舛添さんの別荘

 東京都は8月30日、舛添要一(ますぞえよういち)前知事が、公用車に家族を乗せて野球観戦やコンサートに行っていた問題で、舛添氏側が都に運転手の人件費やガソリン代など計約6万5千円を納付したと発表しました。舛添氏は昨年8月と12月の計3回、公用車で家族と一緒に、東京ドームでのプロ野球の巨人戦や、NHKホールであったコンサートに行き、舛添氏の特別秘書は「企業関係者らと会談した政務」としたが、監査委員は「公用車に関する都の運用規則に違反する」と判断しました。都は勧告を受け、運転手の手当や車のリース代などを利用時間を元に算出し、舛添氏側に請求していたものです。

 そんなに悪事に手を染めたわけではないのですが、舛添さんはやったことがあまりにもせこい。都民の税金を食い物にして、高額の出張(飛行機・ホテル)、美術品・古書の買いあさり、飲食代、公用車の私物化と、人の金だと思って好き放題でした。あまりの罪悪感もなしにこれらのことをやっているところが問題だったわけです。東大の助教授のイスを放り投げてさっそうと辞めたときには「かっこいい!」と拍手した政治学者でしたが、さすがにこうもお金に汚いと、ちょっと嫌気がさしますね。

DSC03544 先日、西村京太郎先生に会いに湯河原に行ったとき、約束の時間までの時間潰しのために万葉公園」でも行こうとタクシーに乗ったら、運転手さんが例の話題になった舛添さんの別荘に連れて行ってくれました。足を伸ばして入れるお風呂でのんびりと静養するのに公用車を使ったと、大きな話題になった別荘です。運転手さんの話によれば、騒動の最中はマスコミの取材で大変だったそうです。ずいぶん多くの報道陣が湯河原の町に押しかけて、湯河原の町が賑わったそうです。ヘリコプターが何台も別荘の上を飛び交い報道していたとか。でっかい別荘でした。中をうかがうことはできませんが、ミーハーの私は、「これがあの話題の別荘か!」ということで、外観だけでも写真におさめておきました。売却するとのことでしたが、運転手さんによれば買い手はつかないそうです。玄関の表札にあるMIPEというのは「舛添政治経済研究所」の英語の頭文字です。どういう表現を考えますか?

DSC03543DSC03542

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中