追悼・渡瀬恒彦

 私が大好きだった「十津川警部」シリーズなどの、テレビドラマでも親しまれた俳優の渡瀬恒彦(わたせつねひこ)さんが、3月14日午後、多臓器不全のため東京都内の病院で死去されました。72歳でした。3月からの撮影に向けて復帰準備をしていましたが、2月中ごろ気胸を発症して入院加療。3月に入り敗血症を併発し、多臓器不全で14日午後11時18分に息を引き取りました。所属会社は、「渡瀬恒彦のファンの方々、撮影をご一緒させていただいたキャスト・スタッフの皆様から並々ならぬご声援をいただき、最期まで幸せな俳優人生を全うできましたことを心より感謝申し上げます」とコメントしました。広告会社勤務を経て東映に入社。1970年に映画「殺し屋人別帳」で主役としてデビュー後、「仁義なき戦い」など東映やくざ映画で血気盛んな若者を演じ、一躍スターとなった。78年には「事件」「皇帝のいない八月」「赤穂城断絶」で数々の映画賞を受賞し、幅広い役をこなす演技派として評価を高めました。80年代も「セーラー服と機関銃」「天城越え」「時代屋の女房」「南極物語」といったヒット作で存在感を発揮。テレビではNHK連続テレビ小説「おしん」で主人公の初恋相手を演じて話題となりました。「十津川警部」「タクシードライバーの推理日誌」といった2時間ドラマのシリーズや、連続ドラマ「おみやさん」で主演し、大きな人気を集めたのは記憶に新しいところです。2015年、胆のうに腫瘍が見つかった後も、治療を受けながら精力的に仕事を続け、4月スタートのテレビ朝日系ドラマ「警視庁捜査一課9係 season 12」にも出演予定でした。そんな矢先の出来事でした。

 24年も続いた大好きだった十津川警部シリーズの急な降板が発表され、心配していましたが、やはり病気には勝てなかったんですね。最近も、私はブログに渡瀬さんのことを書いています。⇒コチラです

 弟・渡瀬恒彦さんの死去を受け、実兄で俳優の渡 哲也さんが16日、こんなコメントを発表しました。

 「当初よりステージIV、余命1年の告知を受けておりましたので、今日の日が来る覚悟はしておりましたものの、弟を失いました、この喪失感は何とも言葉になりません。幼少期より今日に到るまでの二人の生い立や、同じ俳優として過ごした日々が思い返されその情景が断ち切れず、辛さが募るばかりです。  2017・3・16      渡哲也」

 渡さんは、「弟は私をはるかに超えた俳優になった。野球の投手に例えるなら、私はボーク気味のストレートしか投げられないけど、弟はフォーク、スライダー、カーブも投げられる」と絶賛。渡瀬さんは「僕の直球はスピードがないので、なんとかかわしながらやろうと考えていました」と、お互いの個性を尊重していました。この渡・渡瀬兄弟は、若い頃は剛腕でならしたものです。渡さんは青山学院大学空手部出身で、渡瀬さんも早稲田大学(中退)で空手部に籍を置きました。「渡さんは空手を鍛え抜いた強さだけれど、渡瀬さんはとにかくケンカが強かった。不良5,6人に囲まれて、全員速攻でたたきのめしたこともある」そうです。芸能界最強という噂もあります。「元プロ格闘家をKOした」「本物のヤクザが”アイツにはかなわない”と認めた」など様々な武勇伝が残っています。あの安岡力也、梅宮辰夫、松方弘樹も震えあがったそうです。最新の『週刊ポスト』『週刊文春』でもそのことに関して、特集が組まれていましたね。

 亡くなる前日に会ったマネージャーは「やせた様子もなく、容体は安定していた。4月スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「警視庁捜査一課9係 Season12」の打ち合わせで撮影に復帰する意欲を見せていた」と言います。「どこのシーンをやるんだ、とシーンナンバーを聞いていたようでした」。セリフを完璧に覚え、前日の集中治療室でも、演じる事への熱意を示していたと言います。「仕事に対する意欲や情熱、責任感は十分あったので、やらせてやりたかった。やり通せなかったことは無念だったろうと思います」と、兄の渡さん。手術は行わずに、抗がん剤と放射線治療を中心に、仕事を続けながら入退院を繰り返していました。今年2月中旬、「息苦しい」と訴え、左胸に気胸を発症し入院。3月に入り敗血症を併発し、退院はかないませんでした。

 昨年11月から今年2月にかけて撮影された、テレビ朝日系「そしてだれもいなくなった」(3月25日・26日放送)が遺作となりましたね。撮影中の現場では、移動は車椅子、呼吸を安定させるために、酸素吸入器のチューブを装着していましたが、本番の時には取り外して、毅然として現場に立ちました。文字通り命を削った俳優人生の幕引きでした。このアガサ・クリステイ原作の名小説が、見事に料理された素晴らしい遺作でした。渡瀬さんの演技を観ても、病気のことなど感じさせない熱演でした。

 十津川警部シリーズでずっと亀井刑事役を演じた伊東四朗さん(79歳)は、「私よりずっと若い渡瀬さんが亡くなったことにショックを受けています。来月ドラマでご一緒するはずでした。『おはようございます』ではなく、『お帰りなさい』と言うつもりでしたのに、『さようなら』になるとは…。十津川シリーズの54本は忘れられない財産です」と述べました。24年間で撮り続けたシリーズは54本を数えます。

 ベテランになってからは、人情味と包容力のある存在感を加え、「温厚なオヤジ」という新たな魅力をまとうようになりました。「演じたい役は?」と問われると、必ず「老人と海」と答えました。老漁師がたった一人で、巨大な獲物と格闘する文豪ヘミングウェイの名作ですね。実現していれば…、と思うと切ないです。自宅でも寺院でも、ひつぎの周りには、渡瀬さんが好きだった洋ラン、オンシジウムが囲みました。ひつぎには家族の手紙、家族旅行の写真が納められました。渡瀬さんは好きな花と家族に見守られて静かに旅立ちました。

 なお、これはあまり知られていませんが、渡瀬さんは島根県能義郡安来町の生まれです。私も能義郡広瀬町の出身です。余計に親近感を覚えてしまいます。プロテニスプレーヤーの錦織 圭さんとは親戚関係とか。♠♠♠

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中