Rainbow

Rainbow 私が大好きな愛媛・松山のバー・マジシャン&天才クリエーターヒガーさんの最新作「Rainbow (レインボー)」が2月8日に発売されました。フェイスブックで予告されていたので、きっと凄い物が出るんだろうなと心待ちにしていましたが、入荷と同時に注文してゲットしました。数多くのマジックショップで入荷と同時に品切れになったみたいですね。先日の「Magi-Fest2016」でも即日完売したそうです!!予想通り、子供から大人まで観客の記憶に深く残るとっても印象的なマジックです。最新作の「月光」にしても「Dawn」にしても、最近のヒガーさんは、可視・不可視の素材にこだわったマジックを考案しておられますね。あー、また松山の「Backstage」に行って、ヒガーさんを独り占めしたいなあー。

 観客にいろいろな国の名所(アメリカ・自由の女神、中国・万里の長城、インド・タージマハール、エジプト・スフィンクス、ブラジル・コルコバード、フランス・エッフェル塔、イギリス・タワーブリッジ)が写っている写真(ポーカーサイズ)から、1枚の写真を覚えてもらいます。ここで何も写っていない真っ黒なフィルムを取り出し、観客のカメラで撮影してもらうと、信じられないことに、フィルムに観客が覚えた国の名所の写真がしっかりと写るんです。手順やハンドリングは、それぞれがいろいろと演出できそうです。私の場合は、観客の頭にフィルムをあてて思い浮かべて念じてもらいながら、シャッターを押すというやり方です。真っ黒なフィルムなのに、写真に撮ると絵柄が現れるのですから、ビックリですね。思わずうなってしまいました。

 マジシャンは見えないものを見ようとしているのではなく、見えるものを見えないようにしています。マジシャンも見えないものを見えるようにしたりしますが、これは準備や製造の段階で見えるものを一度見えないようにし、マジックとして見えないものを見えるようにしているのです。つまり「逆天体観測」という事になります。(ヒガーさんフェイスブックより)

IMG_7787 このRainbow」には、ヒガーさんが開発した、Rainbow Film(レインボーフィルム)™という特殊なフィルムが使われています。これが面白いんです。これまでにない全く新しい素材で、特許を出願済の新素材です。とても簡単に、観客の持っているiPhone、Xperia、Galaxyなどのスマートフォン、またはデジタル・カメラなどで演じることができます。今まであった機種の制約やアプリは何も必要ありません。客の自由な撮影のタイミングでフィルム自体に絵柄が表示されます。明るい場所や野外でも演技できます(注:太陽光が直接フィルムに当たる場所では太陽光の方が強すぎて絵柄が写りません)。フィルムそのものに電子的な仕掛けはありませんから、フィルムの手渡しの検めが可能なんです。ギミック・インスタントフィルムは実際のチェキのインスタントフィルムを使用しています。国が描かれた写真には、独自の巧妙なマーキングが施されていますし、扱いやすいポーカーサイズですので、自身の得意なフォースを好きなようにアレンジすることができます。 

 さらに、ボーナス・トリックとして、同じ現象をトランプで行えるPhantom Card (ファントムカード)」が1枚ついてきます(数種類のフェイスがあるそうですが、ランダムに入っているようです)。観客にデックから好きなカードを1枚選んでもらいます。何も書かれていない黒いカードを、観客のカメラでフラッシュ撮影してもらうと、黒いカードに観客が選んだカードが写りますRainbow」と全く同じように、観客の選んだカードを当てることができます。ポーカーサイズのカードで、裏面は見た目は同じで何も写らない仕様になっていますから、裏向きに撮影すればもう何も写らないという演出が可能で、不思議さが一層増すことでしょう。超能力の「念写現象」がこれだけ簡単にできるようになったのは、一大革命でしょう。 

 以下、著名マジシャンからの激賞コメントです。それぐらいにすごい作品だということです。


「ゲストのスマホに思い出が残るマジック!」
また出た!ゲストの記憶に残るマジックを作り続けているヒガーさん。数枚のカードをポケットに入れておけば、飲み会、パーティ、仕事場、立っていても、座っていても・・・ちょっとした時間に、いつでも、どこでも、あらゆる環境で大活躍する逸品。しかも、手軽に出来る!マジシャンとの「楽しい思い出」をゲストのスマホに残すに相応しいマジックです!
ー たかお晃市 ー
 

「マジック界の快挙」
今までのマジック界の創作というのは僕の知る限り、ほとんどがマジックの世界の中で役に立つアイデアでした。逆に言えばマジシャンにしか役に立たないということです。ところが異色の経歴を持つマジッククリエイター、ヒガー氏がとうとうやってしまいました。マジックのアイデアでありながら特許を出願できるレベルの発明をしてしまったのです。Rainbowを手にした時、あなたはこのアイデアの無限の可能性に戦慄するでしょう。しかもRainbowは、簡単なハンドリングでお客さまの持ち物に忘れられない思い出を残す事ができます。会うたびにその事を嬉しそうに話すお客さまを想像してみて下さい。Rainbowならそれが可能です。
ー ふじいあきら ー
 

「身近なスマホを使ったおしゃれなマジック」
クリエイターヒガーさんの代表作がまた一つ誕生しました。新原理なだけでも魅力なのに・・・現象も斬新で超不思議・・・その秘密は特許申請済みという優れもの。とにかくいろんな人にやってみたくなるマジックです。そして考える楽しみもたっぷりのマジックです。
ー 藤原邦恭 ー
 

「史上稀に見る大発明!」
とにかく見たことがない新原理!これぞスマホ時代にぴったりハマったリアルマジックです!
ー Ryota ー
 

Rainbow is a visual worker that will leave a lasting impression on your audiences.
(Rainbowはその美しい現象によって、観客にすばらしい印象と記憶を焼きつける事でしょう。)
ー Eric Jones ー

 映像でヒガーさんの演技のお相手をしておられる可愛らしい女性は、「Backstage」のマジシャン・大畑真弓(おおはたまゆみ)さんです。お店にお邪魔したときには、たっぷりと演技を見せて貰いました。ESPカードのトリックの謎が今でも分かりません。♠♣♥♦

広告
カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中