オフコース『ever』

 「クリスマスの約束2015」が大反響のうちに終わり、小田さんが注目されています。私のこのブログにも恐ろしいくらいのアクセスをいただきました。いかに小田さんの人気がすごいものかを肌で実感しています。今日はオフコースの話をします。

 オフコースは1970年にシングル「群衆の中で」でデビューしました。全く売れませんでした。話題にすらなりませんでした。当時は小田和正、鈴木康博、地主道夫の3人組だったんですが地主が脱退。アコースティックギター2本でアンサンブルを構築し、緻密なアレンジを施したフォーク色が強い音楽をやっていました。「まあ、音楽は一生懸命やろうとは思っていたけれど、絶対、成功するんだと真剣に思ったことはなかったですね」と小田さん。当時、彼らはかぐや姫の前座をしていましたが、その頃のことを小田さんはこう語っています。「前座と言ってもひどいもので、オフコースの名前なんかどこにも出ていない。だから幕が開いて、僕らが歌い始めると、お客さんたちはみんオフコースな,僕らをかぐや姫だと思うんです。かぐや姫も、知られてなかったんですけどね。それで、かぐや姫が出てくると、『ああ、こっちがかぐや姫か。さっきのは誰だったんだ?』という感じで終わるわけ。だから、いつまでたっても、僕らの名前は売れない訳ですよ。結構、みじめな毎日だったですよ。それでも,僕らには、かぐや姫を食ってやろうという気はなかった。ただ、いつかアルバムを出したいとは思っていましたけどね」 小田さんが、人気よりも純粋に音楽を大事に考えていたかがよく分かる言葉です。しばらくは大きなヒットには恵まれませんでしたが、1979年に発表したアルバム『Three and Two』から清水仁(B)、大間ジロー(Dr)、松尾一彦(G)が正式メンバーとなり、いわゆる”オフコースサウンド”が確立されたのです。このアルバムが発売されるや、すぐにアルバム・チャートの1位にランクされました。

 

 探し求めていたバンドサウンドのパワーを手にしたことで、このアルバム以降はオフコースの大きな武器である、小田・鈴木のボーカルとコーラスがさらに力強さと輝きを増しました。そしてついに、1979年の12月に発売したシングル「さよなら」が大ヒット。小田さんは売れる曲を作らなければ、自分たちはダメになるという危機感を感じながら、初めて売れるためにこの曲を作りました。

 『さよなら』に関しては、ヒットさせたいんじゃなく、ヒットさせようと本気で思ったね。僕たちは、長いことやってきて、いつまでも同じところにとどまっているだけの時間は残されていないって、思ったんだ。とにかく、次のステップに進もう。それには、絶対、大ヒットが必要だったんだ。はじめ、別れる歌はやめようと思ったんだ。それで、最初の詞はハッピーエンドだった。だけど、カラオケ録りが終わって、歌入れの時、サビの部分になると、心の中でどうしても『さよなら』が出てしまう。何度繰り返しても、そうだった。そこで、これは逆に『さよなら』を生かさなければと思って、詞を全面的に書き直したんです。  (小田さん談)

 デビューから約10年です。ここからオフコースの快進撃が始まります。1980年にはシングル「YES・NO」が大ヒット、11月にリリースしたアルバム『We are』がアルバムランキングで1位を獲得しました。1981年には初の日本武道館公演を成功させ、12月にはアルバム『over』をリリース。1982年、その『over』を引っ提げたツアーでは、応募総数が53万通にものぼった、日本武道館10 days(6月15日~30日)ライヴという前人未到の規模のライヴを行いました。

ever その頃の熱気が伝わってくるベスト盤が、12月16日に発売されました。そのオフコースのベストアルバム『OFF COURSE BEST “ever”』です。バンドのデビュー45周年を記念したこのベスト盤には、ファンから「一番好きな曲」や「一番心に残る曲」をそのエピソードとともに募り、上位18曲に選ばれた楽曲を収録しています。オフィシャルサイトには9月18日から11月15日の約2カ月間に1000通を越える投稿がありました。著名人のコメントなども掲載されています。⇒コチラです上位18曲は「言葉にできない」「さよなら」「I LOVE YOU」「Yes-No」など、一般的にも名の通った有名な楽曲が多数を占めていますが、3rdアルバム『ワインの匂い』の収録曲「雨の降る日に」のようにコアなファンからの強いリクエストで得票を伸DSC09581ばし、初めてベスト盤へ収録される楽曲なども選ばれました(この曲のイントロの強い雨音は懐かしいなあ…)。なお今作は、最新リマスターを施した高品質SHM-CD。オフコースの歴史を紐解く「オフコース・クロニクル」やレアなライブ写真、音楽評論家の小貫信昭(おぬきのぶあき)氏による書き下ろしのアーティスト解説4000字を掲載した全60ページのブックレットも同封されています。小田さんを最も良く理解している音楽評論家小貫さんの解説がひときわ光っていますね。年末は原稿書きの仕事に追われて缶詰めになっていますが、仕事部屋にこのアルバムをずっと流して当時を思い出しています。このアルバムを買ったら、写真のような特製クリアファイルがもらえました。お宝です。

<オフコース「OFF COURSE BEST “ever”」収録曲>

1. 水曜日の午後   2. でももう花はいらない   3. 眠れぬ夜   4. 雨の降る日に   5. 愛の唄   6. 秋の気配   7. 夏の終り   8. 愛を止めないで   9. 思いのままに   10. 生まれ来る子供たちのために   11. さよなら   12. Yes-No   13. 一億の夜を越えて   14. I LOVE YOU   15. 愛の中へ   16. 言葉にできない    17. YES-YES-YES  18. 君住む街へ

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中