×Don’t mind.

 松江北高で二年生次より使用している文法・語法参考書『Vintage』(いいづな書店)の中に、次のような問題があります。

「遅くなってごめんなさい」「気にしないで」
"I'm sorry I'm late."
"(      ) mind."

正解はNeverですが、そこには「!注意 (×)Don’t mind.とは言わないことに注意」という注意書きがあります。今朝女生徒二人が私の所へやって来て、「なぜDon’tは間違いなのかが分かりません。Never でもDon’tでも否定の命令を表すことに変わりはないのではありませんか?」という質問です。当然の疑問です。この生徒たちは私が教えている生徒ではないのですが、他の先生に聞いても分からなかったので私の所にやって来たと言っていました。いろいろな本にも出ていますが、「気にするな」という意味で×Don’t mind.「和製英語」です。日本語でしょっちゅう使う「ドンマイ、ドンマイ」から、誤って英語にしてしまっているのでしょう。正解はNever mind.とかDon’t worry (about it).と同書には出ています。It’s okay.Forget about it.もいいかもしれません。私は厳密にはNever mind.よりもDon’t worry about it.がふさわしいと思っています。Never mind.は「大したことじゃないから気にとめないで」というニュアンスで使われますから。

A : What did you say? いま何て言った?
B : Never mind.  なんでもない。
  ―キャサリン・クラフト『日本人の9割が間違える英語表現100』(ちくま新書)

 ここで問題は、「なぜDon’t mind.が誤りなのか?」というその理由です。いろいろな参考書に「Don’t mind.は誤用」とは書いてあるんですが、なぜそれが間違いになるのかは書いてありません。ほとんどの生徒はDon’tNeverもどちらも否定の命令だから、同じじゃないか?と考えています。若い英語の先生方もこの問題を余り考えたことがないらしく、なぜか分からないと言います。質問に来た生徒たちには、いい質問だ、そういう姿勢で勉強を続けたら英語の力が伸びるよ、と褒めておきました。でも私が答えを言ってしまったら、何にもなりません。ヒントを与えて((I) don’t mind.)、もう少し考えてごらんと言っておきました。今日は皆さんにも考えていただきましょう。宿題です。

★★★なぜDon’t mind.は誤りなのか??

 今日たまたま、BSジャパンの「ワタシが日本に住む理由【福岡で和製英語を研究…准教授はアメリカ人】」という番組で、北九州市立大学准教授のアン・クレシーニ先生が、日本独特の和製英語」について取り上げておられ面白く見ました。本も出るそうです。アメリカ・バージニア州出身の先生が、初めて来た日本で、言葉が話せずさんざんな日々を送ります。「もう2度と戻らない」と思っていた日本で、なぜか今、和製英語を研究する准教授になっています。日本に住んで18年。親友に出会い、摂食障害を乗り越え、今では日本語を話している時の方が、自分らしくいられると嬉しそうに語るアン先生。番組では、そんな彼女の福岡県宗像市で和製英語をめぐる旅を取り上げていました。アン先生のブログ「アンちゃんから見るにっぽん」(⇒コチラです)は、アメリカ(英語)と日本(語)の違いを博多弁で語っていて面白いですよ。最近、『ENGLISH JOURNAL』5月号(アルク)でも、アン先生の「「カタカナ」英語を「通じる」英語へ」という特集が組まれました。4月24日には先生の『バリバリウケる!ジャパングリッシュ』(アルク電子書籍)という本も出ます。アルクのGOTCHA!」での連載では、「ペーパードライバー」などの代表的和製英語を取り上げて、その背景などを面白く伝えています。⇒コチラがその第1回。❤❤❤

▲八幡が最高の評価をする和製英語研究書

広告
カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中