リビドーの「アップル」

★エーッ、閉店なんて!!  ショック!!

 もう30年以上も前から、山陰の洋菓子グループ「リビドー」は私のお気に入りの洋菓子店です。松江には、今では一畑百貨店の地階と、裁判所隣の2店舗があります。以前は、勤務先の松江南高校の坂を下りたところにも、リビドーの店舗があり、よくここの会議室を借りて、英語科のみんなでケーキを食べながら校内模試や定期考査の問題作成検討会(!)をやっていたころを懐かしく思い出します。古き良き時代です。ちなみに、英語のlibidoはどんな意味かご存知ですか? “someone’s desire to have sex”(性的衝動)という意味で、およそケーキ屋さんとは無縁のネーミングです。いっぺん関係者に聞いてみたい店名ですね(笑)。

 私は中でも、当初からある『アップル』というケーキが大好きです。味もデザインも傑作です。これを超えるケーキにはなかなか出会いません。店名は違いましたが、大田や益田のケーキ店でもこれと同じ「アップル」を売っていましたから、おそらく同じ系列店なんでしょうね(松江を離れて大田高校に勤務を始めたとき、ケーキ屋さんでこのアップルを見つけたときの喜びを今でも覚えています)。まさに名前の通り、リンゴの色と形をしていて、中にクリームとカステラが。ついでながら、写真の隣に写っているのが、甘さ控えめのロッド』というケーキで、私はリビドーでは必ずこの二つを買っています。新しいケーキを創造する若手パティシエの育成は大切かと思いますが、昔の伝統をしっかりと守り続けていただきたいお店です。 年月とともに新しいケーキがどんどん生み出されていますが、トレンドだけに流されない本流ともいえるものが脈々と流れているのを感じるお店です。リビドーの社是にもなっている、「温故知新」の精神が織りなす結晶ともいえるケーキたちを大切にしていってもらいたいですね。

dsc02761

 と、この下書きをアップしようとしていたところ、今日3月30日、一畑百貨店地階に降りていくと、何となじみだった「リビドー」のお店が跡形もなくなくなっているではないですか!「銀座コロンバン」のお店に変わってしまっていました。ポテトサラダをいつも買っている「八六亭」のなじみの店員さんに聞くと、3月26日をもって閉店されたとのこと。いつも旅先から帰ってくると、松江駅から直行してここでケーキを買って帰っていたのに…、ショックです。急なことだったようです。今日まで全然知りませんでした。「リビドー境港店」も3月いっぱいで閉店と聞きました。そんなに景気が悪そうには見えなかっただけに、ちょっと驚きでした。これからは、裁判所横の「松江店」まで買いに行かねばなりません。老舗のお店も大変なんですね。松江で一番美味しいケーキ屋さんはここだ、と八幡は思っています。❤❤❤

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中