リーガロイヤルホテル

DSC09995 若いころからずいぶんと可愛がっていただいた『ライトハウス英和辞典』(研究社)の編集主幹であり、日本の音声学の権威、故竹林 滋先生(東京外国語大学名誉教授)は、生前、リーガロイヤルホテル」が大好きな先生でした。プライベートでも、岩崎研究会の忘・新年会でもよくここを使われていました。先生の「お別れの会」も、幹事団が「先生が大好きだったこのホテルでやろう」ということになり、リーガロイヤルホテル東京で開催され、私も最後のお別れに行ってきました。先生の影響でしょうか、私もこのホテルが大好きになり、よく利用するようになりました。創業80周年を迎えた落ち着きのある高級ホテルです。

 このお正月にも、私は広島の「リーガロイヤルホテル」に泊まったんですが、このホテルには食事に関して特筆すべきことが二つあります。美味しいんです。今日はそのことを記します。

DSC00008 ディナーはいつも最上階33階のフレンチレストラン「シャンポール」でいただきます。広い大きな窓から見える広島の美しい夜景を額縁にして、美味しいフレンチをいただくんです。いつも来る度に思うことなんですが、ここの「お水」が最高に美味しいんです。今日は、どうしてこんなにお水が美味しいのか聞いてみました。広島のお水は名水にも選ばれていて、汲みに来る人もいるくらい美味しいんだそうでDSC00010す。いつも何杯もお代わりしてしまいます。今日も貸切状態で、係りの人と親しくお話をしながら、コース料理をいただきました。いつも思うんですが、スタッフが感じのいいお店です。デザートに出てきた梨のコンポートが絶品でしたよ。
DSC00014


DSC00017

DSC00023

DSC00039DSC00047

DSC00050DSC00036

DSC00073 それと、朝食にも楽しみなことが二つ。ここのホテル1階「ルオーレ」の朝食は和・洋バイキングです。一つは、シェフの方に目の前で美味しいオムレツを焼いてもらえるスタンドクッキングコーナーがあるんですが、ここの「オムレツ」が絶品!ネギとハムとチーズをたっぷり入れてもらって、目の前で見事なフライパンさばきで作ってもらいます。一日の元気の源でもある玉子料理はやっぱりオムレツですね。出来立てふわふわのオムレツが味わえるのも、ホテル朝食ならではの楽しみの一つです。さらに、「みそ汁」も最高に味わい深いDSC00072んです。府中味噌新庄味噌をブレンドしてあるとのことですが、最近こんな美味しいみそ汁は飲んだことがありません。いつも2杯はお代わりをしてしまいます。美味しい朝食をいただいて、広島城原爆ドーム&平和公園に向かいました。

DSC00080DSC00082

 

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中