ベニ屋のカレー

 JR鳥取駅を降りて、若狭街道を歩くこと5分、創業昭和23年、カレーが名物の老舗喫茶店「ベニ屋があります。鳥取大学に通う教え子たちが教えてくれた美味しいお店です。鳥取県はカレーの消費が全国でもトップだそうで、カレー推しな県という事でも知られています。店内には、宮川大輔ケンドーコバヤシ、最近の所では、スピッツのサインもあったので、有名人の通う店としてメディアに露出する事もあるのかもしれませんね。県外から足を運ぶ人も多いようで、この日も、観光客らしき人が店内に結構いました。

 このお店は営業時間が朝8時からと、めちゃくちゃ早い開店だということ。これは、旅行者にとっては、時間を有効に使えるのでありがたいですね。そして、朝から高カロリーな食事をとっても、その足で、運動がてらに鳥取砂丘を歩けば、カロリーを消費しながら観光もできますよね。今日は「ベニ屋」のご主人に「なんでこんなに朝早くから営業しておられるのですか?」と聞いてみました。特に土・日になると、ビジネスマンの人たちが8時の開店を待ってなだれこんで来られるそうです。朝カレーを食べた後に、次の仕事に出かけて行かれるという光景があるんだそうです。8時から9時までが激戦の時間帯ということでした。ご主人の写真も撮らせていただきました。ご許可をいただいて掲載します。

 名物はチキンカツカレー(800円)。私も朝8時からカレーです。見た目は、黒っぽく欧風カレーのようで、ジャガイモやニンジンがゴロゴロ入ってないのが特長。味は少し甘くてコクのあるカレー。カレーってスパイスの配合で個性が出しやすい料理だとは思いますが、このお店のは良くも悪くも日本人好みしそうなカレーです。ということで非常に食べやすい。1週間以上かけて作るカレーは、創業から製法が変わっていないようで、60年以上経過した今でも愛されているということは、完成度がいかに高いかがうかがえます。やる気のない喫茶店が、業務用のカレーでお茶を濁している事を考えると、このお店はさすがに老舗だなと感じます。美味しくいただきました。❤❤❤

◎週末はグルメ情報です!!

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中