万博記念公園~森のトレイン号

 エキスポ70」が開催された「万博記念公園。 大人の入場料が250円と格安で、1日では回りきれないほど見どころ満載のスポットです。自然公園はあまりにも広大すぎるので、後で紹介する「森のトレイン号」期間限定)に乗るのもオススメです。 園内に入ったら、必ずマップを手に入れて。歩きやすい靴で、森林浴をしましょう。

 私は大行列に並んで、入場券をゲットして、まずは岡本太郎さんの「太陽の塔」をじっくりと観察しました。実物を見るのは初めてです。「太陽の塔」は、芸術家の岡本太郎さんがデザインし、1970年に開催された「日本万国博覧会」のシンボルゾーンにテーマ展示館として、母の塔・青春の塔・大屋根(長さ292メートル、幅108メートル、高さ約40メートル)とともにつくられました。塔の頂部には金色に輝き未来を象徴する「黄金の顔、現在を象徴する正面の「太陽の顔、背中側には過去を象徴する「黒い太陽」という3つの顔を持っています。過去・現在・未来を貫いて生成する万物におけるエネルギーの象徴で、生命の中の心、祭りの中心を示したモニュメントです。構造は、鉄骨、鉄筋コンクリート造りで一部軽量化のため吹き付けのコンクリートが使われています。また、内部は空洞になっており、博覧会当時は展示空間でしたが、現在は公開していません。「太陽の塔」は過去・現在・未来を貫いて生成する万物のエネルギーの象徴であると同時に、生命の中心、祭りの中心を示したもので、博覧会開催期間中、テーマ館の来館者(約920万人)に多くの感動を与えました。40年を経た今でも、この塔はシンボルマークとして残されています。

 この公園は広大な敷地面積を誇っていて、「日本庭園」「花の丘」「自然文化園」「けやきの丘」「夢の池」「ソラード」など、見るべきところが山のようにあります。私は、公園入り口で並ぶのに疲れたので、この広い公園を歩いて回るエネルギーは残っていません。広場に汽車ぽっぽのような乗り物が待機していました。森のトレイン号」です。300円で園内を一周してくれるといいます。私は公園の果てにある「花の丘」で、「ポピー祭り」を見たかったので、楽チンをして乗ってみることにしました。女性の車掌さんが、アナウンスで公園の豆知識を披露してくれるのもありがたいですね。私は途中いったん汽車を降りて、「花の丘」を歩いて目指すことにしました。公園内の西の端にあるゆるやかな丘陵にあります。春を待ちわびたように、暖かい日差しを取り込もうと空に向って、ポピーネモフィラの花が咲き乱れていました。 赤、白、黄色、橙色などカラフルなポピーの花は広い丘いっぱいに咲く景色はなんともカラフルで見る人の心をも暖かくしてくれます。花以外は小さな展望台があるだけで何もありませんが、まさに花のためにだけ作られた贅沢な土地ですね。丘陵がやや丸みを帯び、それが一層、開放感を煽っている。花々も豊かにそして輝きを放って、広い空を我がものにしようと、近くに引き寄せているようです。あまりの美しさに、思わずカメラを向けていました。あの大行列がなかったら、日本庭園」やその他の場所も歩いてみたかったんですが、次の予定も押していたので、今回はここだけで我慢しておくことにしました。NIFRELへ向かいます。また訪れて、ゆっくりと歩いてみたいと思っています。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中