チケットホルダー

 今回の北海道遠征(?)で乗ったJR北海道の列車、特急「スーパー北斗(新函館北斗~札幌)と快速エアポート(小樽~新千歳空港)で、気づいたことがありました。座席の背もたれの部分に、切符を差し込む「チケットホルダー」がついていたことです。なるほど、こうしておけば、車内改札の時に寝ていても、起こされずに安心してのんびりくつろぐことができますね。車内改札に来るかと思うと、ゆっくりできませんものね。私は全国のいろいろな特急列車に乗りまくっていますが、今まで乗った列車では見たことのないサービスでした。

dsc06523dsc07126

 ただ、心配な点もあります。盗難」「取り忘れ」です。寝ていたり、トイレに立ったりした際は、全く無防備状態にありますから、よからぬことを考える人がいないとも限りません。また、降りるときにも、ついうっかり取り忘れることも考えられます。慌てているときには、ついついやってしまいそうですね。案の定、やはりそういう人は多いらしくて、駅に到着する直前の車内アナウンスでも、しきりに「チケットホルダーからの切符の取り忘れに注意するように」との案内が、車掌さんから流されていました。ホルダーにもそのことがはっきりと銘記されています。でも私は、切符をどこにやったか探すのに手間取る方なので、これは便利な方式だと思いました。

    あ、そうそう、車内で流れる英語放送に関して、「JR北海道」はすこぶる丁寧だなと感じました。至れり尽くせりの説明です。英語もきれいだしうまい。今まで聞いた英語放送では間違いなくナンバーワンです。それに比べて、当地伯備線の特急「やくも号」の英語放送の舌足らずでお粗末なこと(私はこの2か月あまりで10回以上乗っているので、このことをいつも感じながら聞いていました。敢えて簡素にしていると言われるかもしれませんが、外国人利用客には不親切です)。同じJRでも、かくも違うものかと感心したことでした。JR西日本」の社員は北海道に勉強に行ったらいいのに…。

  車両の先頭部分にはスーツケースなどの大きな荷物を置けるスペースが取ってありました(2人分の座席が少なくなりそうですが)。こんなサービスもありがたいですね。JR九州でもよく見る「荷物置き場」です。❤❤❤

dsc07127

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中