松江市営ハイブリッドバス

 松江市交通局は、新たに採用した2台の「大型ハイブリッドバス」を、4月12日から基幹路線の南北循環線に1台ずつ投入して走らせています。今日たまたま、松江市立病院の前で目撃しました。車体が私の大好きな素敵な濃紺ブルーです。思わず見とれてしまい写真に撮りました。ぜひ一度乗り心地を試してみたいと思っています。

 環境保全に対する取り組みを進めている姿勢を示すとともに、その思いを理解した市民らの公共交通機関の利用につながることを期待し、同局が導入したもので、ボディーには、市環境基本計画の基本理念「世界に誇る環境主都まつえ」などの文字を記し、合わせて「バスdeおでかけ」とバス利用をPRしています。

 日野自動車製で、全長10・6メートルで定員76人(うち座席数30)。ディーゼルエンジン電気モーターとの組み合わせで、燃費は1リットル当たり5.1キロと通常の大型バスに比べて1.1キロ上回っています。一方、炭酸ガスの排出量は1キロ当たり507グラムで、通常の大型バスより32グラム削減され、年間排出量は1台あたり1.1トン削減できるそうです。通常はエンジンで走りますが、発進や加速時にはモーターが回転して補助します。これにより発進・加速はかなり静かになりますね。信号待ちなどの停車中は、エンジンが自動的に止まります。購入費は2両合わせて約6790万円。一部は国の補助を受け、約半額を市の補助でまかないます。

 同局は、今回導入した2両を含めてバス車両を68両保有し、うち4両はCNG(圧縮天然ガス)車両。今後、順次ハイブリッド車両に切り替えていく方針で、環境保全に対する市の姿勢を示す『走る広告塔』としたい」としています。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中