池泉牡丹

 ゴールデン連休最後の5月7日には、大根島の「由志園」(ゆうしえん)に行ってきました。「とっとり花回廊」「足立美術館」と並んで、私の三大癒やしスポットの一つです。お目当ては、毎年この連休中に開催されている「池泉牡丹」(ちせんぼたん)です。昨年もちょうどこの連休中に訪れています。(⇒私のレポートはコチラです)

 

 昨年は、初めてとなる新企画の「イエローガーデンフェスティバル」が2日間限定で開催されました。「三万輪の池泉牡丹」(ちせんぼたん)「黄金の池泉牡丹」の両方を鑑賞することができました。大池(三万輪の池泉牡丹エリア)は、紅白の牡丹(白とピンク)による池泉牡丹です。三万輪ともなるともう圧巻ですね。昨年は、30,000輪の紅白牡丹が浮かぶ、その横で15,000輪の黄色牡丹が浮かぶ、というものでした。黄色牡丹の評判がとてもよかったのでしょう。今年は、5月7日(日)の一日限定で、30,000輪の黄色牡丹と20,000輪の紅白牡丹が池に浮かびました。まさに3万輪の黄金牡丹は、池を黄金色に染めあげていましたね。

 大根島で栽培される牡丹は、本来は花ではなく、苗を販売するために育てています。 品種交配などの目的で開花した花は、以前は摘み取って捨てていたそうですが、その牡丹の花を有効活用しようと、2011年からゴールデンウィークに行われる「大根島ぼたん祭り」に合わせて池に浮かべるようになったそうです。今年はゴールデーンウィーク最終日5月7日限定で、奇跡の絶景「黄金の池泉牡丹」が開催されたのです。 昨年は、牡丹苑路のみの光景でしたが、ことしは3万輪の池が黄金に染まりました。ものすごい数の観光客が訪れ、カメラのシャッター音が響き渡っていました。私もすっかり虜になってカメラを構えていました。きれいでしょ?❤❤❤

 

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中