箆津杏奈さん

 昨年の3月25日に、松江北高卒業生の箆津杏奈(のつあんな)さんが学校を訪ねてくれました。鳥取大学の大学院を修了して、鹿島建設に就職が決まったという報告に来てくれたんです。東京駅・丸の内の工事現場の現場監督の仕事が待っている、と抱負を語ってくれました。現役生のときに、受験に失敗して補習科に行くことになった際に、私に「この試練を乗り越えろ。お前なら絶対にできる!」と言われたことが心に残っていて、その言葉をずっと胸に頑張ってきたと言ってくれました。少しでも励みにしてくれたのなら、こんな嬉しいことはありません。教師をやっていて、一番嬉しい瞬間です。

dsc01230dsc01232

 その箆津さんから、今日連絡が来て、『日本経済新聞』に取り上げられたとのことです。私も毎日『日経』は読んでいるのですが、全くスルーして気がつきませんでした。取り出してよーく見てみると、なんと一面に大きな写真入りで載っているではないですか!「働く力再考 成長の条件(上)」という特集です。

組織に寄りかからない一人のプロとして腕を磨く(日経提言)

鹿島の1年目、箆津(のつ)杏奈(25)は現場監督としての経験を積む。工事は想定通り進まないこともあるが、「崖っぷちはチャンス。乗り越えたらプロとして成長できたということ」。箆津は2011年夏、豪雨被害を受けた奈良県十津川村で山肌が崩れ落ちた「深層崩壊」の現場を目の当たりにした。「自然災害から命を守る土木の仕事を窮める」と決めた。成長が社会貢献につながる今、「学生時代より楽しい」と話す。   ―『日本経済新聞』2017年2月25日付

dsc09958

 大学を卒業して就職後、3人に1人が3年以内に辞めてしまう日本。そんな中で、松江北高の卒業生がこうやって頑張っている姿は、後輩たちにも大きな励みになります。「まだまだ未熟で悔しい思いをする毎日ですので、日々の経験を大事にして、記事に負けない実力をつけます!」箆津さん。ますます仕事に打ち込んで欲しいですね。嬉しい報告でした。❤❤❤ 

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中