十津川・亀井コンビ変更へ!

渡瀬・伊東の名コンビ降板へ!

 %e6%b8%a1%e7%80%ac%e3%83%bb%e4%bc%8a%e6%9d%b1TBS系人気ドラマ「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ」の名コンビ、渡瀬恒彦(72)「十津川警部」と、伊東四朗(79)「亀井刑事」が今秋以降、内藤剛志(61)石丸謙二郎(62)のコンビに交代することが発表されました。ショックです!それもよりによって二人ともいっぺんに変わってしまうなんて!渡瀬さんはご病気のようですから、せめて伊東さんだけでも残ってくれたらよかったのに(三橋達也さんが降板した時には愛川欣也さんが残りました。愛川さんが降板した時には高橋英樹さんが残っています)。1992年から今まで全部で54作品が渡瀬・伊東コンビで作られています。同一俳優コンビによるシリーズ共演記録では最高記録だそうですよ。そのうちの50作までは、東京ニュース通信社が、西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズDVDコレクション」(全50巻)として刊行しました。私も全部購入しました。大ファンの私は、これとは別に個人的に十津川作品を録画をしています。テレビ朝日系の愛川欣也さんの亀井刑事が、高田純次さんに変わった時も大きな違和感を覚えましたが、人間恐ろしいもので、今はもう慣れてしまいましたね。

 内藤さんは「十津川警部は憧れの存在だったので光栄です。出演者、スタッフのチームワークを大切にしたい」と抱負。石丸さんも「ストイックで好奇心旺盛な十津川警部を支える年上の亀井刑事は、魅力的。気負わずに演じたい」と語りました。森下和清プロデューサーは「内藤さんは共演者やスタッフにいつも気配りをして、現場を一つにまとめる魅力ある人柄。以前、犯人役で出演してもらったこともあり(「四国連絡特急殺人事件」)、雰囲気を分かっているのでぜひと思いました」と起用理由を説明。石丸については「ユーモアのある演技ができる方。内藤さんとも気心が知れているのでピッタリと思いました」と語った。その上で、森下氏は「他のレギュラー陣の顔ぶれも一新しました。でも、本格的なサスペンスであることと、鉄道旅の旅情、罪を憎んで人を憎まずの精神は引き続き大切にしたい」と力を込めて語りました。今回の新シリーズ誕生は、今年4月から放送枠が「月曜ゴールデン」から「月曜名作劇場」にリニューアルしたことに伴う措置と言います。ネットにはこんな抱負が述べられていました。

〈内藤剛志コメント〉
 十津川警部は自分くらいの年齢の俳優なら演じてみたいと思う憧れの役です。キャスティングしていただいてうれしく、光栄です。前の「十津川警部シリーズ」に犯人役で出演した時に、渡瀬恒彦さんに主役を演じる心構えをお聞きしたところ、先輩(渡瀬)は「自分のことは後にして、周りの出演者、スタッフが、どうしたらやりがいのある作品になるかを考えることが大切だ」と仰いました。その言葉を守って仕事をしていたら、今回この役をいただいた。先輩の教えは間違ってなかったなと実感しました。プライベートではずっと、僕は石丸さんのことを「石丸さん」と呼び、石丸さんは僕のこと「内藤くん」と呼んでくれる。この呼び方が「亀さん」「警部」と呼び合う十津川警部と亀井刑事に通ずるようで、石丸さんとは息もぴったりです。タイトルには十津川と付いていますが、全員で撮影に関わっていくという、チームワークを大切にしたいと思います。

〈石丸謙二郎コメント〉
 「十津川警部シリーズ」はずっと以前から見ており、僕もファンでした。亀井刑事は俳優にとって演じてみたいなと思う役の中でも突出している魅力的な役です。四半世紀続いてきたこの役をやらせていただくことは、打ち震える気持ちですが、気負っちゃいかんと自分を引き締めています。十津川警部はストイックで好奇心旺盛というイメージがありますが、今回の撮影で内藤さんが炎天下で3ピースのスーツを一切脱がないで演じている姿を見て、敬服しました。十津川のイメージそのままですね。このシリーズでうれしいことは列車に乗れること。僕は乗り鉄ではないけど、小さな頃から鉄道は好きで、ちょっとうれしい。楽しみにしています。渡瀬さんと伊東さんのシリーズにも出演させていただいたことがありますが、お二人は大人だったなという印象でした。追いつこうとしても追いつけない存在ですが、この年齢になって分かる部分もあるなあと感じるところもあります。お二人のスピリッツを引き継いでいきたいと思います。

〈プロデューサー・森下和清〉
 プロデューサーと脚本家、監督以外は、出演者、スタッフとも新しい顔ぶれが揃いました。 内藤剛志さんは、共演者、スタッフにいつも気配りされ、現場をひとつにまとめる魅力のあるお人柄。石丸謙二郎さんはクールな十津川警部に対してユーモアのある演技のできる方。十津川、亀井にぴったりの新コンビが誕生しました。顔ぶれは新しくなりましたが、本格的なサスペンスと、鉄道旅の旅情、そして罪を憎んで人を憎まない番組の精神は、引き続き大切にしていきたいと思います。

▲もう見ることのできない渡瀬・伊東コンビ

▲もう見ることのできない渡瀬・伊東コンビ

 降板の直接の原因は国民的俳優である渡瀬さんが、胆のうがんの治療に専念するためではないかと推察されるのですが、所属事務所は関連性を否定して、10月スタートのテレビ朝日系「おみやさん」には出演すると言っておられます。新コンビ第一作目は、伊豆半島の南部東側、白い砂浜と背後に迫る山に囲まれた下田の街で撮影された「伊豆・下田殺人ルート」とのことで、放映日はまだ未定ですが、いずれにしても、渡瀬・伊東コンビとの比較で評価がされる、という厳しい条件下であることは間違いありません。かなりハードルは高いと思いますよ。まあ、お手並み拝見といきましょうか。♠♠♠

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中