ドラゴン・スープレックス・ホールド

 大分県・東国東郡で陸上競技に明け暮れて、中学卒業後、地元大分県の自動車整備工場に就職した藤波辰己(ふじなみたつみ)は、プロレスラーアントニオ猪木にあこがれ、同郷というだけでたまたま湯治に滞在していた見ず知らずの北沢幹之をたよって入門を直談判します。すると巡藤波業に帯同させてもらえるという幸運を得て、日本プロレスに押しかけ入門をします。1970年のことでした。格闘技のバックボーンなど何一つない少年です。北沢にくっついて動く藤波を見て、アントニオ猪木は「あの坊やは何だい?」と聞いたと言います。身長177㎝、体重68㌔の少年がプロレスラー志願だとは誰も思いませんでした。1年の練習生活を経て藤波はデビューしますが、7か月後に、内紛で猪木が日本プロレスの乗っ取りをはかったとして追放されます。1972年、新日本プロレスを旗揚げした猪木についていった18歳の藤波は、必死でトレーニングに励みます。1974年に行われた「第1回カール・ゴッチ杯」に優勝した藤波は、ご褒美に海外武者修行の切符を手にします。ヨーロッパに転戦、米国フロリダのゴッチ道場に渡ります。藤波は神様カール・ゴッチの家に住み込んで、ここで日本人選手としては最も長い間を過ごし、相手がどんな手を使ってきても反撃できる懐刀の関節技を習得することになるのです。単身アメリカからメキシコに放浪の旅に出た藤波は、なかなか帰国命令のでないことに落胆しながらも、日本を離れて2年半が経ったとき、やっと新興団体WWWFジュニアヘビー級選手権(現WWE)に挑戦するチャンスが与えられたのでした。それもアメリカのエンターテインメントの代名詞とも言える由緒ある会場、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン(MSG)で、同団体のジュニアヘビー級王者カルロス・ホセ・エストラーダに挑戦するタイトルマッチが組まれたのです。1978年1月23日のことで、日本からもテレビ中継のスタッフが駆けつけました。

 王者と言ってもキャリア3年(3日前にトニー・ガレアとの王座決定戦を制してチャンピオンに)、実力もゴッチ道場で鍛え上げられた藤波に肩を並べる程の選手ではありません。藤波は序盤から勢いよく攻め込み、逆水平チョップやジャンプ力の凄いドロップキックで攻め込んでいきます。窮地に立たされたエストラーダは苦し紛れドラゴンスープレックスのローブローを叩きこんで挽回を図ろうとしますが、藤波の怒りに火をつけただけでした。藤波はエストラーダの背後に回るや、フルネルソン(羽交い絞め)に捕えると、そのまま後方に投げを打ちます。見事なブリッジを効かせた藤波がエストラーダの後頭部をマットに叩きつけると、レフリーが3カウントを叩きます。王座の交代劇です。2万人以上の観客がその時目にしたこの技は、今までに誰も見たことのない衝撃の必殺技でした。フルネルソンからのスープレックスホールド、藤波が世界初公開した奥の手の必殺技「ドラゴン・スープレックス・ホールド」(飛龍原爆固め)です。この技はフロリダ州・タンパのゴッチ道場で、カール・ゴッチさんから教えてもらったものでした。しかしゴッチさん本人も試したことはなく、それまで誰も使ったことのない技でした。タンパで藤波はただ一人ダミー人形を相手にこの技の練習に励んだのでありました(メキシコで数回試し運転はしていたようですが)。ゴッチさんが開発した「ジャーマン・スープレックス・ホールド」でさえ一撃必殺の決め技だった時代に、さらにフルネルソンで受け身が取れない状態で放たれるのですから、このフィニッシュに観客が受けた衝撃は計り知れないものがあったはずです。最大の奥の手を最高の舞台で初めて繰り出したのです。

 しかし、控室に戻ってみんなが「おめでとう!」と祝福してくれるものと思っていた藤波は、冷ややかな視線、険悪な雰囲気に拍子抜けしてしまいます。受け身の取りづらい危険な技と思った選手たちは、こいつは危ない奴だ…」「おまえはなんてことしてくれたんだ…」と冷ややかな目で、この「事件」の張本人・藤波を迎えたのでした。実際に1982年WWFは、この技を受け身が取りづらく危険すぎると「3年間禁じ手とする」と通告しています。結果、藤波自身も封印しました。

 4日後にロサンゼルスのオリンピック・オーデトリアムで、マスクド・カナディアン相手に初防衛を果たして、アメリカ国内を転戦、日本での凱旋試合は3月3日、群馬・高崎市体育館で、再びマスクド・カナディアン(中身はWWFで後に大スターとなるロディ・パイパーでした)を相手に「ドラゴン・スープレックス」を初披露。ここから「ドラゴンブーム」が巻き起こるのです。鍛え上げた肉体と甘いマスクで、爆発的な人気の出た藤波のところには、ヴァレンタイン・デーにトラック2台分のチョコレートが届けられたそうで、これは未だに破られていない記録だそうですよ。❤❤❤

 プロレスの世界には危険すぎると封印された必殺技がたくさん存在します。モンスターロシモフ時代(後にアンドレ・ザ・ジャイアント)のツームストン・パイルドライバーアントニオ猪木アントニオ・ドライバーなど、懐かしい映像がよみがえってきます。

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中