「大平山」

◎週末はグルメ情報です!!

 門司で一番のラーメン屋さんは「大平山」(たいへいざん)という情報を聞きつけ、駅前からタクシーで飛ばしました。行列こそできていませんでしたが、平日にもかかわらず、店内は満員、大盛況でした。やはり人気店なんでしょう、お客さんがひっきりなしに入ってきます。創業50年以上の老舗だそうです。店内は、中央の厨房沿いにカウンター席、4人掛けテーブル席が壁沿いに多数。お店は、5人でやっている様子。壁に貼られた短冊メニュー。メニューは、基本のラーメンをベースにトッピング多数のメニューで、あとは「おにぎり」数種類のみ。私はオススメの「大平山ラーメン」(750円)を注文しました。たっぷりスープに、チャーシュー3枚、モヤシ、メンマ、青ネギ、煮玉子のトッピング。コショーが。うひょ~!!美味しそう!スープは、醤油豚骨味でアツアツ。サラッとしていますが、油膜多めで旨味タッ~プリ。麺は、食べ応えのある太めの平打ち麺です。モヤシ、濃厚スープが絡んでウマウマ。チャーシューは、ペロンペロン。しっかり味が浸みていて、脂身まで美味しい。ついでに「チャーシューおにぎり」80円も、食っちゃえ。このお店には、カウンターの上におにぎりが所狭しと並べられています。それが、このお店の風物詩のような感じに見えるから不思議ですね。作り置きで冷めているので、温かいラーメン・スープと食べると丁度イイ感じ。普通のラーメンと太平山ラーメンでは、チャーシューが1枚と煮玉子が入っているかどうかの違いのようです。しばらく待つと、太平山ラーメン」が運ばれてきました。トッピングは、チャーシュー3枚、メンマ、もやし、煮玉子、ネギ、麺は、少し太めの中太のストレート麺、スープを1口すすると、しっかり出汁は出ており、つい魅せられてしまう。このスープが、お客さんを惹きつけている秘密でしょうね?煮玉子にも、チャーシューを煮込んだタレで煮込まれているのか、よく味が付いている。さらさら~っと完食しました。

 麺はもちろん、ラード、チャーシュー、メンマまで全部自家製というこだわりを持つ門司港を代表するラーメン屋さんです。あっさりした秘伝の醤油豚骨スープに、太めの麺がよく絡み堪らない味でした。昔なつかしい昭和レトロを感じさせる中華そばで、ここ数年で食べたラーメンでは、間違いなく一番の味でした。精算にレジに行ったら、お持ち帰りのラーメンやトッピングが並んでいました。早速お願いして持ち帰り用のラーメン(麺、醤油だれ、スープ、チャーシュー、メンマ、コショーがセット)を頼みました。帰りのかばんが重かったけれども、その甲斐あって家でも美味しいラーメンを食べることができました。満足のラーメン屋さんでした。時代が変わっても、変わらない味がここにありました。

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中