assumeとpresume

 3年生8R理数科の英語Cの授業で、『NEO英語を読む』(いいずな書店)のLesson 15を読んでいました。Assuming that the average airline runs 1,500 flights a day, saving as little as six minutes per flight would add up to $100 million a year(平均的な航空会社が1日あたり1500便を運行すると仮定すると、1便あたりわずか6分短縮しただけでも、1年あたり合計1億ドルの節約になるだろう)という文章に関して、私は「証拠を持っているわけではないけれども、だいたいこんな感じだと思う(assume)」と述べているのだ、と解説しました。そして、ある程度根拠がある場合にはpresumeを使うということを述べました。北高生が使っている『ライトハウス英和辞典』(第6版)には次のような【類義語】が出ていますね: 

 presume 何らかの根拠に基づいて推定すること:He was presumed to have died   in the fire. 彼はその火事で死亡したものとみなされた。 assume  証拠はないが一応事実として仮定すること:Let’s assume it to be true. それが正しいと仮定しよう。

ちなみにこの辞典の【類義語】解説は、私が25歳のときに、膨大な文献を漁り、一人で全部書き上げた作品です。以来、加筆を加えて正確を期してきました。
 すると授業翌日、クラスの女生徒が「先生、電子辞書でオックスフォード(OALD)を引くと、presumeも証拠がないと出ているのですが?」と質問に来ました。確かにOALD9(2015) には”to suppose that something is true, although you do not have actual proof”(実際の証拠はないけれど何かが正しいと想定すること)とあります。これではassumeとおんなじということになってしまいますね。”virtually interchangeable”(事実上交換可能)と説明して、どちらもほぼ同じ意味としている辞典もあるにはあります。確信がなく「推論する」という意味では両者は共通しています。しかし、厳密にはこの2語は同義ではありません。
 こんな説明をしている本があります。 Assume is closer to ‘suppose,’ or ‘take for granted’; the much stronger presume is closer to ‘believe,’‘dare,’ or ‘take too much for granted.’
これによれば、presumeはbelieve に近いと言っていますね。また、Assume and presume both mean to take something for granted as true (among their many other definitions). The difference is in the degree of certainty. A presumption is usually more authoritative than an assumption. To presume is to make an informed guess based on reasonable evidence, while to assume is to make a guess based on little or no evidence.と述べている文献もあります。やはりニュアンスが異なるのです。
 亡くなられた英語語法の権威・小西友七教授は、こんなふうに総括しておられます。presumeは「事物の存在・真実性を推量する」がこの語の本来の意味。assumeとは異なり、事実であると見なす理由があり、かつ対立する証拠がない場合に用い、結果として強い確信を持っていることを含意する。―小西友七『英語基本動詞辞典』(研究社)
 本校ALTエドワード先生に聞いてみましょう。非常に微妙な質問だとして、次のような回答をくださいました。

“Assume” and “presume” are two words incredibly similar in meaning, which makes them equally difficult to tell apart. Both words mean to “suppose”, or think something is true without knowing for sure. However, “presume” usually means that you have more information, or are generally more confident in the thing you’re supposing. In short : “assume and “presume” are very similar, but “presume” conveys more confidence.

 私がいつもお世話になっているLongman Dictionary of Contemporary English(LDCE, 2008)の次の記述は、今まで述べたことを頭に入れて読むと、「さすがだな」と感心することでしょう。OALDの定義は「推定する」の部分だけをことのほか強調した結果です。
assume: to think that something is true, although you do not have definite proof
presume: to think that something is true, although you are not certain
 この意味の違いは語源的に考えてみると、一層よく分かりますよ。assumead(=to)+sume(=take)です。それに対して、presumeはpre(=before)+sume(=take)です。
 私がいつも利用している”Grammarphobia”(⇒コチラです)に、その歴史と使い分けが詳しく出ていますから参考にしてください。
 英語コーパスによれば、assumeの方がpresumeよりも圧倒的に頻度は高い、ということは指摘しておいていいでしょう。12:1という統計もあります。

 久しぶりに北高生らしいいい質問でした。

dsc09806

広告
カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中