物語文復活!

 センター試験の【第5問】が、従来の複数情報源に基づく読解問題から単一の物語文に変わりましたね。今年の大きな変更点でした。物語文は2007年まで【第6問】に出題されていました。9年ぶりの復活です。

P1010162 昨年8月1日(土)、大阪のサムティフェイム新大阪で開催されたラーンズ主催の「生徒の英語運用力を磨く研究会」で、ラーンズの白川 彩(営業開発部 営業企画課)さんが、昨年度のセンター「追試」に物語文が登場したことを受け、新たに取り上げられる可能性があるので、『重要問題演習』には、物語文の素材文を収録してあることを説明され、先生方に注意を喚起されました。私も当時のブログでこのことを指摘しています。

 あまりの暑さからでしょうか、プロジェクターが悲鳴をあげてしまい意識を失い、白川さんが立ち往生する一幕も。今年の追試に出題された「小説」が来年復活する可能性を指摘され、その問題を収録してある背景を説明された点は、先生方ご注意くださいね。昨年の追試で出題された問題が、今年の本試験でそのまま新傾向問題として登場したこともありますので。      (2015年8月3日付)

 授業でもこのことを話したことがあります。昨年度もやはり対話文完成問題が前年度の追試から踏襲されました。追試は次年度入試の予告編」と捉えて、しっかりと吟味しておくことが大切だということを教えてくれましたね。

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中