飛梅伝説

 昌泰4年(901)、時の右大臣であった菅原道真公は、藤原氏の陰謀により大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷されることとなりました。いよいよ故郷である都を離れる日、幼い頃より親しんできた紅梅殿(こうばいでん)の梅に、

  東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春なわすれそ

と詠いかけました。主人(道真)を慕った梅は、道真公が大宰府に着くと、一夜のうちに道真公の元大宰府へと飛んで来たといわれています。都の道真の屋敷の庭には桜と梅と松があったそうで、桜は、道真が太宰府に赴いてからは哀しみで枯れてしまったそうですが、梅と松は、道真を追って空を飛んだそうです。しかし、松は途中で力尽きて摂津国八部郡板宿の丘に降り立ったそうです。現在の神戸市須磨区板宿です。飛松と言う地名が確かにあります。そして梅は、見事に一夜のうちに太宰府まで飛んで・・・それがこの「飛梅」です。

DSC04696DSC04691

 これが有名な「飛梅伝説」ですが、もうひとつ別なお話があります。  伊勢国度会(わたらい)の社人である、白太夫という人物が、道真を慕っ て大宰府に下る折、都の道真の邸宅に立ち寄り、夫人の便りとともに庭の梅を根分けして持ってきたそうです。道真は都から取り寄せたことをふせて、「梅が飛んできた」ということにした、とも言われています。飛梅は、もともと道真の配所であった榎社(えのきしゃ)にありましたが、太宰府天満宮の造営後、本殿横の現在の場所に移されました。

DSC04489

 私の大好きな太宰府天満宮にある心字池(しんじいけ)には、太鼓橋・平橋・太鼓橋の三つの赤い橋が架かっており、それぞれが三世~過去世・現在世・未来世~を表しているといわれます。大好きな歌手・さだまさしさんの唄「飛梅」の歌詞に

 心字池にかかる 三つの赤い橋は
 一つ目が過去で 二つ目が現在(いま)

上の写真は1つ目の太鼓橋です。「飛梅」の歌詞では続いて…

 三つ目の橋で君が 転びそうになった時
 初めて君の手に触れた 僕の指

「飛梅」の歌詞では、最後の歌詞で道真公を彷彿させる下りがあります。

 あなたがもしも 遠くへ行ってしまったら
 私も一夜で飛んでゆくと云った
 忘れたのかい 飛梅

DSC04686

 私の大好きな「飛梅」をお聞きください。

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中