平和記念公園

 先日「原爆ドーム」を取り上げました。国際平和文化都市である広島のシンボル的存在で、水と緑に囲まれた「平和記念公園」内には、恒久平和の拠点として、平和を祈る施設がたくさんあります。中でも広島平和記念資料館」は有名ですが(一部休館中)、それ以外にも数多くのモニュメントが点在しているんです。今日は私の心に残る印象的なモニュメントをいくつかご紹介しますね。

DSC00398 私が一番大好きなモニュメントは、「平和記念公園」のバス停に出る際に設置されている緑色の「嵐の中の母子像」です。彫刻家の本郷 新さんの手になるもので、右手で乳飲み子を抱え、左手で幼児を背負おうとしながら、前かがみ姿勢で必死に生き抜こうとする愛情深い母の姿を表しています。高さ1.5m、幅1.6m、奥行き65cmのブロンズ像です。

 DSC004001959(昭和34)年、第5回原水爆禁止世界大会が開かれた折、原水爆禁止日本協議会から当時の浜井広島市長に、原水爆禁止運動推進への感謝のしるしとして、この像の原型となった石こう像が贈られました。その後、この大会の成功のために尽力した広島市婦人会連合会が「平和記念公園への設置」を呼びかけ、ブロンズ像にするための募金活動を行い建立され、広島市に寄贈されたものでDSC00402す。襲いかかる苦難に耐え、悲しみを乗り越えていく母親の強い愛情を示す像に、市民の平和への願いを託しています。作者の彫刻家本郷 新さんは、「わだつみの像」をはじめ、人間愛に満ちた多くのモニュメントを残しています。像の原型となった石こう像は、現在、札幌市にある「本郷新記念館(札幌彫刻美術館)」に展示されています。私はこの像をいろいろな角度から眺めるのが好きなんです。どこからも母親のわが子に対する強い愛情を肌で感じることができますね。

DSC00315  核兵器のない世界と平和への祈りを込めて「平和の鐘」を自由に鳴らすことができます。鐘がつかれる部分には原水爆禁止の想いを込めて原子力マークと鐘をつく人の己の心を映し出す鏡が入っています。鐘の表面には、世界が一つであることを象徴して、国境のない世界地図が描かれていました。

DSC00320

DSC00325 そのすぐそばには、世界中から年間一千万羽の折り鶴が届く子供たちのための慰霊碑原爆の子の像」が立っています。別名「千羽鶴の塔」とも呼ばれています。被爆のために白血病を発症して12歳で亡くなった佐々木禎子さんと原爆の犠牲となったすべての子供たちを慰霊するために建てられた碑です。内側には金色の鶴が吊るされています。碑の上には折り鶴を掲げた少女の像が立っています。

DSC00341

DSC00373 核兵器廃絶を願い燃え続ける「平和の灯」は、丹下健三さんによって設計され、昭和39年(1964)に点火された灯です。世界中の核兵器が廃絶するまで、消されることなく燃え続けています。全国12宗派の「宗教の火」と工業地帯の「産業の火」と宮島の消えずの霊火が火種です。台座は手首を合わせて、手の平を大空へ広げた形となっています。そしてDSC00364原爆で倒壊した広島市の平和都市としての再生を願って昭和27年(1952)に建てられた慰霊碑「原爆死没者慰霊碑。中央の石室には29万人を超える原爆死没者の名簿が納められ、毎年書き加えられています。安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」という碑文が刻まれています。

DSC00348

 それと私の好きな碑が詩人峠 三吉のものです。公園の片隅のほうにひっそりと立たずんでいます。

DSC00384

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中