グリーン車

  私はJRで旅をするときにはほとんど「グリーン車」を利用します(上の2枚の写真はどの特急列車のグリーン車か分かりますか?当ててみてください)。ゆったりと快適な旅を楽しみたいからです。「グリーン車」は、運賃や特急・急行料金以外に別途料金が発生する、特別な車両です。飛行機のクラスと同様に、良い座席は料金がかかる分、設備もサービスも上質で、ゆったり乗車できることから、ラッシュアワーの混雑を避けたい時や、長距離旅行、ハイクラスの人々の移動などに長く愛されてきました。「グリーン車」は、そもそもどのように生まれたのでしょうか?また、なぜ「グリーン車」と呼ばれるのでしょうか?

 国鉄の車両はかつて、一等車、二等車、三等車の「3等級制」でした。その後1960年(昭和35年)に、一等車、二等車の「2等級制」へ。1969年(昭和44年)の運賃改定時、等級制は廃止され、運賃と特急・急行料金の単一化が図られます。その際、2等級制時代の1等座席車が「グリーン車」と名づけられ、運賃と特急・急行料金のほかに「グリーン券」を購入することで、誰でもグリーン車に乗車できるようになったのです。なぜ「グリーン車」と呼ばれたかといえば、前身である2等級制時代の一等車の窓の下に淡緑色(若葉色)の帯が塗られていたこと、また一等車の切符の色がグリーンであることにちなんだと言われています。が、1978年の塗装規程改定により淡緑色の帯を入れることは廃止され、JR分社後の現在では、幸運に巡り会えるという四つ葉のクローバーを模した黄緑色のグリーンマークのみが残っていますね。 

 このようなグリーン車の起源が、昨年(2016年度)福岡工業大学の入試で、英語の長文問題として出題されています。次のような英文でした。

  In Japan, some trains have special cars called “Green Cars” that are fancier and have larger, more comfortable seats. Basically, they are the same as first-class cars in other countries. The fare in these cars is higher, so you need to buy a supplemental ticket if you want to ride in them. Japanese trains used to have three classes of cars, but the system was changed in 1960 to a two-class system. Then,  in 1969, the name for first class was changed to Green Car. This name was chosen because first-class cars used to have a green stripe on the side under the windows, so passengers already associated the color green with first class. Today, the stripes are gone and cars are marked with a large, green four-leaf clover.    

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中