袖師地蔵

 「嫁が島」を望む宍道湖畔に、私が一番好きな「袖師地蔵」(そでしじぞう)が二体佇んでいます。私はいつもこのお地蔵さんの前を通るたびに、手を合わせています。不思議なことに、このお地蔵さんを見ると心が落ち着きます。私の癒やしスポットなんです。中でも特に、宍道湖に沈む夕陽に浮かぶお地蔵さんの姿は、神々しいくらいに厳かで、私の大好きな写真スポットなんです。ここを通るたびに写真を撮しています。お地蔵さんの表情が日ごとに変化しているようにさえ思えてきます。

 このお地蔵さんは、その昔、嫁ケ島沖は難所であって、ここを通過する船はたびたび遭難し、この水難者を供養するために建てられたと伝えられています。江戸時代初期に建てられて、現在で三代目(平成5年建立)だそうです。この場所には、そのことを詳しく説明する碑まで設置されています。今日も写真を撮っちゃいました。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中