クラウスマウス

Klaus the Mouse 従来の良くあるおもちゃロボットとはまったく違います(私もいろいろなロボットを購入してきましたが、中でもこれは一番の出来です)。良く訓練された?賢いマウス「クラウスマウス」(Klaus The Mouse)です!Card Shark社の新製品です。宣伝にある”Not Cheezy Trick”というのは、決して安物ではないという意味です。ここでcheezyとは、Anything low quality or substandard. Usually used to describe cheap goods or bad, low-budget movies. cheesyの異形綴りです。Card Shark社の作品は間違いなく高品質なので、だいたい安心して買うことができます。最近買った同社のものも私ははずれたことがありません。

 デックを取出し、観客に一枚カードを選んでもらいサインしてもらい戻します。ふと机上のカード・ケースの方を見ると、その上に可愛らしいクラウスマウス」が乗っているではありませんか。演者はデックをテーブルにスプレッドします。その上にマウスを乗せて走らせると、ある所で突如としてストップします。マウスが止まった周辺のカードだけを取り上げて並べ、もう一度マウスを走らせます。すると、しばらく走って、ある所からのカードを持って除いてしまいます。マウスが関係ないカードを取り除いてくれたのです。まるで除雪車のようなキュートな動きです!テーブルに残ったカードのトップを見てみると、間違いなく観客のサインカードです!見事、マウスが観客のサインカードを探し出しました!簡単にできます。一切テクニックも不要Klaus Mouseです。すべてはこの賢い訓練されたマウスが当ててくれます。カードはどのポーカー・カードでも問題ありません。(どのブランドのどの色のカードでもOKということです。細工にはちょっと手間暇はかかりますがね)マウスは完全に検め可能です。訓練済(ギミック)マウスと一緒に楽しく不思議なカードマジックを楽しむことができます。似たトリックはいくつかありますが、これはかわいいのが売りです。フォルムがかわいいところに動きがかわいいときています。キュートなゼンマイ式のマウスです。マウスの色はいくつか種類がありますが、どの色が来るかは届いてからのお楽しみです。箱に2か所ほど穴が開いていて、そこから何色のマウスがついてきたのかが、のぞけるようになっています。付属しているカードは、フェニックスの赤裏カードですが、簡単に他のカードに変えられるように、指定の映像を見ると加工方法が解説されています。いずれにしても、他の類似品ロボットとは性能が際立っています。しばらくは、このよくできたロボットで楽しませてもらうこととしましょう。映像でご覧ください。♠♣♥♦

広告
カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中