イノダコーヒ

◎週末はグルメ情報です!

 京都に行ったら絶対に「イノダコーヒ」(コーヒーではありません)の「アラビアの真珠」を飲まねばならないと思って、京都駅に降り立ちました。八条口「アスティロード」「イノダコーヒ」の支店があるはず。訪れてみると、何と店の前には行列が出来ていました(京都から帰るときにも立ち寄りましたが、また長い行列でした。人気店なんですね)。喫茶店に行列するなんて松江では考えられません(唯一の例外は3年前にできた「コメダ珈琲」くらいかな)。今や京都の観光名所の一つになりつつある、イノダコーヒ。創業1940年という歴史と伝統あるコーヒー店の味は、今もなお引き継がれています。「京都の朝は、イノダコーヒの香りから」

dsc01283

 しばらく並んで、店内に案内されました。普段はコーヒーはブラックで飲む私ですが、この「アラビアの真珠」に限っては、ミルク・砂糖を入れて飲むのが絶品と聞きました。蝶ネクタイをした女性店員さんが「ミルクとお砂糖を入れますか」と訊いてきました。もちろん入れてもらいました。イノダコーヒのこだわりの伝統を味わいたいならぜひ砂糖・ミルク入りです。このミルクもまた、他の喫茶店のミルクや家庭用のミルクとは一味違うものなんだとか。それと、以前食べて絶品と感じた「アップルパイ」も一緒に注文です。このアップルパイが絶品なんです。私は「アップルパイ」には目がないので、美味しいと噂を聞くといても立ってもいられなくなります。しっとりしつつもアップルのシャリシャリした食感が堪らないアップルパイです。
中に入った私の大好きなレーズンもうれしい。パイ生地に香り豊かな発酵バターを折り込んで、こぼれそうなほどたっぷり入ったリンゴが堪らないスイーツです。ちょっと大きめサイズのアップルパイは、ナイフとフォークで上品にいただきます。

 こだわりの「アラビアの真珠」は、モカマタリをベースにしたヨーロピアンタイプの深煎りのブレンドで、昭和15年以来変わらずに、圧倒的な味を保っているそうですよ。酸味40%、香り38%、コク28%、苦味13%、までは判明しています。確かに美味しいコーヒーでした。それにしても、喫茶店に行列して並ぶというのは、松江では考えられないことです。店内も満杯状態です。京都で一番の喫茶店なんですね。

 コーヒーが美味しいのはもちろんなんですが、提供されるお水がまた抜群に美味しいんです。京都の美味しい水を使って淹れられた一杯は、ここでしか味わうことができません。ずいぶんこだわった一杯だなと感じます。ちなみに今までお水が美味しいと思ったのは、私の定宿である広島・リーガロイヤルホテル最上階のフレンチ・レストランだけです。「こんな美味しいお水飲んだことない!」と店員の方に告げていました。以来、私は必ずここで食事をすることに決めています。❤❤❤

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中