「北の国から」秘話

 ノンアルコールビール・テイスト飲料サントリー「オールフリー」リニューアル新発売に伴う新しいTV-CMに、さだまさしさんの名曲「北の国から~遙かなる大地より~」が使用されています。出演は、佐々木蔵之介さんと黒木 華さん。15秒、30秒と2パターン制作されたCMはシンプルかつ爽やかさが印象的な内容となっています。3月20日から全国でオンエアーされています。何度聞いてもいい歌です。歌詞に説得力がありますものね(笑)。

 この「北の国から」の主題歌を作った時のエピソードを、先月の「関ジャム完全燃SHOW」にゲスト出演したさださんが、リアルに実況中継しておられましたが、ご覧になりましたか?これはコンサートでもよく話されたことで、ファンの間ではとても有名な話です。さださんの『噺歌集Ⅳ』(文藝春秋)にも生収録されています。実は、この主題歌はもともと松山千春さんが作ることになっていたと聞きました。がしかし、そのとき演出の倉本 聡先生と松山さんはけんかをしていて、さださんにおはちが回ってきたのです。「前略おふくろ様」が好きだったさださんは、松山千春さんに倉本   聡先生を紹介されています。

 札幌のコンサート翌日、さだまさしさんに演出家倉本 聡さんから「お前 富良野 来られないか?」と連絡がきた。
「休みなんで行きます」
「来てくれ。ギター持って来いよ」富良野に着くなり
「お前 そこに座れ」と、
「何ですか、先生」
「いいからこれをみろ」モニターで「北の国から」の第1回、2回のVTRビデオを二時間観せられた。
さださんは 涙を流しながら感激した。
「いやー、いいな。先生 これスゴイですね」
「お前 本当にスゴイと思ってんのか?地味じゃない?」
「地味どころか、これ当たりますよ!」
「おまえ気に入ったか」
 「気に入りました」
「そうか、じゃお前、音楽やれ。今 作れ」
「今ですか?」
「ギター出せ」ビデオを巻き戻してオープニングを再生。
列車の車窓から川が見える。子供たちが騒いでいる。麓郷の駅に着き、駅舎から子供たちが飛び出してくる。そこに草太兄ちゃんが迎える「よく来たなお前ら」軽トラックに乗せて、イグニッション・キーを回す。美瑛の七色の花畑を横切る。
「ここ!ここでお前が歌い出す」もう一度、繰り返し再生。
「ここ!ここでお前が歌い出す」
「大体、感じが分かりました。イントロは?」
「イントロは長くない方がいいな。直前くらいからがいいな」
「麓郷の駅、出て来たぐらいからですかね?」
「そうだな、出来るだけ短い方がいいな」
「アーアー」
「それだよ、さだ。それでいいんだよ。その後どうなるの?」
「アーアーって上がったから下がりますよ。アーアー アアアアアーア」
「いいじゃない。で?」
「もう一回いきます?アーアー アアアアアーア」
「まだいけるか?」
「もう一回ぐらい上がります。ラーラー ラララララーラ」
「もう下がっていんじゃないかな」
「ラーラーララララー」
このメロディーラインが出来るまでおよそ30分。

 フジテレビは、この歌に歌詞を付けてヒット曲にして、番組を引っ張ってほしいと言ってきました。さださんは、歌詞はない方が良いと思いました。倉本先生に相談すると「俺も歌詞はない方がいいと思う。だけどお前 本当に歌詞なくて大丈夫か?」 「俺は平気ですけど、先生は大丈夫ですか?」 「お前 ヒット曲の誘惑に負けるなよ」と。レコーディングも、アコースティックでもう一人のギターと二人で吹き込んだのです。次の映像では、日本ハムの開幕試合に無料で飛び入り出演したさださんが、野球版はちゃめちゃバージョンの「北の国から」を歌っています。❤❤❤

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中