生徒会募金活動

 熊本地震に、松江北高生徒会が、校内や商業施設で募金活動をして、マスコミで取り上げられたことはお伝えしましたね。連休中も松江城に立って募金活動を続けたようです。寄付金の使途は、緊急物資に充てる案も出ましたが、熊本城の再建支援に決めました。「学校から見える松江城は私たちの誇り。熊本の人たちにとって熊本城も同じだと思う」ということです。生徒会が全校生徒に呼びかけ、シジミの貝殻を使った「手作りストラップ」を返礼品として用意して、観光客のみなさんに協力を募りました。シジミは地元の旅館などで出た貝殻をもらってきて、洗って乾燥させ、放課後を利用して1400個のストラップを作成しました。この募金活動を知った熊本城事務所からは、「被害は精神的支柱を失ったかのような喪失感を与えた。絶対に復活させ、また喜んでもらえる名城となる決意をしています」という便りが届きました。生徒たちの熱い思いが届いたようで嬉しく思います。松江城を訪れた外国人観光客のみなさんからも、たくさん協力してもらえたようです。

 今日の生徒総会で、全校生徒にこの募金の成果の報告がありました。この活動に関わった生徒会執行部のみなさんが、良かった点、悪かった反省点などを総括して述べていました。集まった募金総額は63万627円、作った「シジミストラップ」の数は1413個だったそうです。

DSC02804DSC02805DSC02809DSC02810

 この募金活動には、北高美術部のみなさんも、「クマモン」の絵を描いてくれてこの活動の盛り上げに協力してくれました。その絵が下のものです。とても素敵な絵ですね。支援の輪がこうやって生徒たちの間で広がっていったことは素晴らしいことだと思います。八幡も感心しました。

DSC02798

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中