センター「第1問&第2問」~フォロー講座(4)

 松江北高は、12月30日(金)も「第4回フォロ-講座」で、生徒たちは今年最後の授業で一年を締めくくりました。今年は年を明けたらあっという間にすぐセンター試験の本番です。年末・年始はかき入れ時ですね。今日の講座は、私は第1問「発音・アクセント問題」第2問A「文法・語法問題」の担当でした。対象とした模試は「駿台青パック模試」でした。かなり高レベルの模試です。 

dsc03407

  第1問 発音・アクセント問題

 センター試験の大問で唯一満点を狙いに行ける分野です。ただし「準備」をした人だけは、という条件付きですが。全国的にも成績上位の生徒がかなり落としている分野なんです。実は、出題される単語は決まっています。私は4種類の「頻出語リスト」を公開して、それをALTの先生に読んでもらったCD「チェルシー先生、お願いします!」(2枚組)を作成して音読を奨励しています。これだけをキチントやった生徒は間違いなく満点(高得点)を取ります。▶今日の講座では、『蛍雪時代』12月号(2016年、旺文社)水野 卓先生が公開しておられる発dsc03408音・アクセント頻出語リストをみんなで音読をしました。松江東高校の緒方 孝先生作成の「センター試験発音・アクセントを間違えやすい厳選140語」(⇒コチラです)も音読練習をしました。するとたったこれだけでも、何回も同じ単語が取り上げられていることに気づきます。そう、狙われる単語は決まっているんです。基本語で「変なヤツ」が狙われます。日本語読みするとハメられる「カタカナ語」もこれの代表ですね。しっかりと対策をしておきましょう。 ▶アクセント問題の対策に関しては、「アクセント基本ルール」をプリント配布して、代表的なルールを今一度押さえました。「双子の法則」「三味線語」「イクイクルール」「ヤンヤンヤスヤントヤリテエの法則」「渋いから痛えの法則」「エイトの法則」などですね。これらを押さえておくと、意味を知らない単語でもアクセントの位置を知ることができるのが強みです。最後に、山下りょうとく先生(河合塾)の膨大なホームページ(コレお薦めの教材です)(https://ryoutoku.jimdo.com/)の中にある「センター英語9割GETの攻略法」関連ファイルに収録されている「発音・アクセント問題演習」を紹介して(⇒コチラです)、家庭で演習を積むように指示しました。大切なことは、これらは短期集中でまとめて一気に仕上げることで大きな効果を上げることができるんです。

dsc03409

    第2問A 文法・語法問題

10問の設問の校内正答率を生徒に知らせて、難易度を確認しました。10問中7問が《難》と私が判断した模試ですから、相当難しい問題です。中でも正答率が2割~3割の問題を取り上げて解説しました。このような「知識問題」は演習量が物を言う分野です。過去問でもいいでしょう。頭に入れれば入れるほど力がついていくのですから、本番ギリギリまで積み上げることが重要です。山下りょうとく先生のホームページにある「英文法・語法問題演習」(⇒コチラです)を年末・年始にダウンロードして演習するように指示しました。

 これで今年の私の校務は全て終了しました。次回は1月7日(土)に「第5回フォロー講座」が予定されています。今度は「代ゼミ直前模試」が対象です。これは今までの模試と比べずいぶんと解きやすそうです。ずっと学校に出ていたので、家の掃除・片付けが全くできていません。明日からちょっと家周りの仕事に精を出そうと思っています。あ、それと原稿書きが3本も。年明けには先日グレードアップした「おかでんミュージアム」をのぞいてこようと思っています。来年も「利他」の気持ちを忘れずに精進しようと思っています。❤❤❤

 今年も八幡を可愛がってくださったみなさん、よいお年をお迎えください。私は病院通いをしながら、なんとか年を越せそうです。来年もよろしくお願いします。

dsc03380

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中