小田和正「全曲解説リーフレット」

 小田和正さんの新しいベストアルバム『あの日 あの時』に収録された全50曲の「全曲解説リーフレット」のことを書きましたら(小田さん新アルバムの試みコチラ)、これはどこで手に入るんでしょうか、というお問い合わせをいただきました。各地のCD販売店に置いてあります(無料)。ただ数量に限りがあるので、お早めにゲットしてください。

DSC02235

 この「全曲解説」には今まで語られなかったエピソードが満載です。小田さんのいたオフコースは、意外ですが、一度もオリコンチャートで1位を獲得したことはありません。チャート最高位は「さよなら」(1979年)「君が、嘘をついた」(1989年)の2位です。この名曲「さよなら」では、サビの部分に「さよなら さよなら さよなら」と3回繰り返す印象的な部分があります。リーフレットにはこの裏話が載っています。

 あれ、実は最初は「それでも あなたは」みたいな違う言葉だったんだ。一度そうやって書いたものがどこかにあると思うんだけどね。ときどき探すんだけど、どこにも見当たらないんだよ。まあ、つまんない詞だったと思うんだけどさ。で、それは「さよなら」する歌ではなくて、「愛」の歌だったけどね。「さよなら」って、Aメロがいっぱいあるんだよ。2つも3つも。でもそこに言葉をはめて書いていくうちに、負担になってきてね。普通の曲よりその部分が長いわけだから。そして「もう、言うこともねぇな…」ってなってね。ただ、スタジオ取ってあるからそこに穴をあけちゃ行けないし、ましてや歌詞を書かないで行って、その場で書くなんてことは道徳的にも良からぬことだって考えだったから、一応、書いて行ってね。ここでまた武藤君が登場するんだけどね(笑)。「一応書いてきたんだけど、どうも違うような気がするんだけどさ」って渡そうとした時、「さよなら、さよなら、さよなら」っていうのが浮かんでたんだ。「これ全然違う歌になっちゃうけど、そっちのほうが合うような気がする…。書き直そうと思うんだけど…」って武藤君に言って。多分、その日のうちに書き直したと思うんだ。でも「さよなら、さよなら、さよなら」って三回同じにするか「さよなら、なんとか、かんとか」にするべきか、そこはずいぶん考えたんだよ。でも言葉を色々と換えてみても三回繰り返すのを上回るものが見つからなくて、これでOKだっていう一言が欲しかったんだな。次の日スタジオで歌ってみて、武藤君が「いいね」って言ってくれたんだと思うけどね。

DSC02230 もともとは別の言葉で書いていた歌詞に対して、「さよなら」を繰り返す案が浮かんで、果たしてそうすべきかどうか、ずいぶん悩んだ末に、いろいろ別の言葉に変えてもみたけれども、「さよなら」以上のものが見つからなかった、というのが真相です。こういう秘話を巧みに引き出しているのが小田さんの一番の良き理解者小貫信昭(おぬきのぶあき)さんです。小田さんに関する著書も多く、この人以上に小田さんのことを理解している人を私は知りません。⇒コチラを読むといかに深い理解をしておられるかがよく分かります  最新会報でもインタビューをしておられましたが、最近、小貫さんが「エンタメステーション」で小田さんにインタビューをしておられて、参考になります。⇒コチラで読むことができます  また所属事務所の「Far East Club」取締役副社長吉田雅道(よしだまさみち)さんの小貫さんのインタビューも公開されています。ここではこの究極ベスト盤にまつわる誕生秘話が語られています。意外だったのは、最後に収録されている2曲の新曲「wonderful life」と「風は止んだ」を、小田さんが最後までこのベスト盤に入れたがらなかったというお話です。⇒コチラで読むことができます

DSC02232

(小貫)―最新曲の2曲、「wonderful life」と「風は止んだ」は、このアルバムには「入れたくないなぁ」って最後の方まで言われましたね。

(吉田)―それは、他の48曲はこれまでの作品から篩いに掛けられて選曲されたものですが、対してこの2曲は“新しい”というだけで“特待生”みたいな扱いで選ばれたみたいで、そこに違和感を感じたと思うんです。もちろんそれはよく理解できるんですけど、新しい曲を聴きたいファンもいるわけで、「ファンはその曲をいつ聴けるんですか?」って訊いたら、「ツア-で歌わないとは言ってない」、て言われたりして(笑)「ライブ会場に行けないファンはどうするんですか?」「新しい曲を持って会いに行くって言ってきたんじゃないですか?」ってやりとりをしながら最後は納得してくれたんですね。いや、もしかしたら今でも納得はしていないのかもしれませんね。あまりにしつこく言ってきたので仕方なく”消化した”って感じでしょうか(笑)。小田とは、あと一枚オリジナル・アルバムは必ず作ろうと約束していますから、これで終わり、という訳では決してありません(笑)

 最近始まったフジテレビの日曜ドラマ「OUR HOUSE」の主題歌に、なんと小田さんの「愛を止めないで」が使われています。この歌はオフコース時代に発表されたシングル15枚目の曲で、私も大好きな曲の一つですが、これも発表時にはオリコン31位が最高位で、そこまで売れた曲ではなかったんですよ。こうして昔の曲が再評価されるのはとても嬉しいことです。❤❤❤

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中