特急「スーパー北斗」

▲新函館北斗に到着した「はやぶさ」

▲新函館北斗に到着した「はやぶさ」

   

   北海道新幹線の新青森―新函館北斗間が開業した2016年3月26日、接続する函館―札幌間の特急列車体系にも大きな変化が起きました。東京対札幌の飛行機の優位は依然として揺るぎそうにはありませんが、東北と北海道の間の交流にはこれまで以上の期待がかかります。今回のダイヤ改正前、函館―札幌間には9往復の昼間の特急列車が運転されていました。281系特急「スーパー北斗」が5往復と、183系特急「北斗」4往復です。それが「新函館北斗」に到達した新幹線と接続して、札幌方面への輸送を充実させるため、特急スーパー北斗」3往復が増発され、特急「北斗」と合わせて12往復となったのです。増発列車は朝と夕~夜間の運転間隔を詰めるとともに、下りは初列車の時刻を10分ほど繰り上げ、最終は函館発を1時間繰り下げ19時55分と、上り初列車は札幌発を36分早めて6時発とし、終列車は30分ほど繰り下げて20時発(新幹線接続はない)としました。

 ちょっとここで、この特急にまつわる最近の歴史をお話しておきましょう。JR北海道では2013年、183系特急「北斗」で発煙、発火などのエンジントラブルが相次いだのは記憶に新しいところですね。当時、函館―札幌間の昼行特急は「スーパー北斗」7往復と「北斗」4往復で、計11往復が定期運行されていました。しかし同年7月の発火事故を機に、トラブルが頻発し、緊急事態として、特定のエンジンを装備する高速対応の車両36両を使用停止にしました。そのため定期「北斗」等4往復が長期運休(下り1本は「スーパー北斗」に振り替えて281系で「北斗」を運転)する事態となっってしまいます。大混乱です。このため、函館系統には運用していなかった最高速度の低い車両を動員した「臨時北斗」で毎日2往復を補完し、さらに週末等に運転する臨時列車、繁忙期の臨時列車各1往復にリゾート車両等を総動員して対応しました。編成両数は短く、グリーン車もないなどの臨時措置で、輸送力はガクーンと落ちました。一方、これ以前に釧路方面の「スーパーおおぞら」に運用中の283系でもトラブルが続いたことを受け、車両運用や検修体制の無理を解消するため、一部の「スーパー北斗」に併用していた運用を止めて283系は釧路方面専用とし、函館方面は281系のみとしました。最高速度も下げて運転します(「北斗」系統は130km/h→120km/h化)。さらに2014年8月改正で3時間30分となり、新函館北斗停車が加わった改正での最速は3時間31分となりました。もとより停車駅が多かった列車では、長年の3時間15分前後が、現在では3時間45分程度を要することとなっています。今般3往復に261系が投入された中の1本、「スーパー北斗11号」の函館からの所要時間は、3時間48分。東京から「はやぶさ」で乗り継ぎ札幌に向かうと1163km、7時間44分。東北新幹線が開業した1982年(昭57)、青函連絡船で北海道に渡っていた当時に比べれば、半分の時間となり速くなったとは言え、さすがに長旅を感じるところですね。北海道新幹線に東京から新函館北斗まで4時間も乗っていて、そこからさらに同時間程度列車に揺られるのですから、これはきつい。「飛行機嫌い」でとおっている私も、さすがに帰りは新千歳から羽田、羽田から出雲と、飛行機で帰りました。

dsc06512

dsc06518 さて、「新函館北斗」で北海道新幹線「はやぶさ」から乗り換えて、この特急「スーパー北斗」に初めて乗りました。函館方面からやって来た先頭車両の面構えを見て「あ、いいな!」と思いました。全面私の大好きなブルーに塗装された車両はかっこいい。まさに雄大な北海道を象徴するかのような車体です。乗り込んでみると、さらにいろいろと快適な旅行ができるようにと工夫が施されていました。挙げてみます。

dsc06531①心地よさを追求 … ゆったりとした座席で背もたれも高く、上下可動式の枕はもたれやすく快適にくつろぐことができました。座席下に足を伸ばすこともでき楽に座ることができました。

②便利さを追求 … ペットボトルを収納するのに便利な「ドリンクホルダー」、ポーチやdsc06523上着などを掛けられる「小物掛け」がついていました。座席の背もたれの部分には「チケットホルダー」があり、あらかじめ切符を入れておけば、休んでいる場合でも切符の車内検札で煩わされることもありませんね。

dsc06529③移動しやすさを追求 … スーツケースなどの大型荷物を置ける大型荷物コーナーが設けられていました。荷物置き場を設置するために、各車両2名の定員減となったとのことです。大きな荷物を持った人には嬉しいサービスです。この荷物置き場は、私の大好きなJR九州の特急列車ではよく見る光景です。

④車内販売 … JR北海道の車内販売の特色は、「のんびり」「ていねい」の2点かなと感じました。「のんびり」というのは、車内販売は、1時間に1回くらいしか来ません。ワゴンでおみやげ品などを、乳製品のカゴを持って販売員が来られました。応対は確かにすこぶる丁寧でした。

dsc06530

 本州にいると、函館札幌というのは案外近いように感じていたんですが、距離にすると約320キロ、東京〜名古屋間の366キロとまではいかないけれど、それに近い距離で、スーパー北斗」に揺られながら、改めて札幌は遠いのだというのを思い知らされました。2030年には新幹線が札幌まで延長されるとのことです(前倒ししてもっと早く実現するという噂もありますが)。

▲札幌駅に到着した「スーパー北斗」

▲札幌駅に到着した「スーパー北斗」

dsc06541

 この路線を走っている、もう一つの旧国鉄時代っぽい特急列車が、特急「北斗」です。かなりのスピードが出るそうですよ。札幌駅に入線していたので、写真に収めておきました。

dsc07109dsc07110

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中