc07541dsc07540

dsc07606

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ラーメン長さん2号店

dsc09937dsc09948 松江市・上乃木にある、私の大好きな「ラーメン長さん」の2号店が、島根大学の学園通りに2月5日オープンしました。これで、わざわざ自転車で上乃木まで行かなくても食べられるようになりましたね。早速、今夜立ち寄って、私の定番「ラーメン」ネギ大盛りで注文しました。カウンター席とテーブル席があります。火曜日が定休日だそうです。数年前に、岡山にもお店を出されたんですが、残念ながらこちらは閉店してしまいましたね。さてこの2号店はどうなるんでしょうか?ここ島根大学近辺の学園通りは、ラーメン激戦区で、このすぐ近くにも「塩や」「風々ラーメン」「かつみ」「天真爛漫」などが立ち並んでいます。

dsc09944dsc00018

dsc09945 やってきました。これこれ!やはりネギの量が半端ではありません。これが「長さん」の特徴です。上の写真が「ネギ大盛り」、下の写真が「普通」のラーメンです。そしてさらにトッピングに、タマネギを刻んだものを入れると、スープに甘みが出てまろやかになるんです。これも本店のサービスと一緒です。たっぷりとタマネギを添えて食べました。やはり私の好きな「をっちゃんラーメン」と同じような塩ラーメンなんですが、こちらのほうがあっさり系ですかね。ただ本店と比べて、スープのコクがちょっとまだ安定していないのかなという印象です。だんだん慣れていくのでしょうが。場所的には、島根大学のすぐそばという好立地もあり、学生たちに人気が出れば、商売繁盛間違いなしなんでしょうが…。❤❤❤

dsc00017dsc09942
◎週末はグルメ情報です!!

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

緑の行進&ライトアップ

 松江市ゆかりの文豪・小泉八雲(こいずみやくも)が、幼少期を過ごしたアイルランドの祝日「セント・パトリックス・デイ」(3月17日、同国にキリスト教を広めた聖パトリックの命日)にちなんだ祭り「アイリッシュ・フェスティバルin Matsue 2017」が、市内中心部で開かれ、パレードが3月12日(日)、松江市内でありました。松江でも、八雲が幼少期を同国で過ごした縁で、平成19年よりフェスティバルを開催しています。市民は同国のシンボルカラーの緑色の衣装を身にまとって街を練り歩き、市が目指す2020年「東京オリンピック・パラリンピック」での、アイルランド陸上チームの事前合宿誘致に向けて機運を高めました。スタート地点の松江城二の丸下の段で、誘致活動用の動画を撮影しています。今年は日本とアイルランドの外交関係樹立60周年の記念の年で、パレードには緑色の帽子やシャツなどを着た約260人が参加しました。マーチングや同国の縦笛・ティンホイッスルやバグパイプの音色に合わせ、踊りを披露しながら、松江城からカラコロ広場前までの850メートルを練り歩きました。

  それを記念して、松江城も夜は緑色にライトアップされています。2月27日から、アイリッシュフェスティバルのイベントで、松江城がグリーンのライトに照らされて、幻想的な姿を現しているんです。残念ながら、本丸は午後5時で閉まるので、二の丸から見るといい感じですよ。夜の松江を歩いている観光客の人たちにも、「あれは何だ?!」と好評のようです。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ