Once more

 英語検定の面接委員をやっていた頃に、私が発する質問がわからなくて、”Once more.”と聞き返す中・高生がずいぶんいました。もう一回言ってください」という気持ちなんでしょうが、カチンときたものです。中・高の現場の先生との練習で、分からないときにはそう言って聞くんだよ、と指導されてきたからでしょうか。しかしこれはずいぶん失礼な英語です。そのことは、pleaseをつけてもたいして変わりません。

 この表現の典型的な使い方は、教師が生徒に向かって「もう一回!」という感じです。Once more./Once again.は、繰り返し練習の時に、教師から発せられる命令言葉です。決して「もう一度おっしゃってください」という意味でありません。

 最近出たキャサリン・クラフト『日本人の9割が間違える英語表現100』(ちくま新書、2017年)によれば、Sorry?/ Excuse me./ What did you say?/ What was that again?/ Please say that again./ Could you repeat that?/ Could you say that one more time?/ Pardon?などが、普通の表現です。なお、最後のPardon?は、「ずいぶんとかしこまった古い表現のように感じられます」とのことです。❤❤❤

 

広告
カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中