巨人快進撃!

高橋由伸 私は熱狂的な巨人ファンです。巨人が勝つと、次の日は寝覚めがよく、気持ちよく学校に向かうことができます。高橋由伸(たかはしよしのぶ)監督になり、今シーズンは非常に調子がよろしいので(現在首位)、気分よく過ごしています。以前の担当辞書編集者Kさんも私以上に熱狂的巨人ファンでしたから、仕事の話をそっちのけで二人でよく盛り上がっていたものです(笑)。

 今年の好調の要因は何だろう、と考えてみるに、一番の特筆すべきは「動かない」ということでしょう。どんなに打てなくても、絶対に外したり打順を変えたり、動かしたりしません。じいーーっと結果が出るまで辛抱強く待ち続けます。いったんこうと決めたらテコでも動かない。派手なパーフォーマンスは一切なし、喜怒哀楽も出さず、じっくりと周りを観察している。ここら辺が昨年の原 辰則監督と異なる点です。原監督はチョット結果が出ないと、コロコロと打順を動かしたり入れ替えて、選手に喝を入れていました。中でも印象的に覚えているのは、横浜で四番を務めたこともある村田修一選手が打てないとみるや、試合途中で替えて、帰宅を命じたこともありました。よほど腹に据えかねたのでしょうが、これはやり過ぎでした。プロなのですから、打てる時もあれば打てない時もあります。今年の高橋監督は、4番助っ人外国人ギャレット選手が、いくら打てなくても、守備が下手くそで、昨日もエラーをしようとも、絶対に外しません。いつかは必ず打ってくれると、信頼を寄せているのです(今日ホームランを打ちました)。この態度は指導者として見習うべきでしょうね(分からないから動けないのだ、と悪口を言う評論家もいますが、気にすることは全くありません)。もちろん先日横浜との試合で、田原投手をそのまま続投させたために、決勝打を許して負けた試合もありましたが、あれはあれで田原投手は大きな勉強をしたはずです。

 一つだけ物足りないことは、試合後のインタビューで、もう少し気の利いたコメントを出してもらいたいことです。聞いていて面白くも何もありません。サービス精神をもうちょっと発揮してもらいたいものです。でも落合元監督よりはましか!?

 最近、あの野村克也さんと宮本慎也さんが『師弟』(講談社)という本を出しまして、その中に野村監督と原監督を対比した観察が出てきて、「あー、なるほど」と面白く読みました。

 野村監督と原さんは、あらゆる点で実に対照的です。先ほども書きましたが、野村監督は厳しいようで優しい。原さんは優しいようで厳しい。同じようで、少し違います。野村監督は最初に、ある程度やっていいことといけないことを打ち出します。その範囲内ならば好きにやっていい。ここさえ押さえておけば外されることはないという安心感があります。一方、原さんの場合は,最初は好きにやらせてくれる。例えば、下位の打者が3ボールから打っても何も言いません。しかし、いつまでも結果が出なかったら、主力であっても「切られる」可能性があります。言うことを聞かせるのに野村監督は真正面からきて胸ぐらをぐっとつかみますが、原さんは知らぬ間に背後にいて後ろから襟首をつかむ。そんなイメージの差があります。どちらも怖いですが、僕は原さんの方が怖い。原さんは現役時代の最後、なかなか出場機会に恵まれず、辛い思いをしたようです。しかしファームに落とされても愚痴ひとつこぼさず、黙々と練習していたと聞きます。その姿勢が指導者になってからの原さんの凄みにつながっているのではないでしょうか。  (pp.185-186)

DSC02601

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中