ブロック大学入試分析

 毎年ラーンズが、ホームページで国公立大学個別学力試験の「問題傾向分析と対策」を公表しておられます。初めてこの企画が公表になった数年前、当時担当の編集者・中原さんに激賞したことがあります。私はこういうサービスを充実させることが、先生方に大きな援助となり喜んでもらえることを、初年度からお話してきました。たらいの法則」で水を向こう側に送ってやると、必ずこちらに戻ってきます。これと同じで、自分だけ儲けよう儲けようとするのではなく、先生方に喜んでもらえるサービスをすることで、結果的に恩恵を受けるというものです。今年はブロック大学+、広島大学、岡山大学、熊本大学、千葉大学、鹿児島大学、愛媛大学、金沢大学、新潟大学、静岡大学、岩手大学の10大学に広げて分析を発表しておられます。全ての入試科目にわたって、攻略の決め手となるポイントを明示していて参考になります。これらの大学の過去問で、ラーンズ編集部が選んだ「良問のリスト」も公表されています。「ブロック大+(プラス)の問題傾向分析」コチラで見ることができます。

 ぜひ先生方はのぞいてみていただいて、該当の大学を志望される生徒さんたちに薦めてあげてください。これはかなりの力になりますよ。おススメしておきます。

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中