(再)どうとんぼり神座

◎週末はグルメ情報です!!◎ 

 DSC03272この8月に、新大阪駅に新しくできた駅マルシェ「どうとんぼり神座」(かむくら)に勧められて行ったことを書きました。⇒コチラです  大阪のラーメンランキング1位にも輝いた新感覚ラーメン店です。その時は「おいしいラーメン」を食べたのですが、野菜がたっぷりで美味しかったのを覚えています。今回「神戸ルミナリエ」を見たついでに、大阪まで足を延ばして、再び訪問してきました。お昼時ともあって、大行列ができていました。前回DSC03274来たときは食券を券売機で買って注文したのですが、今回はレジで支払いを済ませてから注文という方式にあらたまっていました。このほうが混雑解消には効果的ですよね。お店の創業者がホテル出身のシェフだからでしょうか、調理スタッフの方はみなさん白いコック帽をかぶっておられますね。清潔感のある明るい店内は、とってもオシャレです。しばらく並んで、カウンター席に案内されました。超満員です。今回の目標は、店一番人気の「小チャーシュー煮卵ラーメン」です。前回来た時に、ギョーザ」があまりにも美味しかったので、忘れずにギョーザもお願いしました。

 しばらくすると、「小チャーシュー煮玉子ラーメン」が到着。白菜がたっぷりと入っているためか、ラーメンなのにヘルシーなビジュアルな外観です。透き通ったスープからはお出汁の上品な香りが。ちなみに、このスープの素は南京錠のかけられた場所で管理されているそうで、材料やレシピは代表取締役や幹部社員など一部の人にしか分からないのだとか。そんな秘伝のスープを頂いてみると、白菜の甘さが印象的なあっさりとした味。それでもしっかりと深い味わいがあって驚かされます。確かに今までにない新感覚のスープの味ですね。麺は黄色いストレートな中細の卵麺です。麺のツルツルとした感じがスープに絡んで美味しい!具の白菜はよく煮込まれていて、まるでお鍋を食べているような感じさえしてきます。チャーシューはすごく柔らかくて、口に入れるとホロホロとほどけてきました。煮卵はお箸で半分に切ると、とろっーとした黄身が流れ落ちてきます。あっさりとした味付けはスープの邪魔になりません。店員の方が「よろしかったらニラを使ってみてください」と案内されたので、まずはそのままで味わってから、テーブルに置いてあったニラを入れてみます。こうやって自分好みの味を見つけるのも悪くありません。

DSC03277DSC03282DSC03280

神座 ホテルシェフ出身のご主人が、4坪9席の小さな店舗を道頓堀で始めるにあたり、まず考えたのは「どこにも真似の出来ない味を作ろう」でした。ラーメンはおろか、他のどんな料理にも似ていない未体験の味。しかも食べれば食べるほどクセになる味。記憶や味覚の中になかった味。でも食べてみてると、これがどういうわけかめちゃめちゃうまい。そしてまた食べたくなる。3回食べたらもうやめられない。クセになる。これが神座の「おいしいラーメン」なのです。今や大阪を代表するラーメン店となっています。満員なのも納得です。❤❤❤

DSC03284

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中