嫁ヶ島温泉

 「嫁ヶ島温泉」(よめがしまおんせん)という名前を聞いたことがありますか?この名前は地図にも載っていませんから、松江に住んでいる地元の人でも知らない人がもたくさんいます。ほとんど知られていないと言ってもよい隠れスポットです。島根県立美術館の駐車場南西側、「袖師窯」(そでしがま)横の道路脇に、金網の中に小さな蛇口がひっそりと設置されています。知らない人はそのまま通り過ぎてしまう場所ですね。看板も何もありませんが、この蛇口から出ているのは水道の水ではありません。正真正銘温泉のお湯が勢いよく出ていて、ここが「嫁ヶ島温泉」です。「アッチーー!」お湯を触ると相当熱いお湯が出ています。このお湯は誰でも無料で自由に持ち帰ることができます。2~3個のポリ容器にお湯を入れて徒歩や自転車で持ち帰るご近所の方や、軽トラックに数十個のポリ容器を積んでお湯を汲みに来る人もいます。

dsc06358

 蛇口の奥の方には、元日本大学総長の書による、人の背丈程の立派な温泉名の石碑が立っています。この温泉は宍道湖の湖底から湧き出す温泉として、昔から一部の人には知られていたものが、昭和30年代の湖岸の埋め立てによって地上に湧き出たものだそうです。温泉が沸き出した頃、ここに温泉ホテルができたのですが、長続きせず廃業し、その建物は長い間石碑の横に残っていましたが、2013年に取り壊されて、今では「嫁ヶ島温泉」はお湯の出る蛇口石碑だけになってしまいました。いつも私はここを電動自転車で通って、田和山(今井書店センター店・森のくまさん・モントローネ・ウィーンの森・100満ボルト)まで出かけています。❤❤❤

dsc06385

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中