新大阪講演終わる!

DSC05559 7月30日(土)午後2時より「CIVI研修センター新大阪東」において開催された、ラーンズ主催「生徒の英語運用力を磨く研究会」で講演をしてきました。遠くはるばる岩手県(!)からご参加の先生もいらっしゃいました。会場は超満員の熱気あふれる中でスタートです。内容は先日の福岡と同じですが、最後ということで気合いが入ります。私といろいろな経緯で心がつながったボリンジャー博士の思い出、3人の女生徒の話から始めてみました。教師の何気ない一言で発奮して、最後の最後にすごい結果を出してくれた生徒は今までにもたくさんいましたが、中でも最近強烈な印象を残した生徒たちでした。2万人以上の応募者の中から見事JALのDSC05123CAに内定をもらった生徒、スピーチコンテストで二大会連続で優勝した生徒、英語が大の苦手にもかかわらずコツコツと小テストの追試を頑張って大学合格、そしてストレートで教員採用試験にも合格した生徒、この生徒たちは悔しい思いをバネにして、見事に大輪の花を咲かせた点で共通点があります。

 センター試験で高得点を取るためには「読解問題」をきちんと得点することがマストで、今回は第5問の物語文、第6問の評論文、第4問Aのグラフ問題を取り上げて、その迫り方をお話させていただきました。少しはお役に立ったでしょうか?

DSC05131DSC05134IMG_9593

 私に続いて浦木 道史先生(桐蔭学院中学・高校)のお話です。先生の日頃の授業の工夫と悩みのにじみ出た講演でした。大学に進んだ後にまで続く高校時代のコミュニケーション能力を育成する指導とは…?という実践テーマでお話ししてくださいました。3人の同校卒業生が動画で登場してくれて、高校時代の授業に対する生の大学生の率直な声が聴けたのが新鮮でしたね。ラーンズの白川さんのお話によれば、帰りがけに、ある先生が「今日はベテランの先生と若手の先生の両方の話が聞けてすごくよかった。」と言ってくださったそうです。嬉しい言葉です。浦木先生、お疲れ様でした。先生とは昨年も懇親会でご一緒しましたが、またいつかご一緒しましょう。

IMG_9602


DSC05153 ラーンズの各種教材の展示も好評のようでした。私が昨年、先生方にプレゼントしたデータ集「英語は絶対に裏切らない~英語センター・二次試験参考データ集」は、名古屋・福岡では全員の先生方にお届けすることができたんですが、今回は在庫が切れてしまい、大阪に参加された先生方全員にお配りすることが出来ませんでした。40人弱のラッキーな先生方の袋IMG_9588の中には入っていたはずです。申し訳ありません。最新の対策本に併行して、また大幅にデータを追加して最新バージョンを作りますからね。ご期待ください。松江北高で私の作りました各種教材にも長蛇の列ができておりました。「「2016年度センター試験」の勉強の仕方」冊子、「コレが役に立つ!センターお薦め参考書(最新版)」「あむーる」(No.1~10)をお持ち帰りいただきましたが、ご参考になったでしょうか?6月進研マーク模試、7月進研記述模試それぞれの「見直しプリント」もお持ち帰りいただきたかったのですが、著作権の関係で後方の展示のみになりました。これらは全て、右側の「ダウンロードサイト」から閲覧することができますので、ぜひご利用ください。「やりっ放しにしない!」という私の哲学をお話したかったのですが…。帰りましてからも、たくさんの先生方からメールやお礼状をいただきました。
先生のご実践、教育指針、お人柄、すべてに感動し、とても充実した時間を過ごすことができました。ありがとうございました。ちょうど、センター対策の補習を実施しておりましたところ、さらに詳しい資料をたくさんいただき、また情報を惜しみなくシェアしていただき、本当にありがとうございました。終了後、お話したり、お写真を一緒に撮っていただいたりしたことも本当に嬉しかったです。そして、先生との出会いで、これからもっともっと生徒と共に、自分も勉強して、教材も教え方ももっともっと工夫しないといけないな。。。と思いました。そして、またまた新たにやりたいことがどんどん浮かんできました。」  「先生の教材・入試研究の深さをあらためて感動いたしました。なんとか生徒に最高の点数をとらせてあげたい,そんな思いを新たにしたところです。」 「一人一人の生徒を大切にし、情熱を傾け、ご指導されている先生のお姿に改めて感銘」 「今までに蓄積されたことを惜しみなく先生方に提供して下さる私利私欲のないお姿にも敬服」など、身に余るお褒めをいただき、6軒の病院通いをしながら、チョットだけ無理をして頑張った甲斐があったと喜んでおります。

 今回の企画ではラーンズの西島一博社長さんにずいぶんお世話になりました。三会場全てに足をお運びいただいて、現場の先生方に熱いメッセージを届けられました。「人をつなぐ」というお話は私の心にずっしりと響きました。私にこのような貴重な機会を与えてくださったことに対して厚くお礼申し上げます。

▲西島社長さんと

▲西島社長さんと

 さらに今回の新大阪の講演には延原範昭進研アド大阪支社長も駆けつけてくださいました。延原社長との出会いについては、以前詳しくブログに書いています.⇒コチラです 延原さんはラーンズの社長時代に、私に『重要問題演習』の執筆の機会を与えてくださった大恩人です。昨年私が退職のときにも、「退職を祝う会」に駆けつけて、私の大好きなブルックス・ブラザーズの記念品を見立ててくださったのを昨日のことのように思い出します。そのときの模様はコチラに詳しく書きました。そのとき以来のまさかの再会で、懐かしく嬉しく思いました。

▲延原支社長さんと

▲延原支社長さんと

 また昨年に引き続き、今回の名古屋・福岡・新大阪の講演の企画立案から運営にいたるまで、全てを取り仕切ってくださったのが、ラーンズ営業開発課の金村省吾さんです。東京から何度も私の自宅や松江に足を運んでくださり、先生方のために少しでもいい勉強会にしようと知恵を絞り出してくださいました。ご労苦に対して心よりお礼申し上げます。金村さんがおられなければこの企画は存在しませんでした。感謝しています。

DSC05173

▲金村さんと 後ろに小さく写っているのが「予言者」白川さんです

 終わってホット一息と思っておりましたところ、この会が北海道(札幌)でも開催されることになりました!詳細はまたお伝えしますが、北海道の先生方にお会いできるのが楽しみです。私の「センター対策本」を学校単位でご購入いただくのが一番多いのが、北海道の先生方なんですよ。あー、楽しみです。❤❤❤

◎北海道の先生方、八幡が参ります!!ぜひお越し下さい!!

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中