「壱龍」の担担麺

DSC01974 山陰四川料理の聖地であった「翠苑」。田和山の「今井書店」隣にある「壱龍」ラーメンも、かつてはその系列店であったとのことです。壱龍」は、以前は市内に、松江しんじ湖温泉の北店と合わせて(現在は「源吉ラーメン」になっています)、2店舗あったんですが、現在はこちら田和山の1店舗のみとなっています。私がここでいつもいただくのは、担担麺サービスセット」(990円)で、担担麺、ライス、餃子3ケ、唐揚げ2ケ、大根サラダが付きます。担担DSC01979は、何と言っても松江ではここが一番のようです。辣の結構な辛さ、その後、ややさらっとしたゴマ、ピーナッツソースの味が拡がる。麺は細麺ストレート、柔らかめの茹で具合。私は汗をかきかき食べています。ときどき無性にこの辛さが恋しくなるときがあるんです。唐揚げはなんと「油淋鶏」だし、餃子も悪くない。ルックス、味、たしかに翠苑の流れを引いた、担担麺としての完成度はなかなかのものです。最近は汁なし担担麺が評判のようですよ。カウンター、テーブル、座敷ともに広い店内ですが、午前11時の開店と同時にすぐ満席になる松江の人気店です。❤❤❤

◎週末はグルメ情報です!◎

DSC01978DSC01975DSC01976DSC01977

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中