運の良さ

 「運」の大切さに関してはたくさんの人が言っています。AKB総合プロデューサーの秋元康さんは「人生の98%は運である萩本欣一さんは「人生は丸ごと運である、HISの澤田秀雄さんの「人生の90%以上は、運に左右されている」などが思いつきます。

 中でも私が一番印象深かったのは、あの松下幸之助さんが採用面接で、「君は運がいいか?」と聞いた話です。松下さんは「運がええ奴がほしいんだす。人間はやっぱり運や。松下電器は運のええ奴で固めまんのや」と述べられました。

 いい人生をおくるためには、神様から可愛がられる運のいい人になることが大切です。亡くなった私の母が生前言っていたことは、そのためには「徳を積む」ことだといいます。徳を積んで利他の行為をしていけば、運命が好転します。いいことが向こうの方から転がり込んできます。事を謀るは人にあり、事を成すは天にあり」という諸葛孔明の言葉は、「計画をするまでは人間の力だけれども、成就させるのは神様の力、つまり徳の多少の結果だ」という意味です。

 歌手が人の2倍の努力をしたらCDが2倍売れるか??作家志望の青年が夜も寝ずに人の2倍小説を書いたからといってベストセラー作家になれるか??人の2倍練習時間を取った運動選手が大会で優勝できるか??人の2倍勉強したからといって志望校に合格できるか??現実は、努力してもなかなか結果に結びつかないというのが本当でしょう。成果は努力に比例しない」 努力したからといって、それがすぐ報われるかというと、必ずしもそうはならないのです。じゃあ、運を頼りに寝転がっていればいいか?決してそうではありません。それが報われるかどうかはともかくとして、人に倍する努力を惜しんではなりません。運は努力の先にあって、それを手にすることができるのは、努力した人間だけであると言っていいと思います。長年生きてきて、このことが実感できるようになりました。❤❤❤

dsc00345

 

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中