センター対策について

★センターと二次は違う!!

 今日は、松江北高で先日行われた、「全統マーク模試」(河合塾)の自己採点結果を見て、強く感じたことを書きます。

 その昔、島根県立松江南高等学校に13年間勤めていたことがあります。その頃の松江南高校は英語の成績が県でナンバーワンの学校でした。当時の指導は、記述の力をつけることに主眼を置いていて、マークの対策はほとんど何もしていませんでした。二次の力をつければ、マークはなんとかなる」という伝統で指導していたように思います。私も当時はまだ若く、先輩の先生方のやられるように見よう見まねで教えていました。マークの練習をするのは、二学期の期末試験を終えた頃からだったでしょうか。ところが、年々マークの点数が取れなくなっていきました。二次力がかなりある生徒でも、取りこぼしをする生徒が目立っていたんです。私は、二次=センターという従来の指導方法に疑問(?)を抱き始めていました。南高勤務の最後の年は、3年生を担任していたので、最後のわがままを言わせてもらい、夏休み前から学年全体でセンター対策に取りかかることを許してもらいました。当時出たばかりの福崎伍郎『決める!』(学研)を全員に持たせて、まずは夏休み中に各設問の取り組み方を勉強してくるように課題を課しました。そして9月から、私がそれまでに作り溜めていたプリント類を使って、センター演習を二次の指導と併行して行ったんです。信じられないでしょうが、今では各社数多く出ている「過去問題集」も当時は出ていない時代ですから、自分で大量の版下を作って、印刷屋さんにお願いして配布していました。過去問の演習の大切さを当時から認識していたのです。そのような指導が効を奏してか、本番で過去最高のセンター点を取ることが出来ました。ここで私が実感したことは、二次の練習をしておけばマークはなんとかなる」という指導スタンスは間違っており、英語の力をつけるだけでなく、マークの形式に慣れ、その「解き方」をきちんと身につけておけば、実力通りに高得点を取ることができる、ということでした。時間との闘い+情報処理能力という要素を強く持っているマーク試験と、じっくりと腰を落ち着けて考える二次試験とを、同列に考えることは難しいということが痛感されたのでした。そのときに使った種々のプリント類をまとめて、翌年転勤した、島根県立大田高等学校で製本・印刷したのが、初めての「センター対策本」だったんですね。以来、13回の改訂を重ねてきました。常に焦点は「勉強の仕方」でした。現在生徒たちが使っているのが、改訂第13版です。

 今年の北高の3年生は、成績上位の生徒が例年以上にたくさんいます。楽しみです。ところが、今回の全統マーク試験ではその強さがイマイチ発揮されていません。私が担当している浪人生クラス(補習科)からグンと差をつけられています。これはいったいどういうことか?力ははるかに現役生の方が上なのに、取ったマークの得点は格段に離されている。これは、上で述べたような松江南高校で経験したことがそのまま当てはまるのではないか、と考えます。勉強の仕方」「各大問の取り組み方」をあまり知らないままに、ぶっつけ本番で受験してはいないか?思わぬところで取りこぼしたり、時間をかけ過ぎるあまり、最後に類時間切れになったりはしていないでしょうか?そして「やりっ放し」になってはいないでしょうか?昨年私が担当した3年生は、日頃の模試成績は、私が北高に勤務してから最低の生徒たちでしたが、こうした「勉強の仕方」に徹底的に取り組み、見直し」を徹底することによって、過去最高の得点をたたき出しました。その生徒たちが現在補習科で学んでいます。彼らには今でも「勉強の仕方」を強調して、この夏休みには特別に「センター試験講座」を開設して、演習に励んでいます。先週は第5問の「物語文、今日は第3問Bの「不要文削除問題」を取り上げました。いったんやり方を身につけてしまえば、後は「語彙力」さえ磨いておけば簡単に解くことが出来ます。

 昔と違って、センター試験で失敗すると、取り返すのが困難になっています。4倍も二次配点がある東京大学の入試でも、センター試験でつまづいた生徒が挽回するのは至難の業です。私は、松江南高校時代は「センターで少々失敗してもいくらでも二次で挽回できる!」と自信を持って断言していましたし、また実際に結果もそうなっていたんです。どこまでなら挽回・逆転できるかを、きちんと数値で計算して、送り出していました。こうやってひっくり返した生徒たちがたくさんいたんです。しかし、今は違います。センターで高得点を取るのが当たり前、というのが常識になってきています。♠♠♠

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中