極楽と地獄

 「極楽と地獄はどう違うのですか?」という質問に対して、尊敬する京セラの名誉会長・稲盛和夫(いなもりかずお)さんが、仏教の教えを引用して各所で話しておられることを、引用することにしています。あの世には「極楽」「地獄」もありますが、見た目は両者は全く同じ世界です。違うのはそこに住んでいる人の心だけだと言います。

%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93 厳しい修行に明け暮れる雲水(修行僧)にとっては、うどんは一番のごちそうです。部屋の真ん中に置いてある大きな釜に、美味しそうなうどんがぐつぐつと煮えたぎっていて、つけ汁も置いてあります。ただし食べ方のルールは決まっていて、一メートルぐらいの長い箸でその端を持って食べなければなりません。極楽も地獄もここまでは全く同じ。釜の大きさも、その釜を囲んでいる人数も一緒です。ところがそこにいる人の心だけが違っているのです。

 「地獄」では、一メートルの箸でうどんをつかむやいなや、自分のそばにあるつけ汁につけて少しでも早く食べようとするのです。ところが、箸があまりにも長すぎて自分の口には入りません。反対側からは、こいつに食われてたまるものかと、人の取ったうどんを箸で引っ張る。こうして大釜の周辺にはせっかくの美味しいうどんが飛び散って、誰もうどんを食べることはできず、うどんの取り合いという阿鼻叫喚の地獄絵図が展開するわけです。

 ところが、極楽」には思いやりにあふれた人たちだけが住んでいます。そこでは「うどんができましたよ。みなさん、一緒に食べましょう。」―「それでは頂戴します。」と長い箸で釜の中のうどんを取ると、―「はい、あなたからどうぞ」と箸を伸ばし、つけ汁につけて向こう側の人に食べさせてあげるのです。この人は―「ああ、おいしゅうございました。今度は、あなたがどうぞ」と言ってその人にうどんを取って食べさせてあげる。うどんは少しもこぼれないし、誰もが穏やかに美味しく食べることができる。人々は手を合わせて、感謝しながら食べています。これが極楽絵図です。

 このように外見は「地獄」と何ら変わらない「極楽」ですが、「心の在り方」一つで同じことも全く違った結果をもたらすことを、このたとえ話は教えてくれています。私は今まで、こうした「利他の心」私は”give & give”と呼んでいます)を忘れずに生きてきました。自分が幸せになりたいという気持ちはもちろんありますが、それ以上に、自分がやっていることで他の人が少しでも喜んでくれる、人のお役に立っている、感謝してもらっている、ということが実感できれば、これに勝る喜びはありません。毎日教えている生徒たちには、授業の合間に、そんな生き方もいいもんだよ、と話しています。退職するときに、たくさんの教え子たちからねぎらいや感謝の言葉をかけていただきましたが、その時に今までやってきたことが間違っていなかったことを実感しました。これからもそんな生き方をしたいと考えています。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中