岩谷直治さん

岩谷直治 私が以前4年間勤務した、島根県立大田高等学校の校門を入ったところに、校舎に隣接して「岩谷会館」という卒業生会館があります。これはマルヰガスを創業した同校卒業生の岩谷直治(いわたになおじ)さんの寄贈による2階建ての建物です。当時、職員会議・部活動の合宿などに利用していましたが、森山祐司校長の英断で、生徒の自習室に改装されました。「疲れない椅子」を入れて、生徒たちの学習の便を図りました。これは、飛躍的に進学成績が伸びた要因の一つでした。

大田農業学校(現島根県立大田高等学校)卒業。

神戸の運送会社で勤務した後、ガスの製造・販売を行う「岩谷直治商店」を昭和5年
(1930)に創業。

昭和20年(1945)年に株式会社岩谷産業に改組、以後40年間に渡り社長を務めた。

昭和28年(1953)、50歳の時に家庭用プロパンガスの全国販売をわが国で初めて開始。

昭和44年(1969)にはガスホースを使わないカセットボンベ式卓上型ガスコンロを日本初の市販化。

 半生をかけてガス器具や供給機器、安全器具の開発・普及にも心血を注ぎ、「プロパンガスの父」と称される。

昭和55年(1980)8月には大阪府堺市にLPG輸入基地を完成させ、翌年2月からサウジアラビアからのLPガスの直輸入を開始し、輸入から国内販売までの垂直統合を完成。

 今日、イワタニ・マルヰガスグループを290万のLPガス需要家を有する日本最強のLPガス集団に育て上げた。生活全般から素材関連まで事業欲は幅広く、岩谷を生活総合産業企業へと一代で築き上げた。また、次世代燃料としての水素に注目し国内初の液体水素製造装置を造るなど先見性もあった。

 「マルヰプロパン」は岩谷産業の創業者岩谷直治さんが、昭和28年にわが国で初めて家庭用LPガスの販売をした会社です。まだ薪や炭でご飯を炊いていた時代です。当時は「マルヰプロパン??どんなパンですか?」と聞く人がいたくらいです。岩谷さんは若い頃は大八車に溶接棒を積んで売り歩いています。岩谷さんが出張中には、奥さんが乳母車に溶接棒を積んでお得意様のところに届けていたといいます。顧客志向、信用第一という商魂に支えられて岩谷さんの事業は順調に伸びていきました。

 この岩谷さんの哲学は、大田農業学校」(現大田高校)時代、東京から来た若い担任の先生の教えに基づいています。新進気鋭の先生は、当時最先端のダーウィンの進化論の話をしました。岩谷さんはこれに強い印象を受け、丁稚奉公に出て日夜の仕事に励みながら思ったことは、「世の中に必要なものは栄える」ということでした。世の中が求めているもの、欲しているもの、必要と感じているものに全力で応えようとすれば、きっと世の中は喜びを持って受け入れてくれるはずだ、というものです。今でもこれは岩谷産業の企業理念・コンセプト「世の中に必要な人間となれ、世の中に必要なものこそ栄える」となって引き継がれています。創業者岩谷直治さんの事業哲学を表現したもので、ダーウィンの「進化論」をヒントに、人も企業も狩猟型よりも息の長い農耕型の努力が必要だという思いが込められており、「世の中に必要とされるもの」が互いに扶け合うことに価値の基準を置き、社会や生活者の満足・顧客の満足を追い続けようというものです。

 昭和28年春、岩谷産業はLPガスの販売に踏み切りました。わが国では初めてのことだけに大冒険でした。家庭の奥様たちにとっては、「台所革命」です。一家の家庭団らんの笑顔が浮かんできますね。世の中に必要なものは栄える」です。

 大田高校に勤めていた頃は、岩谷さんの名前くらいは知っていましたが、氏の人となり・哲学のことは詳しく知りませんでした。清水榮一『中村天風 運命を拓く65の言葉』(KKロングセラーズ、2016年4月)を読んでいたら出てきて、メモしたものです。

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中