九州鉄道記念館

 鉄道をテーマにした博物館は、全国にいくつもあります。私は今これを全部制覇しようと目論んでいます(笑)。昨年は京都にグランドオープンした「京都鉄道博物館」に行きましたので、今回は、門司港にある「九州鉄道記念館」(2003年8月オープン)の訪問です。かつて九州初の鉄道会社「九州鉄道」の本社が置かれ、九州各地への鉄道網形成の起点となった門司港です。明治時代に建てられたレトロな赤レンガの洋風建築で、より深く九州の鉄道の魅力を学ぶことができます。九州の鉄道の歴史を当時の写真やレール、模型などで紹介しています。また屋外には九州で活躍した蒸気機関車から、電車特急「にちりん」など、懐かしい歴代名車両を9両実物展示しており、その一部4台には実際に乗ってみることもできるんです。蒸気機関車2両(9600形、C59形)、電気機関車2両(EF10形、ED72形)、電車2両、気動車1両(キハ07形)、貨車1両(セラ1形石炭車)、ブルートレイン客車1両(スハネフ14 11)の9両、いずれも国鉄当時の九州で活躍したもので、鉄道史の証人ですね。

   

   「九州鉄道記念館」は、1891年(明治24年)に九州で最初にできた「九州鉄道会社」の本社として建てられた鉄骨レンガ造り2階建ての本館(通称:赤レンガ)にまず注目したいですね。経済産業省の近代化産業遺産(北九州炭鉱―筑豊炭田からの関田乳そう・貿易関連遺産)に認定されています。また、日本初!ミニ鉄道公園」では実際の鉄道と同じような作りで、子供でも運転ができ、「811系運転シミュレーター」「九州の鉄道大パノラマ」など、1日で鉄道が学べる展示コーナーが随所にあり、鉄道ファンから家族連れまで楽しめる「鉄道ミュージアム」となっています。私は門司港駅に着くとすぐに右折して、この「九州鉄道記念館」を目指しました(歩いて5分)。レンガ造りの中央正面ゲートを入って、入場券(300円と安い!)を求めると早速見学開始です。

 ここは、根強いファンも多い古き良き時代の鉄道車両の展示から、列車運転をシミュレータで体験できる最新鋭のマシン、実際にミニ列車を運転できるミニ鉄道公園など、鉄道に関するものなら何でもござれの施設です。まずは入り口で出迎えてくれた本物のSL(型番:59634)、いわゆる蒸気機関車の圧倒的な存在感に感動!テレビや映画などでは目にする機会も多いですが、やはり実際に目の前にそれがあるのとでは断然感慨深さに差がありますね! キハ07-41やED72―1など、時代を追って計9種類もの車両が並べられた車両展示場は、初めて来る人にもインパクト十分。中には実際に乗り込めるものもあり、ひとときの旅情に浸れちゃいますよ。これだけで来た甲斐があったなと思える心憎いスポットですが、本館・その他にはまだまだ感動の要素が詰まっています!

 その本館の外観でまたビックリ!この巨大なレンガ造りの建造物は、門司駅(現・門司港駅)の開業と共に、同年にこのエリアで鉄道を運転開始した九州鉄道の本社として建築されたものです。現在はJR九州の所有で、1909年製の四輪の三等車を復元した木造客車(100年前のプラットホームの会話が再現されている)、811系電車の実物運転台による運転シミュレータや、九州の鉄道の歴史のパネル展示、大パノラマの鉄道ジオラマなど、ここならではの仕掛けが盛りだくさんです。 記念コインの自動販売もなされており、私は大好きな「ソニック」のコインをゲットしました。2階には鉄道の歴史を気軽に知ることのできる常設展示や企画展示がされ、昔の鉄道器具を用いたクイズ(正解はシートを上に持ち上げることで閲覧)など、鉄道ファンでなくても楽しめるコーナーが目白押し。歴代の名列車の「ヘッドマーク」「制服」「長距離切符」の展示コーナーも圧巻でした。中にはコンピューター上で閲覧できるデータライブラリーもありますので、初めて訪れた人でも、帰る頃には鉄道博士になっていることでしょう!入り口奥には、鉄道商品販売コーナー「ショップゼロマイル」もあり、ありとあらゆる鉄道グッズや門司港レトロ関連商品が置かれていました。私はおみやげに「鉄道クッキー」を買って帰りました。クッキー1枚1枚に車両がプリントされています。また本館の隣の屋外では、ミニ列車を運転できる「ミニ鉄道公園」が要注目!敷地内に引かれた軌間450mmレールの上を本物の列車さながらに走るミニ列車があります。一見遊園地のようですが、その内容はなかなか本格的なもので、線路も単線・複線があり、実物のように信号機が設置されていました。1回300円で運転体験ができます。ミニ車両は「かもめ」「つばめ」「ソニック」「ゆふいんの森」近郊形電車の5種類。実物の展示車両が旧国鉄時代のものであるのに対して、こちらはJR九州の現役の車両が勢揃いしています。満足の鉄道ワンダーランドでした。さて、次はどこの鉄道博物館を目指そうか?大宮?❤❤❤

 この鉄道記念館の詳しい「案内リーフレット」をPDFでダウンロードすることができます。行ってみたい方、興味のある方はぜひご覧ください。⇒コチラです

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中