ご縁バスしまねっこ号

ご縁バス

 一畑バスは、約11年ぶりに松江市と出雲市の観光地を巡る定期観光バスの運行を開始しました。松江では、2005年まで定期観光バスが運行されていましたが、採算が取れずに廃止された経緯があります。このたび、観光地を効率よく回ってもらい、観光立県の機運を高めようと復活したものです。3月19日(土)、ピンクの車体に描かれた県の観光キャラクター「しまねっこ」も駆けつけて運行開始を祝い、市内のバスターミナルで出発式が行われました。

 私は3月20日(日)、境港に行くために松江駅でバスを待っていたら、朝8時30分にこの定期観光バスがやって来ました。車体には県の観光キャラクター「しまねっこ」が描かれていて、「ご縁バスしまねっこ号」と名付けられました。車体がきれいで、人々の目を引くデザインです。一畑電鉄の「ご縁電車しまねっこ号」も人気ですが(⇒詳しくはコチラ)、今回はそれに定期観光バスが加わりました。松江しんじ湖温泉、JR松江駅、玉造温泉から乗車できます。

DSC00727DSC00725DSC00723DSC00726DSC00724 「一畑バス」が運行するもので、午前中は出雲市の国引き神話で知られる稲佐の浜」と縁結びの神を祭る出雲大社」、松江市の湖畔に広がる花と鳥の楽園松江フォーゲルパーク」を巡ります。昼食もついています。午後は1時半に松江駅に到着。その後縁結び・子宝の神・鏡の池で有名な八重垣神社」、松江城のお堀を約35分周遊する堀川遊覧」、天守が国宝の松江城」を巡り出発地に戻ります。バスガイドさんの解説や土産物店の割引券、情報満載のガイドブックも付いて、松江・出雲で押さえておきたい観光地がほぼ網羅されているぜいたくな観光バスです。この観光バスは原則として水曜日と木曜日を除く週5日、1便ずつ運行されます。バスガイド付きで、大人の運賃はおよそ9時間かけて巡る「1日コース」だと、観光施設の入園料や昼食代なども含め6500円です。午前コース(4000円)・午後コース(3000円)を選ぶこともできます。乗客の女性は「ピンク色のかわいいバスで地元の観光名所を巡るのが楽しみです。出雲大社などがお目当てです」  「観光地を効率よく回れて便利。しまねっこもかわいい」と話していました。知識豊富なバスガイドの案内も魅力の一つ。地元の人にもぜひ乗ってもらい、新しい魅力を発見していただければうれしい」と、一畑バスの社長さんはおっしゃっておられます。松江・出雲観光の大きな目玉になりそうですね。パンフレットはコチラです。⇒コチラ

DSC00729

 この他、松江市内の観光には、市営バス 「松江ぐるっとレイクラインバス」を利用するのが便利です。JR松江駅を起・終点に20分〜30分間隔で運行する周遊バスです。1回の乗車は200円です。何か所か回りたい方には1日券500円がお得(観光名所の割引もあり)です。レトロなバスにゆられての観光は楽しいですよ。バスの中では観光地の案内も流れ、ご当地出身の俳優の佐野志郎(さのしろう)さんの声でナレーションも入ります。木の内装でレトロなイメージで、外装は緑とオレンジでわかりやすいです。松江駅から松江城までは10分で着きます(タクシーでは1000円以上かかりますからコチラの方がかなりお得)。一般の路線バスもありますが、こちらの方が観光客向けです。松江は観光名所が、川を挟んでJRと一畑電車の2か所に分散していてかなり広いので徒歩ではきついです。松江城・小泉八雲旧宅・武家屋敷・松江宍道湖温泉街等を網羅しています。運行ルートマップはコチラです。ぜひ松江に観光にいらしてください。

DSC01084

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中