菅原茂のありえまチェーン

菅原茂のありえまチェーン 菅原 茂(すがわらしげる)さんの「ありえまチェーン」(ショウマン)は、 菅原さんの代名詞ともいうべき「貫通マジック」の最新作です。金属が金属を通り抜けるのが今回のテーマ!

 四角い筒に、細いチェーンの輪を通します。筒の側面の穴からネジとナットを通して、チェーンをがっちりと固定してしまいます。チェーンはネジに引っ掛かっていますから、さかさまにしても落ちてはきません。横から引っ張ってもネジに引っ掛かり外れることはありません。この状態でお客さんに筒を持ってもらい、マジシャンがおまじないをかけて、チェーンをそーっと引っ張ると、チェーンはネジをするりと抜けて、外れてしまうのです。金属が金属を貫通しました。ありえません!演技前後に、全ての道具を観客にいくらでも検めてもらうことができます。この賢い秘密を知ったあなたは、思わず『ずるい!』と声をあげるかも知れませんね。独創的なアイディアで国内外の奇術愛好家を驚かせ続けてきた伝説のクリエイター、菅原 茂さんのオリジナル最新作品です。菅原さん自らがひとつひとつ丁寧に手作りした道具で、今迄にない不思議を楽しむことができます。

 菅原 茂さんは、石田天海賞」を受賞されている、日本を代表するマジック・クリエーターの1人で、 長年あの(株)テンヨーの開発部において数々の名作を考案・発表され、世に送り出されてきた鬼才です。テンヨーを退社された後も、オリジナルの新作トリックを、次々と発表・商品化されています。そのどれもが、面白いアイデア、珠玉の作品ばかりです。このブログでも何回かご紹介しています。⇒たとえばコチラ 中でも、貫通」をテーマにした作品に傑作が多いことから、貫通の菅原」として業界では有名な方です。2015年の1月に岡山の「手品屋」で菅原さんのレクチャーがあり、私も参加しました。実演と種明かしだけでなく、一つ一つの作品の背景や演技のポイントなどを丁寧に教えてもらいながら、未発表作品まで購入させてもらい、ただひたすら感銘を受けて松江に帰ったのを覚えています。そこで教えていただいた輪ゴムが指を貫通するマジックは、今でも私のペット・トリックになっています。菅原さん、ありがとうございました。

▲菅原さんと一緒に岡山で

▲菅原さんと一緒に岡山で

 

  レクチャーでも繰り返しおっしゃっておられたことなんですが、自分の作るマジックは、みなさんが普通にホームセンターなどで材料を買って、作ることができるものばかりです。自作してみてください。」と言われるのですが、そんなことはありえません。細かい細工がきちんとなされ、素人にはとても無理な仕事だと感じています。♠♣♥♦

広告
カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中