あまおうのパンケーキ

 DSC03498「ホテルニューオータニのあまおうのパンケーキがとてつもなく美味しいよ」と教えてもらいました。いつもは博多へ出るときの八幡の定宿は「エクセル東急」なんですが(津和野高校勤務の3年間に37回も博多に通った八幡です)、今回はこのパンケーキを食べるために、「ホテルニューオータニ博多」に泊まりました。とんでもなく美味しいパンケーキだと紹介されたので、それは食べに行かねばならない(笑)と思い、急遽思い立って行ってきたんです。ホテルの1階のカフェ&レDSC03528ストラン「グリーンハウス」で提供されているパンケーキです。前回、由布院に行ったときには、絶品の「アップルパイ」を食べ損ねたので(⇒残念体験はコチラです)、今回は念のために前日に予約を入れておきました。1枚で2度おいしいスフレとキャラメルの特製パンケーキでした。

 DSC03518 イタリア産リコッタと米粉、アーモンドミルク、「玄米卵」を合わせ、スフレのようにふわふわに焼き上げたあと、鉄板で片面をオーガニック純糖でキャラメリゼして仕上げています。半面はカリッと、半面はしっとりとした新食感のパンケーキです。カリカリにしっとり、私はこんなパンケーキは食べたことがありません。付け合わせには豊潤な甘みが特徴の「博多あまおう®」を5粒配しています。これが何ともいえないコンビネーションでした。覆われたクリームの土台にはしっかりとした味に調えたオリジナルDSC03521生地“リンツァーシリアルトルテ”。その上に「葛ローストアーモンドミルク」をのせ、最後にそれらを香り高いアーモンドミルククリームで包みこみ、アーモンドミルクマカロンを載せます。両サイドにはアクセントとしてアーモンドミルクカスタードを添えています。香ばしいキャラメルの香りとしっとりとした生地のコンビネーションを楽しむことができます。パンケーキにつけるメープル・シロップは、運ばれた3種類の中から好きなものを選ぶことができます。これがまたいい味のメープル・シロップなんです。食べ終わった後で、係の人と味の話をしたんですが、やはり自信作のようで、試作のときから絶品との評判だったそうですよ。お値段は、コーヒーとセットで3350円(!)でした。十分元は取った気がします。

DSC03508 注釈を二つほど。パンケーキに使われている「玄米たまご」というのは、ニューオータニグループ(東京・大阪・幕張・博多のみ)で開発を依頼した特別な卵のことです。鶏に玄米を与えることで、より栄養価の高い卵が生まれます。一日に数百個しかできないその特別な卵は、パンケーキにより深い味わいを与えています。こだわりの「メープルシロップ」は、透明度が高く希少価値の高いカナダ産を使用したメープルシロップです。パンケーキの味を引き立たせてくれる「エキストラライト」をはじめ、程よい甘さの「ライト」と、濃厚な香りで濃厚な甘さの「ミディアム」の3種類が用意されています。お好みでたっぷりかけて楽しむことができます。 

 DSC03523 やはり、一流ホテルのカフェは雰囲気が違いますね。客層もやはり違うなと感じました。流れる時間を悠々と満喫している感じでした。クリスマスの飾りや調度品も上品さが漂っていましたよ。店内を巡る係りの人の所作も、雰囲気がありましたね。買い物などの地理面ではエクセル東急のほうが便利な気はするんDSC03509ですが(中州にも天神にも近い)、ホテル館内の雰囲気やお部屋の落ち着き度、朝食の充実度はニューオータニの方に軍配を上げなくてはいけません。これからはホテルを変えようかな、と思っています。❤❤❤

 

 

DSC03514

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中