for ages

 かつて私たちの『ライトハウス英和辞典』の校正刷の中に、I haven’t seen you for ages[an age]という用例が見られ、それに対してボリンジャー博士は、「単数形は用いない」と明言されましたた。イルソン博士も、次のような容認度判断をなされたのです。

        I ‘ve been waiting for ages./ *for an age.
        I haven’t seen him for ages./ in ages./ *for an age.

 in agesは、*I have seen you in ages./ *I’ve been waiting for you in ages./ I haven’t seen you in ages.というボリンジャー博士の判断からも分かるように、否定文で用いる表現です。今でも一部の英和辞典に見られる、for ages [an age]といった示し方やfor ages = in agesという安直な見出しの立て方が、いかにナンセンスなものであるかがお分かりいただけるでしょう。英語の使い方も一筋縄ではいきません。

▲イルソン博士に広島でお会いして本場紅茶をいただく 私も若いな

広告
カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中