KURO

 岡山市を走る岡山電気軌道(通称・岡電)の路面電車は、路線の総延長4.7kmという日本で一番短い路面電車です。JR岡山駅東口前を出て、真正面の道路向こうに、岡山電気軌道の岡山駅前電停があります。路面電車は、岡山駅前から東にまっすぐ延びる「桃太郎大通り」の中央部を走っています。5分おきに走っており、待たずに乗れる市民の足として、地元で親しまれている存在です。この岡山で昭和44年から運行している最古の電車を、新しくリニューアルしたレトロ感たっぷりの電車が走っています。ボディは岡山城(烏城)にあわせて「烏の濡れ羽色」の黒を使用してあります。車内も半世紀前のレトロ感を生かし木が多く使われています。デザインは、JR九州「特急つばめ」をデザインした水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生(先生は岡山出身)です。名前はくろ」(KURO)です。

 岡山電気軌道の3007が、竹久夢二生誕130年記念号「KURO×夢二電車」になり、2014年4月10日に営業運転を開始しました。岡山生まれの芸術家、竹久夢二生誕130年を記念したもので、水戸岡鋭治先生がデザインし、塗り直した烏の濡れ羽色に、夢二の絵画をモチーフにしたデザインとなっています。

 車内は外観同様、大正ロマンを彷彿させるレトロな雰囲気。座席は水戸岡先生のデザインらしく木のぬくもりを感じさせる昔ながらのものです。使い込まれた感のある渋~い吊り革や、ぬくもりのある白熱灯、などレトロ感を生かした懐かしさの漂うデザインです。中吊りにはもちろん夢二のポスターが。

 「KURO」は東山線を一日5往復していますが(私は予め時刻表を調べて乗車しました)、冷房設備がないため、残念ながら夏場(6月~9月)は運休となりますのでご注意を!私は水戸岡鋭治先生の大ファンなので、先生がデザインした車両は全部乗ってみたい、と壮大な目標を立てているんです(笑)。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中