福満さん世界2位に!

★学生科学賞代表の福満さん世界2等!★

蚕の繭のイラスト

 昨年末の「第60回日本学生科学賞」(読売新聞社主催、旭化成協賛)において、全国の中学・高校から参加した約6万点もの研究作品の中から、高校の研究作品15点が中央最終審査に臨みました。そこで、島根県立益田高校・理数科3年福満 和(ふくみつのどか)さんの研究「ローダミンBの赤い繭・青い繭」「文部科学大臣賞」を受賞して、今年5月にアメリカ合衆国のロサンジェルスで行われる「ISEF世界大会(International Science and Engineering Fair・国際学生科学技術フェア)」の日本代表に選出されたことを報告しました(⇒コチラです)。

 世界の高校生が、科学技術研究の成果を競う、世界最大の科学コンテスト「国際学生科学技術フェア」(ISEF)の優秀賞が5月19日、ロサンジェルス・コンベンションセンターで発表されました。福満さんはこの4月から慶応大学・環境情報学部で学んでいます。動物科学部門」2等に選ばれました。78カ国から1778人が参加しました。学生科学賞の日本代表者の受賞は2年ぶりだそうです。すごいことですね。一緒に渡米しておられたお父様の福満 晋先生より、受賞直後に嬉しいご連絡をいただきました。早速5月20日の『読売新聞』『朝日新聞』にも取り上げられましたね。受賞の詳しい様子については、「日本サイエンスサービス」のホームページが詳しく取り上げています。⇒コチラで読むことができます   下記の報告文書(大会の写真多数)も併せてお読み下さい。

 本校ALTのエドワード先生と一緒に、英語のアブストラクトを少しだけ協力させていただいたんですが、エドワード先生もめっちゃ喜んでいました。島根県出身の生徒が日本のみならず、世界を舞台に活躍するというのは、とっても嬉しいことですね。福満さん、おめでとうございました。❤❤❤

ISEF世界大会(報告)

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中