大曽根語録

 ソニー(もともとは東京通信工業、1955年のトランジスタの輸出を機に「sonic=音」「sonny=小さい坊や」を組み合わせた造語)が元気がありません。ウォークマン、トリニトロンプレイステーションなど夢のある製品を次から次へと届けてくれたのはもうずいぶん前になってしまいましたね。成功に酔いしれて、新たな技術への目配りや執念を欠いたために、創業当初の技術屋の「志」が薄れてしまったのが原因かな、と勝手に思っています。ソニーは「失敗の積み重ね」で、数々の「世界初」を成し遂げた会社です。誰もやったことのないことに挑戦すれば失敗はつきものです。たとえば、テープレコーダーの開発では、テープ部分に磁気成分を塗るテストでは、1万種類以上の方法が試されたと言います。高いハードルを何としてでも超えて夢を実現したいという技術者の執念が感じられます。このような志の高い失敗は、一生の財産になるわけです。これを経験として共有して急成長した会社がソニーだったわけです。誰もやっていないことをやる」、それが創業者盛田昭夫・井深 大さんの信条でした。あくまでもパイオニアの道にこだわったのです。

大曽根語録 そのソニー社内で、密かに受け継がれる「逆接のビジネス金言集があるよ、と教えてもらって取り寄せて読みました。「ウォークマン」を開発したソニー伝説のアイデアマン大曽根幸三元副社長の実体験から生まれた、ヒット作を生み出す秘訣、リーダーの心構えをまとめたものです。元日本経済新聞社論説委員の石田修大『急ぎの仕事は忙しいヤツに頼め ソニー副社長・大曽根幸三の成功金言53』(角川SSC新書)がその本です。面白い。実に面白い!一見すると厳しそうに見えるものや皮肉の利いたものもありますが、大曽根さんには「腹を据えて自分が責任を取る」という前向きの覚悟が感じられます。思わずニヤリとさせられるものもたくさんありました。

◎「新しいアイデアは上司に内緒で作れ」

◎「失敗は闇から闇へ葬れ」

◎「市場は調査するものではなく創造するもの」

◎「プロは乾いたタオルからでも水を絞る」

◎「急ぎの仕事は忙しいヤツに頼め」

◎上司がファジーだと部下はビジーになる

◎何でも半分にできると信じろ

  著者の石田さんは、「大曽根さんはソニーで、下積みから経営まで経験。その実体験から生まれた言葉は、一見、厳しいものや皮肉が利いたものもあるが、根底に積極的な明るさがある。昨今の管理職、経営者は失敗を恐れて、なかなかメッセージを発しないが、『大曽根語録』には『腹を据えて自分が責任を取る』という覚悟がある」と述べています。井深大はソニーの行くべき方向を示し、大曽根幸三は現場でその方法を示した」と言われます。ものづくりが難しい局面にさしかかっている現代だからこそ、大曽根さんの言葉を反芻してみるべきではないでしょうか。リーダーとしての知恵と勇気を与えてくれる金言集でした。 

 この大曽根さんは、ソニー」に中途採用で入った人です。独創的な仕事を思う存分やらせてくれると聞いて、応募したそうです。当時のソニーには、中途採用の技術者が多かったのです。技術者には、十を百にするタイプと、ゼロから一を生めるタイプの2種類があります。後者は100人中1人でもいたらの希少人材ですが、当時のソニーにはごろごろいたそうです。国産初のビデオテープレコーダーを開発した木原信敏さん、プレイステーションを作った久夛良木健さん、デジタル高画質技術の近藤哲二郎さんなどはこういうタイプでした。ただ一を生む技術者というのは、世にいう奇人・変人が多いんです。主流の意見に「私はそう思わない」と主張する人の意見を傾聴していた上司が多かった。賛成の声はちっとも聞かない。確かに賛成意見をいくら聞いても自分と同じわけだから、聞くまでもないでしょう。言うほうも意見を全部聞いてもらえれば、その後に決まった方向へガーッと突き進めますね。そういう奇人・変人が多かったソニーも、有名企業になるにしたがって、一流有名大学を好成績で出た人ばかり採るようになってから、おかしくなり始めたようです。日本的な会社経営では、社員全員が一丸となって一つの方向へムカデ競争のように走ります。創業期のソニーは社員全員が足を結ばないで、みんながバラバラに全力疾走していた燃える集団であったように思います。だから勢いがあった。今は…?

ソニー ソニーの凋落は私利私欲」「無能無策」が原因、と喝破しておられる原田節雄『ソニー破壊者の系譜』(さくら舎、2015年12月)を、今読み終えたところです。これは、40年勤め上げた幹部社員による内部告発の書です。これではソニーはよくなるわけがないと感じました。大賀典雄氏、出井伸之氏、ハワード・ストリンガー氏、平井一夫氏ら“ソニーのDNA(自由闊達にして愉快なる理想工場)の破壊者”ともいうべき、歴代社長4人が犯した4つの過ちを糾弾、人材育成、技術活用、組織活用、企業経営の原理原則を基に、会社組織のあるべき姿を提示しています。ドロドロとした権力闘争の内情が、少し見えてきた本でした。   

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中