N4

 私はコイン・マジックはほとんどやらないのですが、現象の強烈なギミック・コインだけは、結構買っているんです。発売されたときに買っておかないと、すぐに入手不能(絶版)になってしまうからです。以前、「N3コインセット」が出た時から、この「N4」が待ち望まれていましたが、なかなかマーケットに出回りませんでした。
N3」は、銀貨(ハーフダラー)⇒銅貨(ペニー)に変化します
N4」は、この反対で銅貨(ペニー銀貨(ハーフダラー)に変化します

このギミックコイン、なかなかの出来で、いろいろな使い方が考えられそうです。

 取りだした2枚のコイン、銀貨(米国ハーフダラー)銅貨(イングランドペニー)を観客に渡して、握ってもらいます。その中から1枚銅貨を取出し、演者の指先に持ちます。観客はまだ銀貨を持っています。演者が持っている銅貨ペニーにフッと息を掛けた瞬間、一瞬で銀貨ハーフダラーに変わってしまいます。観客が握っているコインを見てもらうとそれは銅貨ペニーです。瞬間に入れ替わりました!すぐに2枚のコインを観客に渡し検めてもらいます。変化後のコインは即、裏表検められます。動画のように、「N3」「N4」を組み合わせるとさらにビジュアルで不思議な変化現象となります。即リセット完了。シェルは使っていません。両手が空から始まり空で終われます。ギミックコインにはフラップはありませんので、ゴムが切れるといった心配は全く不要です。変化後の裏表の検めも完璧です。宙にコインを投げて裏表見せられます。フラップでもない、シェルでもない、精巧な新ギミックが見せる瞬速のコインチェンジです。あらゆるコインマジックにこの「N3」「N4」を取り入れてビジュアルなコインチェンジを楽しむことができます。

 私は普段こんな使い方をしています。イングリッシュペニーハーフダラーを片手に持ち示します。他には何も持っていないことを確認した後に、「一瞬ですから、よ~く見ていてください」と言って、その2枚を右手から左手に投げて飛ばします。左手でキャッチしてそのまま握ってしまいます。両手を握った状態で、まず右手には何も持っていないことを示し、今度は左手をゆっくりと開きます。そこにはハーフダラーしかありません。コインはすぐに両面を観客に示します。イングリッシュペニーは、あろうことかポケットの中から出てきます。このギミック・コインの優れた点は、次のような点でしょう。 ♠♣♥♦ 

・すぐに簡単にセットができる。
・リセットもすぐに出来ます。
・簡単に演技が出来ます。技術不要。
・どんな場所でも演技が出来ます。
・空の手から始め、空の手で演技を終われる。

広告
カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中